logo

エフセキュアブログの開設一周年を記念し、ソーシャルメディアを駆使したパネルディスカッションを開催

最前線のITセキュリティ専門家による最新ITセキュリティレビューをUstream& Twitterで実況生中継

エフセキュア株式会社(本社: 東京都港区、日本法人代表: 桜田 仁隆、以下エフセキュア)が、昨年2009年5月20日に開設したエフセキュアブログの一周年を記念し、国内のITセキュリティベンダ初の試み※として、ブログのオフィシャル コメンテータとスペシャルゲストを迎えた豪華パネルディスカッション、「最新ITセキュリティ動向」をUstream & Twitterでライブ中継します。企業の垣根を越えて、最前線で活躍するITセキュリティの専門家が集結。ネットセキュリティの今について語ります。 (※2010年6月3日当社調べ)

2010年5月20日に開設一周年を迎える「エフセキュアブログ」の記念イベントとして、エフセキュアのセキュリティ研究所のブログ「News from the Lab (英語)」からミッコ・ヒッポネン、その日本語版である「エフセキュアブログ」のオフィシャルコメンテータ陣から、高間剛典 氏 (メタ・アソシエイツ 代表)、星澤裕二 氏 (セキュアブレイン先端技術研究所 チーフセキュリティアーキテクト)、福森大喜 氏 (サイバーディフェンス研究所 上級分析官)、片山昌憲 氏 (エキサイト 戦略ビジネス室 室長)、鵜飼裕司 氏 (フォティーンフォティ技術研究所 CEO)を、スペシャルゲストとしてマイクロソフト株式会社でチーフセキュリティアドバイザーを務める高橋正和 氏を迎え、「最新ITセキュリティ動向」と題して2010年上半期のセキュリティ動向を語る、パネルディスカッションを開催します。

内容は、"上半期に起きたセキュリティ事件を振り返って”、”注目している今年のセキュリティ5大テーマ”、”企業セキュリティの5大要件”の3つを予定しています。開催日時は、2010年6月8日 (火) 17時~19時で、その模様はUstreamとTwitterを介して実況中継されます。

同イベントは、「エフセキュアブログ」の特性を生かしながら、ソーシャルメディアを積極的に用いることで、ITセキュリティの専門家や関係者だけでなく、Twitter経由での質問を受け付けるなど、読者とのインタラクティブな交流を目指します。Ustreamの閲覧者、およびTwitterによる積極的な参加を募りながら、パネルディスカッションでの臨場感とソーシャルメディアならではのライブ感を体験することができます。セキュリティ情報サイトの ”セキュリティホールmemo” を主宰している小島肇 氏もTwitter経由で参加予定です。

-----------------------------------------------------------
■エフセキュアブログ一周年記念イベントの詳細について:

◇イベントタイトル:
「最新ITセキュリティ動向」
エフセキュアブログ一周年記念企画
~ITセキュリティ専門家によるパネルディスカッションをUstream & Twitter実況生中継~

◇企画概要:
2010年5月20日に開設一周年を迎えるエフセキュアブログの記念イベントとして、「F-secure News from the Lab」からミッコ・ヒッポネン、「エフセキュアブログ」のオフィシャルコメンテータ陣から高間剛典 氏 (メタ・アソシエイツ 代表)、星澤裕二 氏 (セキュアブレイン先端技術研究所 チーフセキュリティアーキテクト)、福森大喜 氏 (サイバーディフェンス研究所 上級分析官)、片山昌憲 氏 (エキサイト 戦略ビジネス室 室長)、鵜飼裕司 氏 (フォティーンフォティ技術研究所 CEO)を、マイクロソフト株式会社でチーフセキュリティアドバイザーを務める高橋正和 氏を迎え、2010年上半期のセキュリティ動向をレビューします。パネルディスカッションの模様はUstreamとTwitterを介して実況中継されます。

◇開催日時:
2010年6月8日(火) 17時~19時

◇ディスカッション テーマ:
- 上半期に起きたセキュリティ事件を振り返って
- 注目している今年のセキュリティ5大テーマ
- 企業セキュリティの5大要件

◇中継概要:
- ディスカッションの模様を完全無編集・無修正 (ダダ漏れ形式) でUstream中継します。
- Twitterハッシュタグを公開、誰でも気軽に参加いただけます。
- Twitter経由で視聴者からの質問に適宜パネラーが回答します。
- Ustream中継をアーカイブして終了後「エフセキュアブログ」にて公開します。

