logo

【レポート販売】「2010年版 モバイル広告の市場動向調査 <市場分析編>」

~調査対象:モバイル広告業界関連事業者30社以上~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオの2分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「2010年版 モバイル広告の市場動向調査 <市場分析編>」を販売開始しました。

報道関係者各位

平成22年5月31日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「2010年版 モバイル広告の市場動向調査 <市場分析編>」を販売開始

~調査対象:モバイル広告業界関連事業者30社以上~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオの2分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都台東区)が提供する「2010年版 モバイル広告の市場動向調査 <市場分析編>」を販売開始しました。

詳細URL:リンク


■■ 資料概要 ■■

◇広告会社のプレイヤーと勢力関係の変化、・媒体社のプレイヤーと勢力関係の変化・広告主の変化など

かつてはインターネット広告市場の脇役として位置づけられてきたモバイル広告市場は、大手SNSメディアの貢献により、2006年-2007年以降その存在がにわかに注目を浴び、中長期的にインターネット広告市場の成長ドライブとして位置づけられるようになりました。

2008年以降その市場環境は新たな変化の兆候を見せはじめています。その背景として、モバイルインターネットユーザーの利用年齢層の拡大、PCインターネット広告市場のメインプレイヤーのモバイル広告市場への本格参入などが挙げられます。また、スマートフォン、アプリ市場の誕生とその普及が急速に進み、新たな市場を形成しつつあります。本資料では、2008年-2009年のSNSメディア隆盛以降のモバイル広告市場の現在について調査・分析を行ない、新しい潮流をとらえ今後の動向を探ります。

本資料では、モバイル広告有力事業者30社へのインタビュー結果を収録した<事業者ヒアリング編>と、インタビュー結果などから市場を分析した<市場分析編>の2冊に分けてご用意いたしました。


■■ 調査概要 ■■

【調査対象】
モバイル広告業界関連事業者30社以上

【調査項目】
1.モバイル広告市場の概要と推移
2.モバイル端末関連動向
3.モバイル広告関連市場に関連する制度動向
4.モバイルコンテンツ/コマース市場動向
5.モバイルインターネットユーザー動向
6.モバイル媒体の動向
7.モバイル広告市場の動向
8.広告代理店の動向
9.メディアレップの動向
10.モバイルリスティング広告事業者の動向
11.モバイルアドネットワーク事業者の動向
12.モバイルアフィリエイト・サービス・プロバイダの動向
13.モバイル広告媒体の動向
14.広告主の動向
15.モバイル広告市場の今後


■■ 目次 ■■

1. モバイル広告市場の概要と推移
(1) モバイル広告の定義
   〔1〕 モバイル広告とは
   〔2〕 モバイル広告の種類
   〔3〕 第4世代モバイル端末
    ・プッシュ型広告・メール広告
    ・ピクチャー・テキスト型広告
    ・検索連動型広告
    ・コンテンツ連動型広告
    ・タイアップ・編集型広告
    ・動画広告
    ・アフィリエイト広告
    ・ゲーム広告
    ・QRコード・非接触型広告
(2) モバイル広告市場の概要
   〔1〕 モバイル広告市場の概観
   〔2〕 モバイル広告市場の特徴
    ・専門事業者の存在
    ・キャリアの影響力
    ・広告主業種構成の特徴
    ・主要媒体構成における特徴
    ・複雑な資本関係
   〔3〕 モバイル広告市場の流通・業界構造
(3) モバイル広告市場の推移
   〔1〕モバイル広告市場黎明期(~2003年)
   〔2〕モバイル広告市場形成期(2004年~2005年)
   〔3〕モバイル広告市場の転換期(2006年~2007年)
    ・大手SNSサイトの成長
    ・リスティング広告市場の形成
    ・広告主業種構成の変化

