logo

Amazon Web Services (TM) とデータ連携を行う「DataSpider for Cloud Amazon Web Servicesアダプタ(フェーズ1)」 を発表

Amazon S3, Amazon RDSとオンプレミスとのデータ連携をノンプログラミングで容易に実現するDataSpiderクラウド連携の新機能

株式会社アプレッソ(本社:東京都文京区、代表取締役社長 長谷川 礼司、以下 アプレッソ)は、Amazon社のパブリッククラウドサービスであるAmazon Web Services(以下AWS)のAmazon S3, Amazon RDSとオンプレミス上に配置されたデータ連携ソフト(EAI)製品のDataSpider Servista(データスパイダー、以下DataSpider)とのクラウド-オンプレミス連携をノンプログラミングで可能にする「DataSpider for Cloud Amazon Web Servicesアダプタ (フェーズ1)」 (以下AWSアダプタ)を発表いたします。

【Amazon Web Servicesアダプタ ( フェーズ1) の概要】
AWSアダプタは、Amazon Web ServicesをDataSpiderからアクセスするクラウド連携用アダプタのセットです。

今回のフェーズ1では、Amazon Simple Storage Service アダプタ (略称:Amazon S3アダプタ)とAmazon Relational Database Service アダプタ(略称:Amazon RDSアダプタ)の2つのアダプタが提供されます。


AWSアダプタは、アプレッソがこれまで培ってきたDataSpiderの豊富なデータ連携と製品技術をクラウド連携と併せて利用可能にするエンタープライズ・クラウド連携コンセプトの「DataSpiderクラウドビジョン」製品のひとつに位置づけられます。今回のAWSアダプタにより、オンプレミスに配置されたDataSpiderから AWS上のAmazon S3およびAmazon RDSのデータをオンプレミスと同様のオペレーションで相互連携することが可能になります。 この連携によってDataSpiderで現在提供中の40種以上のアダプタとAWSアダプタを組み合わせて利用できますので、オンプレミスのフレキシブルなデータ連携と、クラウド導入のメリットであるコスト削減、サービスの早期実現化を活かしたシステムの構築が可能になります。


【Amazon Web Services アダプタ (フェーズ1) の機能】
2010年7月に提供開始するAmazon Web Services アダプタ(フェーズ1)のパッケージには、「Amazon Simple Storage Service アダプタ」と「Amazon Relational Database Service アダプタ」の2つのアダプタが含まれます。


◆Amazon Simple Storage Service アダプタ (略称:Amazon S3アダプタ)
Amazon Simple Storage Serviceにアクセスし、フォルダ・ファイル一覧取得、ファイル取得、ファイル書き込み、フォルダ・ファイル削除を行うことができます。


◆Amazon Relational Database Service アダプタ(略称:Amazon RDSアダプタ) 
Amazon Relational Database Serviceにアクセスし、テーブル読み取り、検索系SQL実行、テーブル書込み、更新系SQL実行を行うことができます。


【Amazon Web Services アダプタの今後の開発意向※】
アプレッソでは、今後、さらに広範囲のAmazon Web Servicesのサービスに対応するために、以下の
アダプタの追加を2010年下半期に予定しています。


◇Amazon SimpleDB アダプタ 
Amazon SimpleDB にアクセスし、読み取り、書き込みを行うことができます。


◇Amazon Simple Queue Service アダプタ(略称:Amazon SQSアダプタ)
Amazon Simple Queue Service にアクセスし、メッセージの受信、送信を行うことができます


◇Amazon Simple Notification Service アダプタ(略称:Amazon SNSアダプタ)
Amazon Simple Notification Service にアクセスし、メッセージの配信、購読を行うことができます。


※これらの製品、機能は発表日時点の計画であり、今後の技術動向、開発計画によって事前の予告なく変更されることがあります。



【製品情報】
製品名:DataSpider for Cloud Amazon Web Servicesアダプタ
稼働要件:DataSpider Servista 2.4.4以上
※ Amazon Web Servicesとの接続環境が必要です。
価格:50万円(一括払ライセンス/税別) ※年間サポート料金は、ライセンス定価の20%
出荷開始予定日:2010年 7月30日


【DataSpiderクラウドビジョンについて】
2010年2月発表のDataSpiderクラウドビジョンは、データ連携ソフトDataSpiderにエンタープライズ・クラウド連携のための新機能を追加し、企業システム(オンプレミス)とクラウド上のデータ資源との連携を容易に実現するためのエンタープライズ・クラウド・コンピューティングのための新コンセプトです。
2月9日付 プレスリリース:   リンク


【DataSpider Servistaについて】
DataSpider Servistaは、システムの接続方法やフォーマットの違いを意識することなく、素早く簡単に「つなぐ」ことができるデータ連携ソフトウェアです。プログラミングの高い知識を必要としないGUI開発環境を提供し、SAPやLotus Notes、データベースといった様々なデータソースを手軽に接続出来るアダプタ機能を介してデータ連携の自動化と業務の効率化を支援します。
DataSpider Servista 製品Web:   リンク


【株式会社アプレッソについて】
株式会社アプレッソ  〒112-0014 東京都文京区関口1-20-10 住友不動産江戸川橋駅前ビル2F
代表取締役社長  長谷川 礼司    設立: 2003年12月   資本金: 2億6700万円

「つくる」から「つなぐ」をコンセプトに、データ連携ソフトウェア「DataSpider」、ビジネスプロセス連携製品「DataSpider BPM」、スケジュール連携「PIMSYNC」製品の開発・販売・サポートを行っています。
主力製品のデータ連携ソリューション 「DataSpider」は発売以来、国内1100社以上のお客様にご導入いただいております(2010年6月現在)。 アプレッソは、多くの販売パートナーとのサポートやコンサルティング・サービスでの協業により、広範な企業ユーザーの開発効率、生産性、コスト削減に貢献するソリューションを提供しています。


【ニュースリリースに関するお問い合わせ】
株式会社アプレッソ 企画部 担当:伊藤、桑田
TEL: 03-4321-1111   FAX: 03-4321-1111  E-Mail:info@appresso.com
アプレッソWeb: リンク


【商標関連】
・APPRESSO、DataSpider、アプレッソ、データスパイダーは株式会社アプレッソの商標です。
・その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースの付帯情報

図: DataSpiderクラウドビジョンと Amazon Web Servicesとの連携

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事