logo

世界最速!ユーザーの特定を不可能にするWebブラウザ「指紋」対策を『SeQuSa(セクサ)』で実現。

Witsign株式会社 2010年06月01日 08時00分
From ValuePress!

報道関係者 各位
プレスリリース

2010年6月1日
Witsign(ウイット・サイン)株式会社
代表者 杜 慶捷(ト ケイショウ)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Witsign(ウイット・サイン)株式会社は、世界初の安全かつ効率的な次世代インターネット検索サービス
『SeQuSa(セクサ)』において、ユーザーの特定を不可能にするWebブラウザ「指紋」対策を
世界最速で実現しましたのでお知らせします。
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Witsign(ウィット・サイン)株式会社(所在地:東京都千代田区、代表者:杜 慶捷)は、
世界初の安全かつ効率的な次世代インターネット検索サービス『SeQuSa(セクサ)』において、
ユーザーの特定を不可能にするWebブラウザ「指紋」対策を世界最速で実現しましたのでお知らせします。
リンク

Webサイトは、一般的にユーザーが使っているOSとWebブラウザ、プラグインの設定とバージョン情報を
収集していますが、米電子フロンティア財団(EFF)の調査によると、設定情報の組み合わせの84%に
固有性があり、Adobe FlashやJavaのプラグインをインストールしたWebブラウザの場合は94%に
上ることが分かりました。大多数のWebブラウザで、いわばユーザーの特定につながる「指紋」が作成され、
ネット上の行動追跡に利用できる状態にさらされていることになります。

『SeQuSa』は、こうした状況に一早く対応し、専用の「セキュア・ボックス」でWebブラウザ「指紋」になる
HttpヘッダのUser-Agentの特徴情報を無効化する事により、世界最速でWebブラウザ「指紋」対策を講じました。
具体的には、ユーザーのWebブラウザやOS、プラグインのバージョン情報から機能に影響が出ない細かい部分を
削除することで、Webブラウザの特定を不可能にします。

そのため、『Sequsa』の「セキュア・ボックス」を通してWebにアクセスすれば、サーバー側は「指紋」
無効化後の情報しか取得できなくなり、ユーザーのネット上の行動追跡は不可能になります。
Webブラウザ「指紋」対策の利用にあたってはインストールなど不要です。

『SeQuSa』は、“Searching Quickly and Safely”の頭文字から付けたサービス(特許出願中)で、安全かつ
効率的なネット検索を実現するツールですが、今回のWebブラウザ「指紋」対策機能の追加により、
セキュリティの向上とプライバシー保護を実現し、より安心してご利用いただけるようになりました。

高度な技術、柔軟なシステム構造を持っている『Sequsa』サービスでは、今後も、セキュリティやユーザビリティを
高めるサービスの開発に積極的に取り組んでいきます。

【会社概要】
 ■会社名   Witsign(ウイット・サイン)株式会社
 ■代表者   杜 慶捷(ト ケイショウ)
 ■設 立   2006年5月
 ■所在地   東京都千代田区平河町2-3-10 花菱平河町ビル4F
 ■TEL    03-5213-0775
 ■URL    リンク
 ■Email   contact@witsign.com

【本件に関するお問い合わせ】
 ■会社名   Witsign(ウイット・サイン)株式会社
 ■担当者   杜 慶捷(ト ケイショウ)
 ■TEL    090-9206-8697
 ■Email   dqj@witsign.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。