logo

FIFAワールドカップを悪用するサイバー犯罪にレッドカード

サッカーファンに注意喚起!ワールドカップに便乗したマルウェア攻撃にご注意

(2010年6月8日ヘルシンキ発 - フィンランド本社発表資料抄訳)

サッカーファンに警告!サッカーのFIFAワールドカップに便乗したマルウェア攻撃から身を守るには最新のセキュリティパッチをあてること。

フィンランド、ヘルシンキ発 ―2010年6月8日:
2010年6月11日金曜日に南アフリカで開始される、FIFAワールドカップに関心があるのは、世界中のサッカーファンだけではありません。サイバー犯罪者は、この世界的が注目するイベントに便乗し、ここぞとばかりに偽チケットをネットで販売したり、ドライブバイダウンロード攻撃 (サイトを閲覧した際にユーザの許可なしに有害なプログラムをダウンロードさせる攻撃) や、フィッシング詐欺などでお金を稼ごうとします。

エフセキュアのセキュリティ研究所で主席研究員を務めるミッコ・ヒッポネンは、次のように述べています。「世界中のサッカーファンが、サイバー犯罪者たちの卑劣な悪行に騙されないためにも、警戒するべきです。ドライブバイダウンロード攻撃だけでなく、ワールドカップスパム、フィッシング詐欺などのサイバー犯罪に巻き込まれない為に、コンピュータに最新のパッチをあてておくことが大切です。」

ワールドカップの観戦チケットは、ファンにとってはとても魅力的で、現在最も人気のある商材だと言えます。彼らは、開幕寸前までの掘り出し物を探しており、サイバー犯罪者にとっては格好のターゲットとなり得ます。残念ながら、ワールドカップのオフィシャルサイト (リンク) 外で取引されている魅力的なチケットの多くが偽物で、ファンの多くは騙され、損をしてしまうケースもあります。

エフセキュアがドイツ、スウェーデン、イギリスの3カ国で行った市場調査によれば、ワールドカップの格安チケットに関するリンクをクリックしてしまう人は、回答者の28%に上り、その内8%が「絶対クリックしてしまう」と回答しました。

ワールドカップ熱が世界中で高まる中、何億人もの人々が、試合の最新結果や最新ニュースを求め、様々なウェブサイトを閲覧することが予測されます。サイバー犯罪者たちは、既にこのような事態を想定し、訪問者をマルウェアに感染させる為の偽サイトの準備をしています。そして”ワールドカップ (World Cup)”という、キーワードの検索結果の上位にその偽サイトが現れるよう、SEO対策も講じています。試合が始まれば、注目選手のスキャンダルに関するスパムメール、センセーショナルな南アフリカのニュース、そしてワールドカップのチケットに関する情報が一層交錯するのは確実です。

サッカーファンは、クレジットカード、オンラインバンキングに関する情報や、パスワードなどの個人情報を盗もうとするフィッシング詐欺や偽の当選告知メールなどには特に注意するべきです。

ミッコ・ヒッポネンは、ワールカップ開催期間中にインターネットを安全に利用する為に、下記のことに気をつけるよう呼び掛けています。

- スパムメールの甘い言葉に騙されない。つまり、”ワールドカップの決勝戦の無料チケットが当選しました”などという甘い言葉に惑わされないことです。

- 観戦チケットは、必ずワールドカップのオフィシャルサイト (リンク)で購入するか、
公認代理店で購入してください。

- ワールドカップの最新情報は、信頼できるサイトから入手してください。

- エフセキュアが無料で提供している「エフセキュア ヘルスチェック」や「エフセキュア オンライン スキャナ」でコンピュータの安全性を確認するのをお勧めします。或いは、エフセキュアの統合型セキュリティソフト 「エフセキュア インターネット セキュリティ 2010」の無料評価版 (30日間) もお試しください。

エフセキュアが無料で提供している「エフセキュア ヘルスチェック」と「エフセキュア オンライン スキャナ」は、コンピュータが抱えるセキュリティ環境をピンポイントでチェックできる為、ワールドカップを安心して楽しむ為に最適です。「エフセキュア ヘルスチェック」は、個々のPCにインストールされているソフトやアプリケーションに最新のパッチがあたっているか否かを確認するツールです。サイバー犯罪者が脆弱性を狙った攻撃を仕掛けるのを未然に防ぐことができます。「エフセキュア オンラインスキャナ」は、ワンストップでウイルスやスパイウェアなどのマルウェアを検出・駆除するオンライン アンチウイルス対策ツールです。

「エフセキュア ヘルスチェック」について:
リンク

「エフセキュア オンライン スキャナ」について:
リンク

「エフセキュア インターネット セキュリティ 2010」無料体験版について:
リンク


---------------------------------------------------------------
*本文中に記載された会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
*エフセキュアの社名、ロゴ、製品名はF-Secure Corporationの登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。