◇Ustream URL:
リンク

◇Twitter アカウント:
リンク

◇Twitter ハッシュタグ:
#FSBLOG

◇パネラー:
- ミッコ・ヒッポネン (エフセキュア セキュリティ研究所 主席研究員)
(Twitter アカウント: リンク)

- 星澤裕二 氏 (セキュアブレイン先端技術研究所 チーフセキュリティアーキテクト)

- 福森大喜 氏 (サイバーディフェンス研究所 上級分析官)

- 片山昌憲 氏 (エキサイト 戦略ビジネス室 室長)

- 鵜飼裕司 氏 (フォティーンフォティ技術研究所 CEO)

◇スペシャルゲスト:
- 高橋正和 氏 (マイクロソフト チーフセキュリティアドバイザー)

◇Twitterパネラー:
- 小島肇 氏 (セキュリティホールmemo 主宰)
(Twitter アカウント: リンク)

◇モデレータ:
- 高間剛典 氏 (メタ・アソシエイツ 代表)
(Twitter アカウント: リンク)

◇ライブTweet:
- 藤田里香 氏 (ソーシャルメディア・コミュニティマネージャー、東京ガールギークディナー主宰)

◇通訳:
- 深田憲太郎 氏

◇エフセキュアブログ管理人:
- 尾崎理沙 (エフセキュア株式会社 マーケティング部)
(Twitter アカウント: リンク) 

------------------------------------------------------------------------------
高橋正和 氏 略歴:
マイクロソフト株式会社 チーフセキュリティアドバイザー

標準ライブラリやOSなどの基本ソフトの開発に従事した後、1999年に旧インターネッ ト セキュリティ システムズ(現日本IBM)に入社。侵入検知をはじめとするセキュ リティビジネスに携わる。執行役員 最高技術責任者、エグゼクティブ・セキュリ ティ・アナリスト。2006年11月にマイクロソフトに入社。チーフセキュリティ アドバイザーとして、マイクロソフトが指向するセキュアなコンピューティングへ 取り組むとともに、最新のセキュリティについての、寄稿、講演を行っている。 業界団体においても、積極的に活動を行っており、情報セキュリティ対策推進コミュニティ 事務局長、日本ネットワークセキュリティ協会 副会長などを務める。
------------------------------------------------------------------------------
※上記内容は予告なしに変更される場合がございますので、予めご了承ください。


■「エフセキュアブログ」について:
リンク

「エフセキュアブログ」は、エフセキュアが世界に3ヶ所に置いているセキュリティ研究所(ヘルシンキ、サンノゼ、クアラルンプール)が発信しているウェブログ、「News from the Lab」の日本語版としてを昨年の2009年5月20日に開設し、今年の2010年5月20日で生誕一周年を迎えました。

「エフセキュアブログ」は、「News from the Lab」を日本語翻訳したコンテンツを軸に、国内のセキュリティ専門家をゲストブロガーとして迎え、日本ならではのニュースや視点を交えています。「エフセキュアブログ」開設趣旨に賛同をいただき、2010年6月3日時点で参加いただいているオフィシャルコメンテータは、ウイルス研究の第一人者である株式会社セキュアブレインの星澤裕二 氏、株式会社ラックの岩井博樹 氏、海外セキュリティ事情に詳しい高間剛典 氏、株式会社サイバーディフェンス研究所の福森大喜 氏、エキサイト株式会社の片山昌憲 氏、株式会社フォティーンフォティ技術研究所の鵜飼裕司 氏の6名です。

「エフセキュアブログ」では、オンラインセキュリティやアンチウイルスという、一見マニアックで難しい話題を、より身近でわかり易いニュースとして配信することを目指しています。誰もがオンライン上でのセキュリティトラブルに巻き込まれかねない現代社会において、当ブログをきっかけに業界内はもちろん、他業界の方々からもオンラインセキュリティ、アンチウイルスの最新情報入手の場としてご活用いただき、またより安全で快適なインターネットライフを過ごして頂く為の情報源として親しんで頂ければと考えております。

◇「エフセキュアブログ」オフィシャル コメンテータ:

「News From the Lab」の主要投稿者:
- ミッコ・ヒッポネン エフセキュア セキュリティ研究所主席研究員(ヘルシンキ)
コンピューターウイルスのスクリーニングなどの特許をもつ発明家でもあり、欧米のコンピュータ雑誌や科学雑誌などにウイルス、セキュリティ情報を多数寄稿している。2007年には「PC World magazine」において、ウェブ上で最も有名な50人のひとりに選出された。
- ショーン・サリバン エフセキュア セキュリティ研究所セキュリティアドバイザー(ヘルシンキ)
- フェイ・ウィン・チア セキュリティレスポンス部部長(クアラルンプール)


