logo

アクテル、標準ソフトウェア・パッケージに無償のIPコア・バンドルおよびRTLパッケージ・オプションを提供

アクテル(米国カリフォルニア州マウンテンビュー、日本法人:アクテルジャパン株式会社、東京都渋谷区)は本日、アクテル製品ポートフォリオの実績のあるIPブロックを使用して、強力な設計を容易に構築できるように、Libero<R> GoldエディションでのIPライブラリへの無償アクセス、およびLibero PlatinumエディションでのRTLソースのIPライブラリへの無償アクセスを提供することを発表しました。包括的なソフトウェア・ツールセットでは、現在、50以上のIPコアにアクセスできます。


Libero Goldエディションは、最大150万のシステム・ゲート数を持つアクテルFPGAをサポートし、アクテルIPコアの難読化バージョンが含まれています。このIPコアはデザインで容易に使用できますが、
変更することはできません。Libero Platinumエディションは、システム・ゲート数が150万を超えるアクテルFPGAデバイス(AGLE3000、M1AGLE3000、A3PE3000、M1A3PE3000、A3PE3000L、RT3PE3000L、RTAX2000S、RTAX4000S、RTAX2000D、RTAX4000D、およびAX2000など)
をサポートします。また、アクテルのSmartDesignツールを使用して、以下に示す幅広いアクテルIPコアのRTLソース・コードにアクセスできます。


CoreAHB/CoreAHB2APB/CoreAHBLITE/CoreAHBNVM/CoreAHBSRAM/CoreAI/CoreAPB/CoreFROM/CoreGPIO/CoreINTERRUPT/CoreMEMCTRL/CoreMBX/CoreMP7BRIDGE/CoreREMAP/CoreAHB/CoreAHB2APB/CoreAHBLITE/CoreQEI

CoreAHBNVM/CoreAHBSRAM/CoreAI/CoreAPB/CoreFROM/CoreGPIO/CoreINTERRUPT/CoreMEMCTRL/CoreMBX/CoreMP7BRIDGE/CoreREMAP/CoreTIMER/CoreUARTAPB/CoreWATCHDOG/Core16550/Core3DES/Core8051s

CoreAES128/CoreDES/Core3DES/CoreAI/CoreAPB/CoreCFI/CoreDDR/CoreFMEE/CoreI2C/CorePWM/CoreRSENC/CoreSDR/CoreSPI/CoreUART/CoreUART_APB/CoreABC/CoreLPC



価格と出荷時期
Libero Integrated Design Environment(IDE)はアクテルのウェブサイトから直接ダウンロードしてインストールできます。アクテルLibero Goldエディションは、Windows XPまたはVistaでは無料で使用できます。IPコア・バンドルおよびRTLパッケージ・オプションの詳しい情報は、アクテルの正規代理店にお問い合わせ下さい。


Libero IDEの詳しい情報は、次のウェブサイトをご覧ください。
www.actel.com/products/software/libero

アクテルIPコアの詳しい情報は、次のウェブサイトをご覧ください。
www.actel.com/products/ip/DirectCores.aspx


アクテルについて
アクテルは低消費電力FPGAとミックスド・シグナルFPGAのリーダーで、システムならびに電力管理の包括的な製品群を提供しています。アクテルは、電力が課題(=Power Matters)だと考えています。
詳しい情報は、ウェブサイトリンクを参照してください。

Actel、Actel Fusion、IGLOO、Libero、Pigeon Point、ProASIC、SmartFusion、および関連するロゴはActel Corporationの商標または登録商標です。その他の全ての商標とサービスマークは、
それぞれの企業・団体に所有権が帰属します。


<お客様問い合わせ先>
アクテル ジャパン株式会社
TEL:03-3445-7671
E-mail:japan@actel.com
URL:リンク

関連情報
http://jp.actel.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。