logo

BTOパソコンのSYCOM、豊富な実績と確かな技術力が認められ「マイクロソフト認定ゴールドパートナー」として認可を受ける

BTOパソコンメーカーの株式会社サイコム(本社:埼玉県八潮市/代表取締役社長:河野 孝史)は、このたび、マイクロソフト株式会社から「マイクロソフト認定ゴールドパートナー」としての認定を受けました。

この認定パートナーシップは、マイクロソフト株式会社が、最高レベルの認定条件をクリアし、豊富な実績と確かな技術力によるソリューションやサービスを提供することができる企業と結ぶもので、マイクロソフトパートナーシップの中でも、お客様から最も高い支持を得ています。

今回、当社はコンピテンシーとして、以下の2つの分野についての認定取得をしています。
(1) OEM Hardware(OEM/ハードウェア)
(2) Midmarket Solution Provider(中堅企業向けソリューションプロバイダ)

マイクロソフト株式会社は、マイクロソフト認定ゴールドパートナー企業を様々な面からサポートし、パートナー企業の持つ得意分野での豊かな実績と確かな技術力で、ユーザーのニーズに最適なソリューションを提供します。当社はこの強力なサポートを受けながら、顧客満足のいっそうの向上を目指し、より良い製品提供を行っていきます。

SYCOM リンク

以 上

用語解説

“BTO”は“Build To Order”(受注生産)の略で、顧客から注文を受けてから製品を生産する販売方式です。国内では、デルコンピュータ社などがその代表的なメーカーになります。用意されたメモリやドライブなどのパーツからユーザーが必要な仕様を選び、メーカーが完成品としてセットアップして納品するパソコンがBTOパソコンです。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。