logo

MCASがマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験に名称を変更

マイクロソフト認定アプリケーション スペシャリスト(MCAS)はマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験に



株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ(東京都千代田区、代表取締役社長:出張勝也)は、2010年6月3日(水)より、「マイクロソフト認定アプリケーション スペシャリスト(MCAS)」の名称を「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験」へ変更することを発表いたします。

マイクロソフト認定アプリケーション スペシャリスト(MCAS)は、Excel(R) 2007やWord 2007などMicrosoft(R) Office 2007 製品に関する知識、スキル、能力を証明する資格試験として2007年7月より実施されてきましたが、Office XPおよび、Office 2003バージョン製品に関する資格試験として皆様に親しまれている「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験」に資格名称が変更、統一されることになります。
名称は変更されますが、試験範囲や合格基準など、試験内容に関する変更はありません。

■名称変更の理由
米国マイクロソフトによる、「MCAS」の認知度調査の結果、市場における「Microsoft Office Specialist (MOS)試験」の認知度の高さが証明されたため、Office XP、Office 2003と同様に、Office 2007バージョンの試験もOffice製品との関連性が視覚的にもわかりやすい「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」に名称を統一することになりました。

■名称変更に伴い変更される事項
名称変更に伴い、ロゴや認定証のデザインが変更されます。また、 マイクロソフト オフィス マスター(2007)は、Word、Excel、PowerPoint(R)の3科目の合格とOutlook(R) または Access(R)のいずれかの合格が取得条件となります。

今後は、「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験」の名称のもと、Microsoft Office 製品の、XP、2003、2007の3つのバージョンで、それぞれ試験が実際されることとなります。
Office 製品の利用スキルを証明する資格試験「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験」を引き続き、ご支援よろしくお願いいたします。

◆MCASの名称変更に関するお問い合わせ先:
株式会社オデッセイ コミュニケーションズ
カスタマーサービス
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビルB1
電話番号 03-5293-1881(平日10:00-18:00)
リンク 
Eメール mail@odyssey-com.co.jp 

※ Microsoft、Excel、PowerPoint、Access、Outlookは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事