logo

3D〈ブラビア〉でFIFA ワールドカップ3D映像*を体験 〈ブラビア〉LX900シリーズ 6月10日発売開始

6月10日(木)、ソニーは3D〈ブラビア〉LX900シリーズを発売いたします。
そして、翌6月11日(金)から、2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会が開幕。
この全世界が熱狂するサッカー最大のイベントを、ソニーはFIFAと共同で3D撮影。3Dならではの臨場感ある試合映像を、新発売の3D〈ブラビア〉で体感いただく試みをスタートいたします。
FIFAオフォシャルパートナーであるソニーが、3Dでワールドカップをさらに盛り上げます。



1.家電量販店が、熱狂のピッチになる!
6月11日(金)の試合から、3Dでの収録をスタートします。その映像*を、銀座ソニービルやソニーのショールーム、銀座をはじめ名古屋、大阪のソニーストアおよび主要家電量販店の3D〈ブラビア〉にて、試合終了12時間後以降に上映いたします。家電量販店が熱狂のピッチと化すこの機会に、「まるでワールドカップのピッチ上にいるかのような興奮」を、店頭の3D〈ブラビア〉でお楽しみください。

2.さらに、話題の「nakata.net cafe」でも !
6月11日(金)より、nakata.net cafeに、FIFAオフィシャルテレビ ソニー〈ブラビア〉体験エリアを設置いたします。3D〈ブラビア〉では3D収録された25試合のFIFAワールドカップ3D映像* を配信。ソニーのショールームおよび家電量販店など販売店、nakata.net cafeでもご覧いただけます。


○nakata.net cafe  
リンク

『nakata.net cafe』は、2002年の日韓大会にて、日本に訪れる海外からのサポーター達をおもてなししたいという想いから「ホスピタリティセンター」として期間限定オープンしたことに始まり、2006年ドイツ大会では、みんなが一体となってサッカーを楽しめる「フットボールラウンジ」として期間限定オープン。過去2回合わせて、述べ30万人以上のお客様にお越し頂きました。
そして2010年は、日本独自のスタイルでサッカーを楽しみ、日本を応援する“ ジャパニッシュスペース” として期間限定オープン。現在日本の魅力に触れる旅をしている中田英寿が、国内外を通じて感じた「日本の素晴らしさ」を取り入れ、旅で出会った特産品や、国産の食材を使用したメニューなど、年齢・性別・国境を越えたすべての人々に日本のスタイルを提案できるカフェとなりました。

OPEN 2010/04/27-2010/07/12
TIME 11:00~23:00 / 期間中無休 渋谷区神宮前1-22-6/03-5413-3955
※ワールドカップ試合放映日は11:00~試合終了時 翌朝まで
※ワールドカップ全64試合のパブリックビューイングを実施。



■6月10日(木)発売 3D〈ブラビア〉
3D〈ブラビア〉 LX900シリーズ ※3Dメガネ2個同梱
3D シンクロトランスミッター内蔵 
40V型、46V型(52V型、60V型は7月16日発売予定です。)
価格:オープン価格


ソニーの志は、『3D is YOURS ~ソニーは3Dをすべての人へ~』
より多くの方にご自宅で3D映像をお楽しみいただけるよう、3D〈ブラビア〉は明るいリビングで見やすい3D画質を目指しま した。4倍速技術でくっきり3D、LEDバックライトで明るい3Dです。
3Dコンテンツ制作に関しても、FIFA ワールドカップをはじめとし、映画、ゲーム、音楽ライブなどさまざまな3Dコンテンツを 制作していきます。今後もソニーの3Dにご期待ください。

*ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが2010年内に発売予定の、3D撮影された25試合のダイジェスト映像を収めたブルーレイディスクの映像予告編。


【ソニーの3D〈ブラビア〉は明るいリビングルームでも見やすい3D高画質です。】

■3D映像をフルハイビジョンの高画質で堪能できる!
「フレームシーケンシャル表示方式」を採用。臨場感あふれるフルハイビジョン3D 映像を堪能できます。


■4倍速技術とLEDバックライトにより、くっきり明るい3D映像を実現!
通常3D映像を表示するときは、左右の映像を1秒間に60コマずつ、合計120コマで表示します。この際、左右の映像を交互に表示するので、3D特有の左右それぞれに前の映像が重なってしまう「クロストーク現象」が発生しやすくなります。
3D〈ブラビア〉では、独自の4倍速技術を応用し、左右の映像を通常の倍の120コマ(合計240コマ)に増やすことにより、クロストーク現象を極限まで低減しました。さらに、3D映像を表示する際は、LEDバックライトの輝度を細かく制御することで、家庭のリビング環境でも明るい3D映像を再現します。
※「クロストーク」とは:映像が二重に見える現象


■将来を見据えた“3D ready”モデル!
「今はまだ必要ないけど、将来的に3Dが見たくなるかも」と迷っている方に、3D readyモデルをご用意。別売の3D対応アクセサリーを購入すればすぐ3Dを楽しめます( HX900・800シリーズ)。
別売の3D対応アクセサリー:「3Dシンクロトランスミッター TMR-BR100」「3Dメガネ TDG-BR100/TDG-BR50」


■ちらつき現象(フリッカー)を低減した快適な3Dメガネ!
従来の3D 映像は、専用メガネを掛けると映像が暗くなったり、照明によるフリッカー*が起きたりするなど、明るい部屋での鑑賞には向いていませんでした。ソニーの3D〈ブラビア〉は、フリッカーの少ない新開発の3Dメガネを採用。ソニー独自の4倍速技術を応用した高画質なハイビジョン3D 映像を、明るいリビングで堪能できます。
*「フリッカー」とは:メガネをかけて蛍光灯などを見ると、チカチカとする現象


■パーソナルコンテンツの映像などを3D映像に変換する「3Dボタン」搭載!
3Dで撮影されていない映像もボタンひとつで3D映像に変換できる「3D ボタン」を搭載。デジタルビデオカメラ“ ハンディカム”やデジタルスチルカメラ“サイバーショット”などで撮影したプライベートコンテンツをはじめ、さまざまな映像を手軽に3Dでお楽しみいただけます。 
※3D 専用に撮影された映像ほどの効果はありません。映像によって3D の効果には差があり、感じ方にも個人差があります。


■小型サイズの3Dメガネもご用意!
通常サイズのメガネは2段階に付け心地を調整でき、メガネをかけている方にも快適です。
さらに、小さいサイズのTDG-BR50もご用意(7月発売予定)。
ご家族での3D映像に最適です。


【「3D〈ブラビア〉体験イベント」で3D〈ブラビア〉を体験した方、6万7千人超!】
3D〈ブラビア〉のフルハイビジョン3D映像の美しさ・迫力を多くのみなさまに体験していただくために、北海道から九州まで全国11会場(予定)で「3D〈ブラビア〉体験イベント」を3月から開催中。こういったイベントを通じて3D〈ブラビア〉を体験いただいた方は6万7千人を超えました。また、体験イベント以外に、銀座・大阪・名古屋のソニーストア/ショールームでも非常に多くの方に3D〈ブラビア〉を体験いただいています。

“奥行きがあり、細かなところまでリアルだった”
“長時間見ていても疲れなかった”
“映画館で見るより良かったです。鮮明!”

など、体験者からは驚きや感動のコメントを多数いただいています。

※3D〈ブラビア〉体験イベントについて詳しくは、 リンク


■参考資料:3D映像化する2010 FIFA ワールドカップの25試合(*日時は南アフリカ現地時間)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事