「エフセキュアブログ」の主要投稿者:

- Gohsuke Takama (高間 剛典)
メタ・アソシエイツ、TokyoGlamorous.com 代表
1991年より学会アテンドなどを経てインターネット・テクノロジー、セキュリティとプライバシー保護政策、重要インフラ保護政策や施策の動向をリサーチし、様々なコンサルティングを提供。セキュリティ・コンサルティングの他、IT関連イベントの企画や政府関連報告書の制作なども手がける。専門はビジネスネットワーキング、ストラテジープランニング、プロジェクトコーディネート、ITジャーナリズム。

- 星澤 裕二
株式会社セキュアブレイン 執行役員、先端技術研究所 チーフセキュリティアーキテクト、JPCERT/CC シニアアナリスト、IPA 研究員
1998年に株式会社シマンテック入社、Symantec SecurityResponseのアジア・パシフィック地区担当マネージャーとして、セキュリティの研究や新種ウイルスへの対応、脆弱性情報の収集・分析等を担当。2004年10月から現職。日本におけるウイルス研究の第一人者で、多くのIT関連出版物に寄稿。著書に「ウイルスの原理と対策(ソフトバンクパブリッシング)」など。2007年に経済産業省商務情報政局長表彰を受賞。

- 岩井 博樹
株式会社ラック サイバーリスク総合研究所 コンピュータセキュリティ研究所所長
IDS/IPSの導入設計、監視システム運用業務、ログ分析業務などを経て、セキュリティアナリスト業務に携わる。コンピュータ・セキュリティに関する研究、脆弱性研究、海外セキュリティ動向調査、インシデント対応及びコンピュータフォレンジック業務、 攻撃検知における新技術の研究開発などを専門とし、「情報セキュリティプロフェッショナル教科書」などの著作、監修など多数手がける。

- 福森 大喜
株式会社サイバーディフェンス研究所 上級分析官
大手セキュリティベンダーでIDS、IRT等に従事した後、Webアプリケーションのセキュリティ検査サービスを立ち上げる。その後、Webセキュリティ ベンチャーを設立。2009年よりサイバーディフェンス研究所に参加。Webセキュリティ、ペネトレーションテスト、マルウェア解析などを専門とし、 2007年 第 3回 IPA賞(情報セキュリティ部門)、2009年 グーグル Native Client セキュリティコンテスト 世界4位などの受賞歴がある。

- 片山 昌憲
エキサイト株式会社 戦略ビジネス室 室長
大規模ポータルサイトの運営者として、日常的にWebセキュリティの仕事に従事しながら、Webセキュリティと経済の関連性分析などを積極的に行っている。専門領域は、電子決済、マーケティング、Webセキュリティ、システム開発、コンサルティングなど多岐にわたり、「2008 オンラインゲーム白書」や「2007 ゲーム白書」などの執筆を手掛けている。講演実績は、「APWG CeCOS II 東京」「オンラインゲーム&コミュニティサービ スカンファレンス 2008」など複数。

- 鵜飼 裕司
株式会社フォティーンフォティ技術研究所 代表取締役社長
2003年渡米。カリフォルニア州 eEye Digital Security社に入社。セキュリティ脆弱性分析や脆弱性診断技術、組み込みシステムのセキュリティ脅威分析等に関する研究開発に従事。2007年7 月、セキュリティコア技術に関する研究、コンサルティングサービス、セキュリティ関連プロダクトの開発・販売を主事業とする株式会社フォティーンフォティ技術研究所を設立。代表取締役社長を務める。セキュリティ脆弱性、Exploiting、Malware解析手法、組み込みシステムセキュリティを専門としている。

- 中野 恵美子
エフセキュアブログ翻訳者
イギリス留学時代から翻訳に携わり、コンピューター関係の記事やウェブの翻訳実績多数。主な訳書に「ウェブユーザビリティの法則」(Steve Krug著、ソフトバンク パブリッシング発行)など。

- 八木沼 与志勝

エフセキュア株式会社 テクノロジー&サービス部長
- 富安 洋介

エフセキュア株式会社 プロダクトエキスパート
- 尾崎 リサ

エフセキュア株式会社 マーケティングコミュニケーションマネージャ、エフセキュアブログ管理人


*本文中に記載された会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
*エフセキュアの社名、ロゴ、製品名はF-Secure Corporationの登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事