logo

Enpirion社、DDR2/DDR3メモリ端末電源(VTT)機器向けの新型DC-DCコンバータファミリ、PowerSoCを発表

Hampton, NJ, June 8, 2010 - (JCN Newswire) - Enpirion社は、DDR2/DDR3 VTT機器向けのPowerSoC DC-DCコンバータファミリの最初の2製品、Amp EV1380および4 Amp EV1340の発売を、本日発表しました。

Hampton, NJ, June 8, 2010 - (JCN Newswire) - Enpirion社は、DDR2/DDR3 VTT機器向けのPowerSoC DC-DCコンバータファミリの最初の2製品、Amp EV1380および4 Amp EV1340の発売を、本日発表しました。これらの低電力スイッチモードコンバータは、完全型PowerSoC(power systems on a chip)で、最大94%の効率を達成し、インダクタ、電源スイッチ、ゲート駆動、コントローラ、ループ補正を、(8A) 8 mm x 11 mm x 3mmおよび(4A) 10 mm x 5.5 mm x 3 mmの小型QFNパッケージに集積しています。


Enpirion社のPowerSoC製品ファミリは、特にVTT機器のために設計されており、クラス最高のソリューションサイズと効率を兼ね備えています。サーバなどのエンタプライズ製品でメモリモジュールの個数と容量が増える傾向にあることから、電力損失最小化のための高効率VTTソリューションへのニーズが生まれています。これは、トラッキング精度とAC + DCレギュレータに関するDDR2/DDR3要件を満たしつつ、PCBフットプリント小型化によって対応する必要があります。


「PwSoC製品は、ソリューションサイズと効率のバランスに優れていますので、特にDDR端末のような機器に適しています。」と、Darnell Group (電源エレクトロニクス機器分析会社)社長のJeff Shepardは述べました。「Enpirion社の新型VTTファミリ、PowerSoCは、お客様が貴重なPCBスペースを犠牲にせずに、電力損失の少ない設計を行うのに役立つソリューションの例です。」


今日のVTT機器の大部分は、効率の低い低ドロップアウト(LDO)ソリューションを利用しています。典型的なハイエンドサーバ機器の場合、Enpirion EV1380は、PCBスペースを犠牲にせずにLDOで13W以上の電力損失を削減できます。業界筋によれば、サーバ設計で1ワット節約するごとに、エンドカスタマーは、サーバ寿命全体で電気代と冷却費用を最大$8.00節約できます。Enpirion社のEV1380を使用すると、エンドカスタマーは、サーバ寿命全体で電気代と冷却費用を$100以上節約できます。つまり、エネルギー効率向上の方法を探している製品、特にEnergyStarなどの業界規格準拠を目指している製品向けに、大幅な節電を提供できます。


エンタプライズ分野の大手OEMは、すでにEnpirion社のVTT機器向け新型PowerSoC製品を使って設計を行っています。EV13xx PowerSoC製品で必要とされる外部コンポーネント数は非常に少ないので、製造可能性と信頼性を向上しつつ、基盤設計とレイアウトを簡素化できます。


EV13xx PowerSoC製品の主な機能は次のとおりです。
- 卓越した出力密度
- 集積インダクタ技術
- ピーク効率94%
- VTT要件を超える優れたノイズおよびリップル性能
- DDR2/DDR3トラッキング要件対応
- 最大16AのVTT機器をサポートするため、2つのEV1380 (8A)パーツを並列で利用可能


「Enpirion社のVTT機器向けPowerSoC製品ファミリは、世界クラスの効率およびソリューションサイズの組み合わせを提供する機器向けに、特に設計されています。」と、Enpirion設立者でCTOのAshraf Lotfiは述べました。「メモリ容量を増大したことにより、VTTレール上あたりの電力量の課題が大きくなり、お客様は超小型の高効率ソリューションを必要にするようになりました。」


他のすべてのEnpirion社製品と同様に、EV13xx PowerSoC製品ファミリは、先進的な回路技術、超高スイッチング周波、非常に先進的で高密度の集積回路、および弊社独自のインダクタ技術を使って開発されました。その結果、業界でもよく知られているEnpirion社の高品質で超小型の非絶縁コンバータが生まれました。


入手方法


Enpirion社8A EV1380 PowerSoCのサンプルは、現在入手可能で、製品リリースは8月の予定です。EV1340のサンプルは8月に入手可能になる予定で、製品リリースは10月の予定です。EV1380とEV1340は、対象の市場でも競争力の高い価格となっています。データシートや画像など、製品についての詳しい情報は、下記をご覧ください。
リンク


Enpirion社について
Enpirion社は、画期的な出力密度で、低ノイズかつ高性能の、使いやすいPowerSoCの大手プロバイダです。Enpirion社は、高度な品質と信頼性を提供するファブレス製造モデルを活用し、業界大手の組み立ておよびテスト会社とパートナーを組んでいます。Enpirion社の製品は、サーバープラットフォーム、エンタプライズストレージ、無線ブロードバンド、家電、スマートフォン、電気通信設備など、要件の厳しいさまざまな機器の設計に取り入れられています。Enpirion社およびその受賞歴のある製品について詳しくは、www.enpirion.comをご覧ください。


販売お問い合わせ先
リンク


メディアお問い合わせ先
Candice Perodeau
Rainier Corporation (Enpirion担当)
Tel: 508-475-0025 x112
Email: EnpirionPR@rainierco.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。