2. モバイル端末関連動向
(1) モバイル端末契約数の推移
(2) モバイル端末出荷台数
(3) モバイルインターネット契約数
(4) モバイルインターネット通信の高速化と将来動向
   〔1〕 第3.5世代モバイル端末
   〔2〕 第3.9世代モバイル端末
   〔3〕 第4世代モバイル端末
(5) モバイルインターネット利用料金
   〔1〕 キャリア各社のインターネット利用料金体系
   〔2〕 キャリア各社のパケット定額料金サービス利用料金体系
(6) パケット定額料金サービスの推移と各社加入数動向
   〔1〕 パケット定額料金サービスの推移(2003年~2007年)
   〔2〕 パケット定額料金サービスの推移(2008年~2009年)
    ・2段階方式における最低料金の低下
    ・メール向け定額方式の登場
    ・スマートフォン端末の普及と料金プランの変遷
   〔3〕 KDDI パケット定額料金サービス加入数
   〔4〕 NTTドコモ パケット定額料金サービス加入数
   〔5〕 ソフトバンクモバイル パケット定額料金サービス加入数
   〔6〕 3キャリア合計のパケット定額料金サービス加入数/加入率
   〔7〕 パケット定額料金サービス加入増が与える影響

3. モバイル広告関連市場に関連する制度動向
(1) 有害サイトアクセス制限サービスの義務化
   〔1〕 サービスの概要
   〔2〕 制限の方式
   〔3〕 モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)概要
   〔4〕 各キャリアのサービス
   〔5〕 モバイル広告市場に与えた影響
   〔6〕 モバイル広告市場に与えた影響についての関連事業者の見解
(2) 出会い系サイト規正法
   〔1〕 出会い系サイトに関係した事件へのアクセス手段
   〔2〕 出会い系サイト規正法の概要
   〔3〕 モバイルインターネット市場に及ぼす影響
    ・大手出会い系サイトの衰退
    ・大手SNSサイトへの警察の介入

4. モバイルコンテンツ/コマース市場動向
(1) モバイルコンテンツ市場
   〔1〕 全体の俯瞰
   〔2〕 音楽関連市場
    ・市場規模
    ・コンテンツ種類ごとの市場規模
    ・公式サイト数
   〔3〕 ゲーム・SNS関連市場
    ・市場規模
    ・コンテンツ種類ごとの市場規模
    ・モバイルゲーム市場規模の停滞と無料ゲームの普及
    ・モバイルゲームの公式サイト数とコンテンツ種類の変化
    ・SNSサイトにおけるアバター/アイテム販売の動向
   〔4〕 電子書籍市場
    ・市場規模
    ・公式サイト数とコンテンツの種類
    ・電子書籍サービスの新しい動向
   〔5〕 情報配信市場
    ・市場規模
    ・コンテンツ種類ごとの市場動向
 (2) モバイルコマース市場
   〔1〕 全体の俯瞰
    ・市場規模
    ・サービス種類ごとの市場規模
   〔2〕 物販系モバイルコマース市場

5. モバイルインターネットユーザー動向
(1) インターネット利用端末の増加
(2) モバイルインターネットを利用する年齢層の推移
   〔1〕 年齢層による利用率の違い
   〔2〕 利用率の年次推移
   〔3〕 年齢層による利用頻度の違いとその年次推移
(3) モバイル媒体利用動向の推移
   〔1〕 モバイル媒体のユーザー属性
   〔2〕 モバイル媒体ユーザー属性の広がり
    ・ユーザー層の広がり
    ・さらなるユーザー層拡大のための課題

