logo

M2Mアプリケーションのソフトウエア

セルラーM2Mのソフトウエアベンダと無線センサーネットワーク市場のビジネスチャンス

米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「M2Mアプリケーションのソフトウエア:セルラーM2Mのソフトウエアベンダと無線センサーネットワーク市場のビジネスチャンス」は、M2Mソフトウェアのなかでも特に、使いやすくてコストが安く、様々な垂直市場でアプリケーション開発者によるM2M開発がより迅速に行える、ベンダ提供のソフトウエアプラットフォームについて調査している。この市場の3つのセグメントについて、ビジネスチャンスと市場傾向を分析している。3つのセグメントとは、接続デバイスプラットフォーム(セルラーインフラによるM2Mアプリケーションへの接続を容易にするソフトウエア)、無線センサーネットワークシステムソフトウエア(センサーベースのM2Mアプリケーションにより簡単に統合できるWSNのソフトウエア)、M2Mアプリケーションプラットフォーム(遠隔のデバイスをより簡単にM2Mアプリケーションに統合することのできるソフトウエア)である。
それぞれのセグメントについて、ベンダ、特徴、機能、市場傾向を記載している。これらのセグメントはそれぞれ、主に北米や欧州の、比較的小規模な私企業からなるベンダコミュニティによって形成されている。ABIリサーチは、M2Mソフトウエアの世界市場は、2009-2015年に、約1億9200万ドルから21億ドルに上昇すると予測している。

【調査レポート】
M2Mアプリケーションのソフトウエア:セルラーM2Mのソフトウエアベンダと無線センサーネットワーク市場のビジネスチャンス
Software for M2M Applications
Opportunities for Software Vendors in the Cellular M2M and Wireless Sensor Networking Markets
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。