logo

勘定奉行のOBC、ウイングアークが協業  ERPパッケージ「奉行V ERP」と「Dr.Sum EA」の連携を強化

~ 連携モジュールの利用によって短納期・低コストの導入を実現、 「Dr.Sum EA」とのデータ連携で管理会計・分析を強化 ~

 業務ソリューションベンダー大手 株式会社オービックビジネスコンサルタント(代表取締役社長:和田成史/本社東京都新宿区:東証1部 登録銘柄コード4733:以下OBC)、Form&Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(代表取締役社長:内野弘幸、本社:東京都渋谷区、以下 ウイングアーク テクノロジーズ)は、IFRSコンバージェンス対応しているOBCのERPパッケージ「奉行V ERP」が、「マネジメントアプローチによるセグメント情報開示」への支援機能としても活用できるBIツールとして、マーケットシェアNo.1(*1)のウイングアーク テクノロジーズのデータ活用ソリューション「Dr.Sum EA」との連携を実現したことを発表いたします。


 両製品の連携により、上場企業やそのグループ企業まで様々な規模や業種の企業に導入が進んでいる「奉行V ERP」のデータを「Dr.Sum EA」へ連携することで、データの高速分析や集計を実現することができます。「勘定奉行V ERP」により制度会計・管理会計を実現し、「Dr.Sum EA」上でさらに多彩な会計分析やレポート出力が可能になります。
 勘定奉行を利用した子会社やグループ企業による子会社データの収集・活用はもちろん、個別会計の分析やレポートも「Dr.Sum EA」上で柔軟に表現します。


 連携にあたっては、データ連携フレームワーク「奉行専用Dr.Sum EA連携モジュール」を利用することにより、ノンプログラミングで「奉行V ERP」のデータを「Dr.Sum EA」と連携させることができます。これにより、BIツール連携に必要であった導入・開発コストを従来の同様製品に比べ抑えることができ、短納期での提供を可能とします。


 データ連携フレームワーク「奉行専用Dr.Sum EA連携モジュール」は、平成22年6月3日から全国のOBC販売パートナーを通じて提供を開始いたします。


<システムの特長>
■奉行専用のデータ連携モジュールがノンプログラミングで多次元分析DBを生成
「奉行専用Dr.Sum EA連携モジュール」は、会計情報の単位となる項目<科目/部門/セグメント/プロジェクト等>を、最適化して多次元分析DBを生成できるツールです。企業の要望にあわせた多次元分析DBを用意するための開発は必要ありません。生成される多次元分析DBは、基本的な時系列情報や予算・損益・貸借等の会計分析を実現します。


■データ更新はスケジュール化
会計データは日々発生するトランザクションデータとなるため、データ連携の仕様や運用は大きな問題でした。 「奉行専用Dr.Sum EA連携モジュール」 は、運用状況にあわせた自動更新のスケジュール設定をおこなえます。


■短期導入を実現し、費用対効果を最適化
DWH・BIの構築上では、仕様設計や要件定義などからシステム範囲が拡大し、開発期間が長期化する場合があります。 「奉行専用Dr.Sum EA連携モジュール」により、高額な費用を有する設計費用を大幅に削減することができ、BI部分に集中投資をおこなえます。これにより、開発に要する期間が必要なく、短期導入が可能です。


<参考>勘定奉行V ERPとDr.Sum EAをデータ連携させる「奉行専用Dr.Sum EA連携モジュール」:添付資料参照


Dr.Sum EAは、勘定奉行V ERPとの連携をはじめ、奉行シリーズ各製品や既存の様々なシステムと連携が可能です。
検索・集計・分析結果のアウトプットについては、ユーザーが独自構築できることはもちろん、提供予定のテンプレートを用いた出力も可能です。さらに、業務や要望に応じて「Dr.Sum EA」の多彩なインターフェースを組み合わせてご利用いただけます。

■導入後に、ユーザーが個別の多次元分析DBを作ることもできます。設計・構築用のGUIが提供されています。
■Dr.Sum EA連携オプション『Dr.Sum EA Connect』を組み合わせることで、ユーザー自身によるデータ連携をノンプログラミングで実装することもできます。
■マルチサーバ機能によりハードウエアを分散してデータ量に応じた大容量のデータビューを作成することができます。
■製品紹介Webサイト
リンク
■勘定奉行V ERPとDr.Sum EAの連携について
リンク


(*1) 出展:株式会社富士キメラ総研 「2009 パッケージソリューション・マーケティング便覧」(BIツール市場シェア/出荷数量ベース)


(図)Dr.Sum EAによる結果画面表示の例:
リンク


■ウイングアーク テクノロジーズ株式会社「Dr.Sum EA」について
設立 2009年11月
(※2009年11月2日、ウイングアーク テクノロジーズ株式会社は、持株会社体制に移行しました)
資本金 1億円(2009年11月2日現在)
URL リンク
事業内容 帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
代表取締役社長 内野 弘幸


<解説>
「Dr.Sum(ドクター・サム)EA」は、大容量のデータを部門間や全社規模で集計分析するためのデータ活用ソリューションです。次元数の制約を意識することなくエンドユーザに自由な利用環境を提供しています。各種インターフェースを用意しており、上位アプリケーションと連携した情報系システム構築を容易におこなうことができます。導入実績は2,680社/4,780サーバ(2010年2月)にのぼります。


■株式会社オービックビジネスコンサルタントについて
設立 昭和55年12月
資本金 105億1,900万円
URL リンク
事業内容 ビジネスソフトウエア開発・販売、通信ネットワーク開発、企業コンサルタント業務、サプライ事業
代表取締役社長 和田 成史


<解説>
業務ソリューション大手として「勘定奉行」をはじめとした基幹業務システム「奉行シリーズ」の開発・販売を中心に中堅中小企業などの成長市場に向けてソリューションビジネスを展開し、導入実績は55万社以上にのぼります。
「奉行V ERPシリーズ」は、顧客の業務にあわせて個別開発していく従来のERPと異なり、多機能なコアパッケージに顧客に必要な多彩なオプションコンポーネントを選択してあわせるため、カスタマイズをなくし、導入期間が短く、導入スケジュールも早期に確定できることから、システム刷新にかかるコストを低減でき、導入企業からも販売パートナーからも満足度の高いソリューションとして評価されています。
・多機能、高機能ラインアップ「奉行V ERPシリーズ」
・SMB向けラインアップ「奉行i NETWORK Edition」(ネットワーク対応モデル)「奉行i Standalone」(スタンドアロンモデル)


●記事掲載時のお問い合わせおよび、弊社製品に関する情報
株式会社 オービックビジネスコンサルタント 営業本部
〒163-6032 東京都新宿区西新宿六丁目8-1 住友不動産新宿オークタワー 32階
TEL:03-3342-1880(代)  FAX:03-3342-1874  リンク


ウイングアーク テクノロジーズ株式会社  
〒150-0044 東京都渋谷区円山町28-5 1st渋谷ビル
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  
E-mail:drsum@wingarc.co.jp


※ リリースの記載内容は発表日時点のものです。その後将来の製品改良等により内容が予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※ 勘定奉行、奉行、奉行V ERP は、株式会社オービックビジネスコンサルタントの商標または登録商標です。
※ 本リリース内掲載の会社名、製品名は各社の商号、登録商標または商標です。
※ 記載の会社名および商品名、ウェブサイトのURLなどは、本リリース発表時点のものです。

このプレスリリースの付帯情報

<参考>勘定奉行V ERPとDr.Sum EAをデータ連携させる「奉行専用Dr.Sum EA連携モジュール」

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。