6. モバイル媒体の動向
(1) モバイル媒体の現状
(2) モバイル媒体のビジネスモデルのシフト
   〔1〕 広告収入モデルから課金モデルへのシフト
   〔2〕 モバイル媒体のビジネスモデルの変化がモバイル広告市場に及ぼす影響
   〔3〕 媒体社のビジネスモデルの動向に関する事業者のコメント
(3) SNS
   〔1〕 SNS大手三媒体の収益モデル
(4) ブログ、ミニブログ、リアル
   〔1〕 ブログ
    ・ブログサービス事業者の動向
    ・ユーザー層
    ・ビジネスモデル
   〔2〕 ミニブログ
    ・ミニブログとは
    ・ミニブログサービスの動向
    ・『Twitter』のビジネスモデル
   〔3〕 リアル
    ・リアルとは
    ・主な事業者
    ・ビジネスモデル
(5) 動画
   〔1〕 動画サービスの動向
    ・モバイル端末による動画視聴スタイルの浸透(2008~2009年)
    ・『BeeTV』から始まる動画視聴の普及(2009年~)
   〔2〕 動画サービスのビジネスモデル
    ・広告モデルから課金モデルへのシフト
    ・動画広告の可能性
(6) ジオメディア
   〔1〕 ジオメディアとは
   〔2〕 位置ゲー
    ・位置ゲーサービス動向
    ・位置ゲーのユーザー層
    ・位置ゲーのビジネスモデル
   〔3〕 ミニブログと位置情報の連動
   〔4〕 位置情報にあわせた情報配信サービス
   〔5〕 ジオメディアの2つのビジネスモデル
    ・位置ゲーを用いたタイアップイベント、タイアップ広告
    ・位置連動型広告
(7) オープンプラットフォーム
   〔1〕 オープンプラットフォームとは
   〔2〕 通信プラットフォーム研究会
   〔3〕 通信プラットフォーム研究会 最終報告書の概要
    ・モバイルブロードバンド市場の現状
    ・プラットフォームの位置付け
    ・プラットフォームの相互運用性・多様性の確保の効果
    ・ポータル機能の多様化
    ・認証・課金機能の多様化
   〔4〕 オープン化によるソーシャルアプリケーションビジネスの拡大
    ・ソーシャルアプリケーションビジネス概要
    ・米SNS『Facebook』の動向
    ・mixiアプリ
    ・モバゲーオープンプラットフォーム
    ・mixiアプリとモバゲー・プラットフォームの比較
    ・GREE Platform
    ・ソーシャルアプリケーションがモバイル広告市場に与える影響
(8) スマートフォンのアプリケーション
   〔1〕 スマートフォンアプリ
    ・iPhoneアプリ数
    ・iPhoneアプリ開発者のビジネスモデル
    ・iPhoneアプリへの誘導のための広告出稿
   〔2〕 Android
    ・Android端末
    ・Androidアプリ
   〔3〕 スマートフォンアプリ広告
    ・AdMob社の動向から見たスマートフォンアプリ広告の現状
    ・スマートフォン広告の方向性

7. モバイル広告市場の動向
(1) 2008年から2009年のモバイル広告市場成長率
   〔1〕 モバイル広告市場規模と成長率推移
   〔2〕 2007年と2008年のモバイル広告市場規模再推定について
(2) ユーザー動向の概要
(3) 需要サイド(広告主)動向の概要
(4) 供給サイド動向の概要
   〔1〕 モバイル媒体の動向概要
   〔2〕 モバイルアドネットワーク・リスティング広告提供事業者
          ・アフィリエイト・サービス・プロバイダの動向概要
(5) 流通サイド(広告代理店・メディアレップ)動向の概要

8. 広告代理店の動向
(1) 広告代理店の動向
(2) 総合広告代理店の動向
   〔1〕 総合代理店のモバイル広告売上
   〔2〕 総合代理店の動向
   〔3〕 電通グループにおけるモバイル広告商流体制の変更
   〔3〕 総合代理店のモバイル広告代理事業の今後
(3) ネット専業代理店の動向
   〔1〕 ネット専業代理店のモバイル広告売上
   〔2〕 大手ネット専業代理店の動向概要
   〔3〕 大手ネット専業代理店各社の動向
    ・サイバーエージェント
    ・オプト
    ・セプテーニ(HD)
   〔4〕 ネット専業代理店の今後
(4) モバイル広告代理店の動向
   〔1〕 モバイル広告代理店の売上
   〔2〕 モバイル広告代理店の動向
   〔3〕 モバイル広告代理店の取扱い広告商品の特徴
   〔4〕 モバイル広告代理店の特徴的サービス
   〔5〕 モバイル広告代理店の今後

9. メディアレップの動向
(1) メディアレップの概要
   〔1〕 メディアレップの概要
   〔2〕 モバイル広告業界のメディアレップの業態構造と広告商品流通体系
   〔3〕 メディアレップの売上
(2) 主要メディアレップ各社の動向
   〔1〕 cci
   〔2〕 DAC
   〔3〕 D2C
   〔4〕 mediba
   〔5〕 スパイア
   〔6〕 CAモバイル
   〔7〕 その他有力事業者
(3) メディアレップの動向と今後
   〔1〕 大手広告代理店資本による再編
   〔2〕 メディアレップの今後

10. モバイルリスティング広告事業者の動向
(1) モバイルリスティング広告市場の概要
   〔1〕 モバイルリスティング広告市場の推移
   〔2〕 モバイルリスティング広告事業者
(2) モバイルリスティング広告事業者の動向
   〔1〕 グーグルとヤフーの動向
   〔2〕 モバイルリスティング広告事業者の勢力関係
(3) モバイルリスティング広告市場の今後
   〔1〕 モバイルリスティング広告流通の変化
   〔2〕 モバイルリスティング広告市場の課題
   〔3〕 モバイルリスティング広告市場の今後
    ・グーグルとヤフーの今後の勢力関係
    ・短期的な成長性
    ・中長期的な成長性

