logo

プリペイドモバイルブロードバンドの価格にみられる2つの原則

米国の市場調査会社ピラミッドリサーチ社が、プリペイドモバイルサービス市場を調査・分析した「プリペイドモバイルサービス市場調査:収益につながる新しいビジネスモデル」を出版

当初は低所得層の顧客向けのソリューションとされていたプリペイドであるが、先進国と途上国の両市場で成功している。プリペイド携帯電話会社のターゲットがインターネットサービスであるのはもちろんであるが、プリペイド携帯電話会社の価格設定は限定的で一様であると、米国調査会社ピラミッドリサーチ社の調査レポート「プリペイドモバイルサービス市場調査:収益につながる新しいビジネスモデル ー Prepaid Mobile Services: Using New Business Models to Boost Profits」は報告している。


「携帯電話会社は、プリペイドバンドルから深夜の閲覧パッケージまで、よりどりみどりのサービス提供を行っている。しかし、利用量に応ずる様々なパッケージという柔軟性と、価格競争力という2つの基本的な原則がある」とアナリストは語る。


この調査レポートは、発展途上国市場のプリペイド携帯電話会社の成功を分析している。成功しているプリペイド携帯電話会社と、成功の主要な要因を査定し、競争的なプリペイド市場で収益性のあるARPSの影響に注目し、プリペイド携帯電話会社が収益を増加させることに成功した主要な戦略と価格の動向、ネットワーク管理のOPEX、モバイルブロードバンドの販売などを記載している。MTS Russia、Safaricom Kenya、Turkcell Turkey、Grameenphone Bangladeshの4社のプリペイド携帯電話会社のビジネスモデルを分析している。


【調査レポート】
プリペイドモバイルサービス市場調査:収益につながる新しいビジネスモデル
Prepaid Mobile Services
Using New Business Models to Boost Profits
リンク

◆米国市場調査会社 ピラミッドリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事