logo

より優れた省電力設計を実現する超低消費電力マイコンSTM8Lの量産を開始

STマイクロエレクトロニクス 2010年05月31日 10時53分
From PR TIMES

次世代アーキテクチャとSTのEnergyLite(TM)技術プラットフォームを組合わせ、
少ない電力でより多くの機能を実行する8bitマイコンの3つの新製品ライン



マイクロコントローラ(以下マイコン)の世界的サプライヤであるSTマイクロ
エレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、超低消費電力の8bitマイコンSTM8Lの
量産を開始したことを発表しました。2009年後半に発表されたこの新ファミリは、
EnergyLite(TM)技術を採用することにより、あらゆる駆動モードで消費電力を
最小化します。

超低消費電力マイコンは、バッテリ駆動製品の使用時間の長時間化や、電子式電力計
および生活家電の低消費電力化に貢献することで、急速に高まっている
エネルギー高効率化の要求をサポートします。省電力化技術には、一般的に
スリープ・モードやチップの不使用部分への電力供給の遮断などがありますが、
STのEnergyLite技術はデバイスの駆動中でも消費電力を低減します。これは、
よりエネルギー効率に優れた電源を推進する国際的プログラムである「ENERGY
STAR 80 Plus」や、待機時電力を制限する国際エネルギー機関(IEA)の「1-Watt
Plan」といった電力効率目標の達成に役立ちます。

EnergyLite技術および高性能・高効率を実現する先端アーキテクチャを採用した
STM8Lは、STの先進的な8bitプロセッサ・コアをベースとした3つの製品ラインで
構成されています。STM8Lファミリの導入製品として適しているSTM8L101ラインは、
最大8KBの不揮発性Flashメモリを内蔵し、20 / 28 / 32ピンの低価格かつ
フットプリントの小さなパッケージを選択することができます。

STM8L151 / STM8L152ラインには、最大32KBのFlashメモリと最大2KBのSRAM、
外付け水晶発振子 / クロック機能、拡張リセット機能、およびダイレクト・
メモリ・アクセス(DMA)のサポートが追加されています。また、モータ制御用
タイマ、アナログ機能、リアルタイム・クロック、高速ADコンバータ / DA
コンバータ・モジュール等の周辺機器を使用することができます。さらに、
RWW(Read While Write)機能を持つ内蔵EEPROMが、複雑でコストの
かかるエミュレーション用Flashメモリを節約します。STM8L152には、これらの
機能に加えて、LCDコントローラが内蔵されています。

STM8L101(薄型QFNパッケージ: 3 x 3mm、内蔵Flashメモリ:4KB)の単価は1万個
購入時に約0.61ドルです。大量購入時の単価はお問い合わせください。

EnergyLiteについて
STの超低消費電力技術であるEnergyLiteは、独自の専用プロセスである130 nm
プロセス技術をベースとしており、超低リーク電流を実現するように最適化されて
います。このため、静的モードでも動的モードでも効率が大幅に向上し、他の
省電力イノベーションのための低消費電力基盤を提供します。さらに、低消費
電力の内蔵Flashメモリは、マイコンに電力を供給している間の消費電力低減に
貢献します。また、Flashメモリの電源のみを切ることもできるため、マイコンの
消費電力をさらに低減することができます。

内蔵レギュレータによって消費電力が供給電圧に依存しないため、設計者は、マイ
コンの消費電力を増加させることなくシステムの電力アーキテクチャを最適化でき
ます。同時に、EnergyLiteにより、1.65V~3.6Vの電源電圧の全範囲にわたってCPU
を最大周波数で駆動させることができます。また、内蔵されているアナログ周辺回
路も1.8V時まで完全に機能するため、アナログ回路用電源を別に用意するコストと
電力の無駄を省くことができます。

EnergyLiteを採用したマイコンは、その他の超低消費電力製品と同様に、クロック・
ゲーティング機能を利用することで、使用していない周辺回路における電力消費を
防ぎます。さらに、低消費電力実行モード(5.1μA)、低消費電力待機モード
(3.0μA)、フル・リアルタイム・クロックを使用するアクティブHALTモード
(1.2μA、オート・ウェークアップ使用時は0.9μA)、HALTモード(350 nA)など、
複数の電力管理モードがあります。この製品は、HALT状態から4μ秒以内に起動で
きるため、最小電力モードを頻繁に使用することができます。また、1μA未満のリ
アルタイム・クロックやオート・ウェークアップなどの低消費電力周辺回路により、
さらに電力を節減できます。

STM8Lファミリは、チップ製造、電圧・周波数制御および電力管理にわたる複合的な
EnergyLiteの効果により、動的な消費電流を150μA/MHzまで低減することができます。

また、本プレスリリースは以下のURLでもご覧いただけます。
リンク

STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な半導体
ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、高度な技術力
と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)ポートフォリオ、
戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することにより、マルチメディア・
コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて他社の追随を許さない
リーダーとなることを目指しています。2009年の売上は85.1億ドルでした。
さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人:リンク
STグループ(英語):リンク

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
MMSグループ
TEL:03-5783-8240 FAX:03-5783-8216

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事