11. モバイルアドネットワーク事業者の動向
(1) モバイルアドネットワーク広告市場の概要
   〔1〕 市場形成の背景
   〔2〕 モバイルアドネットワーク市場規模
(2) モバイルアドネットワーク事業者の動向
   〔1〕 モバイルアドネットワーク事業者の現状
   〔2〕 モバイルアドネットワーク事業者の参入状況
   〔3〕 モバイルアドネットワーク事業者の動向
    ・モバイルアドネットワーク広告の需要拡大
    ・モバイルアドネットワーク事業者の事業規模拡大とキャズム
    ・モバイルアドネットワーク事業者の事業者動向~勢力関係の現状~
    ・モバイルアドネットワーク事業者のサービスモデルの方向性と広告最適化配信
    ・モバイルアドネットワーク事業の期待と課題
(3) モバイルアドネットワーク事業者の今後
   〔1〕 スマートフォン向けアドネットワーク事業者の事業参入
   〔2〕 新規事業参入の継続

12. モバイルアフィリエイト・サービス・プロバイダの動向
(1) モバイルアフィリエイト広告市場の概要
   〔1〕 モバイルアフィリエイト広告市場の概要
   〔2〕 モバイルアフィリエイト広告市場の推移
   〔3〕 主なモバイルアフィリエイト・サービス・プロバイダ
(2) モバイルアフィリエイト・サービス・プロバイダの動向
   〔1〕 ディー・エヌ・エーとアドウェイズの動向
   〔2〕 PCアフィリエイト・サービス・プロバイダの売上拡大
   〔3〕 モバイルアフィリエイト広告の広告主
   〔4〕 モバイルアフィリエイト広告の流通
(3) モバイルアフィリエイト広告市場の動向・今後
   〔1〕 モバイルアフィリエイト広告市場の課題
    ・モバイルアフィリエイト広告による集客ユーザーの質の低下
    ・アフィリエイト不正利用問題
   〔2〕 アフィリエイトネットワークとアドネットワークとの連携
   〔3〕 モバイルアフィリエイト広告市場の今後
    ・2010年のモバイルアフィリエイト広告市場
    ・2010年以降のモバイルアフィリエイト・サービス・プロバイダ
    ・大手SNS媒体のオープンプラットフォームが市場に与える影響
    ・リアルアフィリエイト広告の可能性
    ・大手事業者による本格参入
    ・広告主構成比の分散化

13. モバイル広告媒体の動向
(1) モバイル広告媒体の概要
   〔1〕 モバイル広告媒体の推移
(2) 大手SNS三媒体の動向
   〔1〕 広告売上の動向
   〔2〕 RPMの推移
   〔3〕 広告ビジネスの現状
   〔4〕 広告主動向
(3) モバイル広告媒体の動向
   〔1〕 ポータルサイト
   〔2〕 CGMサイト
   〔3〕 その他
   〔4〕 モバイル広告媒体の動向
    ・CGMサイトにおけるユーザートレンドの変化と広告ビジネスへの影響
   〔5〕 モバイル広告媒体の需要動向
   〔6〕 モバイル広告媒体の流通
   〔7〕 モバイル広告媒体の課題
    ・新しい有力媒体の不足
    ・広告売上に占める特定業種への依存
(4) モバイル広告媒体の今後
   〔1〕 ジオメディアの発展
   〔2〕 Twitterの急速な普及と広告ビジネスにおける可能性
   〔3〕 オープン化による新たな展開
   〔4〕 スマートフォン向けの対応
(5) モバイル広告媒体の将来と広告流通の変化
   〔1〕 ビジネスプラットフォームの構造変化
   〔2〕 ビジネスプラットフォームの構造変化による広告流通への影響
   〔3〕 モバイル媒体と広告流通の将来

