logo

超小型・低消費電力のインテリシ゛ェント・ハ゜ワー・スイッチICにより、VIPower(TM)製品ホ゜ートフォリオを拡充

STマイクロエレクトロニクス 2010年05月25日 10時28分
From PR TIMES

STの優れたプロセス技術を活用し、効率と保護回路を強化した小型デバイス



パワー半導体の世界的リーダーであるSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、
以下ST)は、産業機器の制御用途に向けて、精度の改善によってエネルギー損失を
最小化し、障害発生時のシステム誤動作を防止するインテリジェント・パワー・
スイッチICを発表しました。これらの先進機能は、競合製品よりも低い過負荷電流
制限により、システム復旧時における安定した電力状態の維持を可能にするSTの
最新世代のVIPower(TM)技術によって実現されています。

VNI2140Jは、2個の出力チャネルを集積したソリューションで、プログラマブル・
ロジック・コントローラ(PLC)、ペリフェラルI/O、産業用プロセス制御、
ロボット、自動販売機、監視システム、織機といった機器の設計の簡略化、
信頼性の向上、基板スペースの節約を実現します。

VNI2140J は、既に1・4・8チャネル品が揃っているVIPower製品ポートフォリオに
新たに加わります。VNI2140Jは、基板スペースを節約する実装面積(6 x 5mm)の
パッケージに、必要とされる全てのロジック、ドライバ回路、パワー段、保護機能、
および診断機能を集積しています。この製品の入力はTTL/CMOS(3.3V)ロジック
と互換性があります。出力はハイサイド構成で接続され、2個の独立した抵抗負荷、
誘導性負荷、そして容量性負荷の駆動が可能です。

VNI2140Jには、チャネルごとに独立したアクティブ電流制限を備えた負荷短絡保護
機能内蔵されており、負荷の異常によるシステム電源のプルダウンを防止します。
いずれかのチャネルが過負荷状態に陥った場合は、該当チャネルのみが単独で
シャットダウンされ、もう一方のチャネルは通常動作を継続します。シャット
ダウンされたチャネルは、接合部温度が正常に戻ると自動的に動作を再開します。
両方のチャネルが過負荷状態に陥った場合は、電源から高いピーク電流が流れるの
を避けるために、各チャネルが異なるタイミングで動作を再開します。また、
その他の特長として、グラウンドとの接続の切断に対する保護や、シャットダウン
時の負荷開放検出などの診断機能があり、堅牢で高機能なソリューションを
実現する上で役立ちます。

VNI2140Jの特徴
・電源電圧:9V~36V
・通常動作時の高効率を実現する低いオン抵抗:0.08Ω
・公称電流:0.5A (チャネルあたり)
・出力電流制限値:1A以上 (チャネルあたり)
・誘導性負荷の高速消磁機能
・プログラマブル・コントローラのアプリケーションで必要とされる
 IEC 61131-2規格に準拠

VNI2140Jは現在量産中で、PowerSSO-12(TM)パッケージで提供されます。単価は、
100個購入時に約1.50ドルです。大量購入時の単価はについては、
お問い合わせ下さい。

また、本プレスリリースは以下のURLでもご覧いただけます。
リンク

STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な半導体
ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、高度な技術力
と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)ポートフォリオ、
戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することにより、マルチメディア・
コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて他社の追随を許さない
リーダーとなることを目指しています。2009年の売上は85.1億ドルでした。
さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人:リンク
STグループ(英語):リンク

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
APMグループ
TEL:03-5783-8250 FAX:03-5783-8216

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。