logo

SEBRA社、企業開発計画の一環として、Vanteと社名変更

Tucson, AZ, May 20, 2010 - (JCN Newswire) - SEBRA社は、企業開発計画の一環として、Vanteと社名変更いたします。

Tucson, AZ, May 20, 2010 - (JCN Newswire) - SEBRA社は、企業開発計画の一環として、Vanteと社名変更いたします。


「社名の変更はいたしますが、弊社が30年間お客様に提供してきた優れた製品、サービスおよびサポートには変更がありません。」と、Vante社会長で社長兼CEOのRoger Vogelは述べました。「弊社のミッションは、今までと同じく、クラス最高の製品を製造しながら、お客様の効率向上と運用コスト全体の削減を支援することです。」


Vante社は、従業員所有のグローバル技術会社で、医療用プラスチックの正確なマニピュレーション用のクラス最高の製品を設計・製造しています。カテーテル開発と製造、バイオ製薬製品、および関連エンジニアリングサービスを専門にしています。何十社もの国際的なバイオ技術および製薬企業が、同社の各種バイオ技術製品を活用しています。


「昨年弊社は、血液採取・処理部門とブランド名SEBRAを売却しました。」と、Roger Vogelは述べました。「この販売により、お客様や業界のニーズに対応し、グローバル医療機器製造業界向けに最新のイノベーションとソリューションを開発・発売するために、医療機器製造製品ポートフォリオ拡大を行う大量の資金を獲得しました。これは、Vante社にとってすばらしい発展です。」


「Vante社は、米国や海外のプラントで、製品の設計と製造を行っています。」と、Vante社販売・マーケティング本部長で副社長のBrent Fausettは述べました。「今回の国際的なアプローチは、弊社の販売、マーケティングおよびサービス施策に反映されています。実際、Vante社製品は何十か国で販売され活用されています。さらに、弊社の収益源の地理的分散を図ることで、Vante社は、グローバルビジネス窓口、ノウハウ、経験からの学習など、弊社が価値の高い企業アセットと考えているものを、このアプローチを通じて得ることができました。」


Vante社は、OEM(Original Equipment Manufacturer)や流通業者に対する直接的な販売チャネルシステムを全世界に持っています。同社は、医療分野の大手企業と、次のようなイノベーティブな戦略的パートナーシップを開始しています。


- ASG Medical Systemsとの提携により、画期的な自動ティッピングシステムを製造し、関連機器の容量を効果的に倍増し、投資回収率を向上
- ヘモネティクス社との協業で契約調査と開発を実施
- CaridianBCT社、バクスター社、テルモ社などの企業と製品開発・エンジニアリングで提携


さらに詳しい情報については www.vante.com をご覧ください。


営業お問合せ先:
Steve Crooks
販売担当者
Tel:520-881-6555


メディア問い合わせ先:
Peter Schwartz
Tel:520-609-2921

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事