14. 広告主の動向
(1) 広告主業種構成の現状
(2) モバイル広告の主要広告主
(3) 広告主の動向
   〔1〕 公式CP事業者の出稿拡大
   〔2〕 通販・Eコマース事業者の出稿拡大
   〔3〕ナショナルクライアントのモバイル広告利用定着化と普及スピードの停滞
(4) 広告主の業種別動向
   〔1〕 公式CP事業者
    ・公式CP事業者のカテゴリ別構成比
    ・モバイル広告出稿の現状
    ・獲得単価の水準
    ・モバイル広告出稿の今後
   〔2〕 情報サイト
   〔3〕 通販・EC
   〔4〕 金融
   〔5〕 人材
   〔6〕 教育
   〔7〕 美容・医療サービス
   〔8〕 エンタテイメント
   〔9〕 飲料・食品
   〔10〕 化粧品
(5) ナショナルクライアントのモバイル広告利用動向
   〔1〕 ナショナルクライアントの出稿スタンス
    ・利用する広告商品
    ・選択する媒体
   〔2〕 ナショナルクライアントの2008年から2009年のモバイル広告出稿トレンド
   〔3〕 ナショナルクライアントのモバイル広告利用に関する課題
    ・ユーザーがターゲティングされた媒体の不足
    ・モバイル広告出稿の必要性の不足

15. モバイル広告市場の今後
(1) モバイル端末
   〔1〕 成長促進要因
    ・モバイル端末通信の高速化
    ・パケット定額料金サービスの加入数増
   〔2〕 成長抑制要因
    ・モバイル端末買い替えサイクルの長期化
(2) モバイルコンテンツ市場・モバイルコマース市場
   〔1〕 成長促進要因
    ・モバイルコマース市場規模の拡大
   〔2〕 成長抑制要因
    ・モバイルコンテンツ市場の飽和
(3) ユーザー
   〔1〕 成長促進要因
    ・利用者層の拡大
    ・モバイルインターネット利用の増加
   〔2〕 成長抑制要因
    ・シニア層などのライトユーザーへの普及停滞増
(4) 広告主
   〔1〕 成長促進要因
    ・経済環境の回復による人材・金融事業者の出稿再拡大
    ・通販・EC事業者による広告出稿の拡大
    ・ナショナルクライアントの出稿拡大
    ・SAPによる新しい広告出稿需要
   〔2〕 成長抑制要因
    ・公式CP事業者の広告出稿拡大トレンドの停滞
    ・モバイルアフィリエイト不正利用問題
(5) 広告会社
   〔1〕 成長促進要因
    ・大手事業者のモバイル広告事業展開の本格化
    ・モバイルアドネットワーク事業への進出とモバイルアドネットワーク市場の成長
    ・ターゲティング広告の普及拡大
    ・インターネット広告流通の変化
   〔2〕 成長抑制要因
    ・過当競争による広告単価の下落
(6) モバイル広告媒体
   〔1〕 成長促進要因
    ・新しい媒体の登場
    ・オープン化によるプラットフォームビジネスの進展
    ・スマートフォン広告市場の形成
   〔2〕 成長抑制要因
    ・モバイル媒体の二極化と、中堅・中小規模媒体の広告収入の減少
    ・モバイル広告媒体の収益モデル転換
    ・電子書籍事業者への広告出稿規制
 (7) 2014年までのモバイル広告市場予測
   〔1〕 2010年のモバイル広告市場見通し
    ・モバイル広告市場
    ・モバイルWeb広告市場
    ・モバイルリスティング広告市場
    ・モバイルアフィリエイト広告市場
    ・モバイルリスティング広告市場
   〔2〕 2011年以降の市場予測


■■資料概要■■

資 料 名:2010年版 モバイル広告の市場動向調査 <市場分析編>
発 刊 日:2010年4月28日
調査・発行:株式会社シード・プランニング
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:A4 / 214ページ
頒   価:
■<市場分析編>
 書籍版 73,500円(本体価格70,000円、消費税3,500円)
■<市場分析編>+<事業者ヒアリング編>
 書籍版 126,000円(本体価格120,000円、消費税6,000円)
■<市場分析編>+<事業者ヒアリング編>
 書籍版+CD-ROM版 157,500円(本体価格150,000円、消費税7,500円)
*各別途送料500円

<事業者ヒアリング編>詳細はこちら
リンク

詳細URL:リンク

【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。


■■株式会社クロス・マーケティングについて■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内130万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■株式会社クロス・マーケティング会社概要■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■本件に関するお問い合わせ先■■

株式会社クロス・マーケティング
担当部署:ライブラリビジネスグループ
       NS-Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319 
Fax:03-3549-0221 
Mail:ns-info@cross-m.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事