logo

デジタルハリウッド大学院・ソーシャルメディア研究会による番組『そめけん!』をUstreamスタジオ渋谷より生放送

------------------------------------------------------------------------
           デジタルハリウッド大学大学院

        ソフトバンク【USTREAMスタジオ 渋谷】より
       ソーシャルメディアを研究する番組『そめけん!』
            6月15日にUstreamにて生中継
 学長の杉山知之、川井拓也教授(ヒマナイヌ代表)ほか、豪華ゲスト出演
------------------------------------------------------------------------




 日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院(本校:東京都千代田
区 学長 杉山知之 以下本学)では、本学の「ユビキタスメディア研究室」(代表 荻野健一客
員教授)のメンバーを中心に活動する「ソーシャルメディア研究会」が運営・配信を行う、“ソー
シャルメディアを研究する番組『そめけん!』”の特別番組『そめけん!スペシャル』を、6月15日
(火)ソフトバンク「USTREAMスタジオ渋谷」より行います。

 当日は、Ustreamで生中継を行い、視聴者の意見を番組に反映させながら、ソーシャルメディア
の現状やこれからのあり方について、通常番組のレギュラーメンバーに加え、本学の学長である
杉山知之、同じく本学専任教授である川井拓也氏(株式会社ヒマナイヌ 代表取締役)の特別出
演でソーシャルメディアの未来について語ります。
 また、番組では今後、本学客員教授である株式会社ホットリンク 代表取締役社長 内山幸樹
氏、イタリアで出版された『SAMURAI GIRL』で有名なアーティスト Julie氏、ジャーナリスト 
チバヒデトシ氏、「ポストペット(Post Pet)」の開発者として知られる八谷和彦氏など、多彩な
ゲストをお招きし、各方面から注目が集まるソーシャルメディアについて、様々な角度からの討
論を予定しています。

 今回は特別に、マスコミの皆様限定で、スタジオ見学を兼ねた取材をお受付いたします。
 ご多忙の中誠に恐縮ではございますが、万障お繰り合わせの上、本件の取材をご検討くださいま
すようお願い申し上げます。
 取材ご希望の方はEメールにてお申込みください。
 (mail:press@dhw.co.jp デジタルハリウッド広報室宛)


■番組概要
番組タイトル:ソーシャルメディアを研究する番組『そめけん!スペシャル』
番組日時:2010年6月15日(火)20:00開始(22:00終了予定)
制作:デジタルハリウッド大学大学院 ユビキタスメディア研究室 ソーシャルメディア研究会
協力:デジタルハリウッド大学大学院 ヒットコンテンツ研究室
番組中継:Ustream「ソーシャルメディアを研究する番組『そめけん!』」
中継会場:USTREAMスタジオ渋谷
     リンク


<視聴方法>
・ソーシャルメディアを研究する番組『そめけん!』 : リンク

<番組参加方法>
1. UstreamのURLでの視聴は、Twitter・Facebookなどのアカウントで参加。
2. iPhoneのUstream Viewerでsomekenで検索し、モバイル視聴参加。
3. Twitterでの参加は、ハッシュタグ(#someken)を本文中に入れて投稿。
4. ソーシャルメディア研究会のWebサイト(※ベータ版運用中)から視聴参加。
そめけん!放送局 リンク

※注意事項
・Twitterでご参加いただく場合、ハッシュタグ「 #someken 」の前後には必ず半角スペース
 を入れてください。
 半角スペースを入れていただかないとTwitter上に反映されない場合がございます。

・参加者のツイート(つぶやき)が多数の場合、放送時間の都合上、ご紹介できないことがございます。

■ソーシャルメディアを研究する番組『そめけん!』について
2010年4月6日より毎週火曜夜9時より配信を行っている、ソーシャルメディアを研究する番組
『そめけん!』は、本学のメディアコミュニケーション教育の一環として、ICTコンテンツ分
野において、ソーシャルメディアである「Ustream」や「Twitter」などのメディアコミュニケ
ーション分野における新しい利用方法、ソーシャルネットワークにおける企業や自治体の利活
用の可能性等を研究していく実験場としても機能しています。

■デジタルハリウッド大学大学院 ユビキタスメディア研究室について
本学の荻野健一客員教授が代表を務める、日々の行動情報を記録するライフログに、感性と心
理情報を取り入れた、人と親和性の高いコミュニケーションシステムの研究を行う研究室で
す。
様々なメディアにおける広告やコンテンツの有用性を検証し、メディア接触における生活者の
行動変化の要因解明、行動変化分析を行っています。
また、これを応用することで、企業と生活者にとって的確で親和性の高いコミュニケーション
システムの確立を目的としています。

■ソーシャルメディア研究会について
ユビキタスメディア研究室とメディアコミュニケーションラボ(担当教員:荻野健一)の有志
を中心に昨年末から運営していたソーシャルメディア研究グループを、本年度から研究会とし
て発足。
昨年から急速に普及し始めたソーシャルメディアに関するリテラシーとリスクマネジメントを
可視化するための公開実証実験の一環として、次の2点を目的とし活動を行っています。
1.ソーシャルコミュニケーションを利活用するための運営ノウハウの構築と情報共有
2.運営リスクマネジメントのためのナレッジの収集とデータベースの共有


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。