logo

TOSHIBA AMERICA BUSINESS SOLUTIONS社、 インフォマティカのクラウド サービスにより営業の生産性向上を実現

技術者ではないビジネスユーザーでも販売プロセスの配備期間が 数ヶ月から数時間へと劇的に短縮

米国カリフォルニア州レッドウッド シティ発 - 2010年5月4日

・データインテグレーションソリューションにおける独立系リーディング
プロバイダーInformatica Corporation(本社: 米国カリフォルニア州
レッドウッドシティ、NASDAQ: INFA、以下「インフォマティカ」)は本日、
Toshiba America Business Solutions(TABS)社がプロセスの標準化に
「Informatica Cloud Services」を導入したことを発表しました。

・同サービスにより、技術的知識のない一般のビジネス ユーザーでも、
重要なアフターセールス サービスおよび顧客リースに関する分単位の
最新情報をSalesforceCRMおよび複数のオンプレミス(自社運用型)
システム間で共有できるビューを作成できます。

・オンプレミス型の統合アプライアンス ソリューションであれば導入に
160時間、トレーニングに1週間を要するプロセスを、インフォマティカ
は1日で実現しました。

・インフォマティカのクラウド データ統合サービスを短時間で展開した
ことにより、Toshiba America Business Solutions社のセールス部門は
即応性と能動性に優れたプロアクティブな組織へ変わることができ
ました。

・コスト削減効果: 専用のハードウェアやソフトウェア、IT開発者などは
一切必要ない柔軟な従量制の価格モデル

・セールスの効率向上: 東芝オフィス製品の販売とサポートに関わる
複数のマニュアル プロセスを排除し、販売と顧客ロイヤルティを促進
するタイムリーで詳細な情報のビューを提供

・ビジネスの敏捷性向上: 取引先および商談管理を含め、重要な販売
プロセスの展開に要する時間が大幅に短縮

コメント
Toshiba社の戦略ビジネスプランニング プロジェクト マネージャ、Alfredo
Ng-Palacol氏は次のように述べています。「Informatica Cloud Servicesに
よって、Toshiba Business Solutions (TBS) がビジネスを進める環境は劇的
に変わりました。お客様について統一されたビューを手にしたことで、当社
のセールスチームはより即応性に優れたサービスを提供できるようになり
ました。今回のソリューション導入にあたり、私たちは使いやすさ、ユーザー
インターフェイスの操作環境、また開発者ではない普通のユーザーがどれ
ほど簡単に扱えるかという観点から3つのソリューションを評価しましたが、
これらすべての基準においてInformatica Cloud Servicesは他をリードする
製品でした」

Toshiba America Business Solutions社について
Toshiba America Business Solutions(TABS)社は、米国、メキシコ、中南米、
カリブ諸国におけるコピー機、ファクシミリ、多機能プリンタ、ネットワーク
コントローラ、トナー製品の製品プランニング、マーケティング、セールス、
サービス サポートおよび流通を管理しています。 同社は電気・電子製品
の分野で世界第7位、売上高世界97位の規模を誇る株式会社東芝の
独立運営企業の1社です。

インフォマティカ社について
Informatica Corporation (NASDAQ: INFA) はデータ インテグレーション
ソフトウェアおよびサービスにおける世界No.1独立系プロバイダーの1社
です。InformaticaPlatformの包括的で、統合された、オープンな、そして
ITコスト低減に向けた経済的なアプローチにより、企業は既存の情報資産
から最大限の価値を引き出すことが可能になります。現在、インフォマティカ
のソリューションは世界4,000社を超える企業において、企業内やクラウド等
の企業外に保有する既存情報資産へのアクセスや統合の実現に活用されて
います。インフォマティカに関する詳細はインフォマティカ・ジャパン株式会社
(代表 03-5229-7211)までお問い合わせいただくか、弊社 Web サイト
リンク をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。