logo

Xtera Communications社およびFraunhofer Heinrich Hertz Institute、技術提携を拡大

Dallas, Texas, May 26, 2010 - (JCN Newswire) - Xtera Communications, Inc.およびFraunhofer Heinrich Hertz Institute (HHI)は、海底および長距離伝送ソリューション分野での技術提携の拡大を、本日発表しました。

Dallas, Texas, May 26, 2010 - (JCN Newswire) - Xtera Communications, Inc.およびFraunhofer Heinrich Hertz Institute (HHI)は、海底および長距離伝送ソリューション分野での技術提携の拡大を、本日発表しました。

HHIは、Xtera社にコンサルティングを独占的に提供し、海底ネットワーク向け次世代伝送ソリューションの開発を支援するため、HHIの世界的に有名な施設と専門知識を使用します。この提携には、先進変調および検知方式での協業が含まれ、Xtera社の海底終端装置を拡張してさらに大容量の提供し、ネットワーク通信事業者がアップグレードを通して海底システムの寿命を延長できるようにする予定です。

「Xtera社との長期提携は、HHIにとって非常に重要です。なぜなら、提携は、非常に需要の高いこの分野における弊社の専門知識レベルの高さを実証し、通信業界での実際的なつながりを固めるのに役立つからです。」と、HHI代表取締役Hans-Joachim Grallertは述べました。

「Xtera社は、世界の海底インフラアップグレードをリードする企業であり、今回の提携を通じて、そのポジションの維持と拡大ができます。このことは、通信事業者が新規システムを構築する必要を無くすのに役立つでしょう。」と、Xtera社執行副社長兼最高執行責任者のHerve Fevrierは述べました。今回の提携は、海底ネットワーク向け高帯域技術の開発でさらにリーダーシップを拡大しようというXtera社のコミットメントを示すものです。

概要:Fraunhofer Heinrich Hertz Instituteについて
Fraunhofer Heinrich Hertz Instituteは、モバイルおよび固定ブロードバンド通信ネットワークおよびマルチメディアシステムの開発をリードするグローバル企業です。フォトニックコンポーネントおよびシステムや光ファイバー・センサー・システムから高速ハードウェアアーキテクチャまで、Heinrich Hertz Instituteは、研究機関や企業などの国際的なパートナーと協業して、グローバル市場向けに、将来のギガビット社会に対応するインフラを開発しています。同時に、ブロードバンドネットワーク用の将来機器も開発しています。主な重点研究分野は、3D TV、3Dディスプレイ、HDTV、ジェスチャー制御ヒューマン・マシン・インターフェース、画像信号処理および伝送、および双方向メディア利用などです。さらに詳しい情報については、 www.hhi.fraunhofer.de をご覧ください。

概要: Xtera Communications社
Xtera Communications社は、最大の容量・到達度・価値を提供するネットワークインフラの専門企業です。大企業や電気通信会社にソリューションを提供しているXtera社は、海底、長距離、リージョナル、メトロ、エンタプライズなどのアプリケーション向けに、多種多様な光およびIPのネットワークソリューションを提供しています。五大陸をまたがり展開をしているXtera社の光伝送ソリューションは、サービスプロバイダが新規展開により市場到達度を拡大・促進し、既存ネットワーク資産をコスト効果の高いアップグレードで拡張します。弊社のWANトラフィック管理向けIPネットワーキングソリューションは、効率的かつ柔軟にネットワークを最適化します。Xtera社の革新的な技術は、画期的な品質とパフォーマンスを提供し、お客様の成功を推進します。詳しい情報は www.xtera.com をご覧ください。

お問合せ先:

プレスお問い合わせ先
Lily Mak
Xtera Communications社
Tel: +1 972 649 5138
Email: Lily.Mak@xtera.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。