logo

ワイン業界初の3Dバーチャル国際見本市 www.WineFair.com

2010年6月21日~27日

フランスのベンチャー企業、イノヴァン社がワイン・スピリッツ専用の初の3D環境のバーチャル国際見本市サイトwww.WineFair.comを開設します。この多言語対応のインタラクティブ情報プラットフォームは6月21日から27日まで公開されます。ワイン業界関係者にとって、移動することなく最少の費用で、情報交換と交渉を国際レベルで倍増させることのできる、またとない機会になります。

従来のワイン展示会のイメージそのままに技術をプラスすることによって、WineFair.comでは、「ネイチャー」、「トラディショネル」、「デザイン」の3種類の出展ブースを提供します。各ブースには、イベント期間中の商談予約受付用のスケジュール共有カレンダー、出展者の名刺、紹介ビデオ、パンフレット、各ワインとドメーヌの説明書が装備されます。出展企業は、展示パッケージにより、10本または30本を出展します。

最先端の3D技術を実装しているため、WineFair.comのバーチャル展示会では、リアルタイムの情報交換が促進されるとともに、カレンダー機能によりタイムスケジュールを完全に管理することができます。

展示ブースにアクセスするには、キーワードをサーチエンジンに入力するか、あるいは、ブドウ品種、国名・産地名および/またはワイン種類を3つのプルダウンメニューのうちの1つから選択します。するとカーソルを合わせるだけで指定した出展者のプロフィールを調べることができます。出展者にコンタクトをとりたいビジターは、じかに連絡を取ることも、オンラインスケジューラで予約を入れることもできます。ビジターの使用機器に応じて、テレビ会議、電話会議、インスタントメッセージングの3種類のツールが使えます。

また、WineFair見本市は来場者と出展者に各種コンファレンスへの参加を呼びかけており、その日程とテーマについては近々発表されます。

ワイン業界関係者向けの革新的なコミュニケーションツールの開発を専門とするイノヴァン社では、このイベントに参加する出展者を全世界から募集しています。

WineFair.comは、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語の4言語に対応しているほか、間もなく日本語と中国語にも対応する予定です。

このバーチャル見本市では、最初の5日間は業者の商談専用で、土・日曜日は個人・一般に公開されます。

詳しい情報は下記をご覧ください。
インターネットサイト:www.winefair.com  
フェイスブック:リンク
ツィッター:リンク

このプレスリリースの付帯情報

Home Image

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。