logo

「韓国スマートグリッドの動向~世界のスマートグリッド市場先行獲得を目指す官民一体となった韓国の戦略~」調査報告書を発表

ROA Groupの最新調査報告書

アジアICT業界のリサーチ・コンサルティングを幅広く展開する国際リーディング企業の株式会社ROA Group(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:李承勲)は、調査・分析レポート「韓国スマートグリッドの動向~世界のスマートグリッド市場先行獲得を目指す官民一体となった韓国の戦略~」を刊行し、販売を開始いたしました。

■報告書の概要

韓国政府は世界スマートグリッド市場の急成長を見据え、スマートグリッドを半導体やITに続く新たな成長産業として育成することを明らかにしました。2010年1月には「スマートグリッド国家ロードマップ」が正式に公表され、韓国版スマートグリッド政策は韓国内のエネルギー政策の期待効果だけではなく、輸出産業育成を目的とした政策としても位置づけられるという点が特徴として挙げられます。
本レポートでは、韓国の「スマートグリッド国家ロードマップ」及び国家戦略を分析すると共に、韓国企業の動向およびビジネスモデルについて調査を行いました。


本レポートのエグゼクティブサマリーは、下記ホームページでご覧いただけます。
リンク


■目次

エグゼクティブサマリー

1 スマートグリッドの概念

2 韓国版スマートグリッドの背景
 2-1 スマートグリッド推進の政策的ポジショニング
 2-2 韓国のスマートグリッド関連産業構造及び国際競争力の現況
  2-2-1 電力産業
  2-2-2 電気機器産業
  2-2-3 電子産業
  2-2-4 スマートグリッド関連技術水準
 2-3 韓国版スマートグリッドをめぐる経緯

3 韓国版スマートグリッド推進政策
 3-1 韓国版スマートグリッドの5大推進分野選定
 3-2 段階別スマートグリッド構築シナリオ作成
 3-3 積極的なスマートグリッド標準化推進
 3-4 政策的支援の根拠を準備するスマートグリッド特別法
 3-5 済州島実証団地
 3-6 世界市場進出支援

4 韓国企業によるスマートグリッドの取り組み
 4-1 韓国版スマートグリッド市場勢力構図
  4-1-1 Smart Place-知能型消費者市場
  4-1-2 Smart Transport-電気自動車用充電、知能型運送市場
  4-1-3 Smart Renewable-新・再生エネルギー市場
 4-2 輸出戦略が展開されるスマートメーター、Smart Placeにおける韓国5大事業者の動向
  4-2-1 韓国電力
   4-2-1-1 事業概要とスマートグリッドのポジショニング
   4-2-1-2 サービス開発動向
  4-2-2 SKテレコム
   4-2-2-1 事業概要とスマートグリッドのポジショニング
   4-2-2-2 サービス開発動向
  4-2-3 KT
   4-2-3-1 事業概要とスマートグリッドのポジショニング
   4-2-3-2 サービス開発動向
  4-2-4 LS産電
   4-2-4-1 事業概要とスマートグリッドのポジショニング
   4-2-4-2 サービス開発動向
  4-2-5 ヌリテレコム
   4-2-5-1 事業概要とスマートグリッドのポジショニング
   4-2-5-2 サービス開発動向

5 韓国版スマートグリッドの期待と課題

6 インプリケーション


図目次
[図1-1]スマートグリッドの概念
[図2-1]主要国のスマートグリッドポジショニング比較
[図2-2]韓国電力産業の構造
[図2-3]韓国企業の家電、携帯電話、薄型テレビ産業での世界市場シェア(2008年)
[図3-1]韓国版スマートグリッド5大推進分野及び相互関係
[図3-2]韓国版スマートグリッドロードマップ構成概要(2010~2030年)
[図3-3]韓国スマートグリッド標準化推進関連組織体制
[図3-4]済州地域のエネルギー関連施設及びスマートグリッド実証団地の配置
[図4-1]済州スマートグリッド実証団地コンソーシアムへの企業参加状況
[図4-2]韓国版Smart Placeアーキテクチャ概要
[図4-3]韓国電力の配電知能化システム構成及びその他システムとのインターフェース概要
[図4-4]韓国電力スマートサービスの段階的開発
[図4-5]韓国電力の電力サービスコンサルティングサービス(PCCS: Power Consumption Consulting System)ウェブ画面
[図4-6]SKテレコムの済州実証団地インフラ展開ロードマップ
[図4-7]SKテレコムのスマートグリッドビジネスモデル区分及び開発方向性
[図4-8]KTのスマートグリッドにおけるICTの役割定義
[図4-9]KTのSmart Placeビジネスモデル区分(全体像)
[図4-10]KTのSmart Placeビジネスモデル区分(個別)
[図4-11]LS産電のスマートグリッド関連ソリューション
[図4-12]LS産電のSmart Place構築ソリューション
[図4-13]ヌリテレコムの遠隔検針ソリューション「AiMiR」の構成イメージ
[図5-1]韓国版スマートグリッド政策の期待効果(2012~2030年)


表目次
[表2-1]韓国の送配電損失率及び停電時間の国際比較
[表3-1]韓国版スマートグリッドの中心となる技術ディレクトリ
[表3-2]韓国版スマートグリッド―知能型電力網構築の段階別推進目標
[表3-3]韓国版スマートグリッド―知能型消費者構築の段階別推進目標
[表3-4]韓国版スマートグリッド―知能型運送構築の段階別推進目標
[表3-5]韓国版スマートグリッド―知能型新・再生構築の段階別推進目標
[表3-6]韓国版スマートグリッド―知能型サービス構築の段階別推進目標
[表3-7]スマートグリッド分野別の標準化動向
[表3-8]済州スマートグリッド実証団地の事業概要
[表4-1]韓国電力公社の企業構成概要
[表4-2]韓国電力のスマートグリッド要素技術区分と現在の技術開発状況
[表4-3]韓国電力のスマートメーター普及プラン(2020年まで)
[表4-4]SKグループ構成概要
[表4-5]LSグループ構成概要
[表4-6]LS産電のスマートグリッド推進のためのスモールM&A


■商品概要

発行:株式会社ROA Group
発刊:2010年4月
判型:ワードA4 カラーコピー印刷 ページ数:69頁
調査・製作 : 株式会社 ROA Group
価格(税込・送料込) :
- 99,750円 (PDF(CD-ROM)版)
- 99,750円 (印刷版)
- 102,900円 (PDF(CD-ROM)+印刷版)

<お申し込み方法>
次のURLからお申し込みいただけます。
(エグゼクティブサマリーもPDFでダウンロードいただけます)

リンク


■会社概要

社名 : 株式会社ROA Group
所在地 : 東京都新宿区新宿1-10-5 岡田ビル4F
TEL: 03-3356-0874 FAX: 03-3356-0875
URL :  リンク
Email : research@researchonasia.com
その他支店 : ソウル支社、上海支社
代表者 : 代表取締役社長 李 承 勲 (Steve Lee)
事業内容 : 受託調査、調査レポート発行、年間サービス
専門研究分野 : アジアを中心とした通信産業及びデジタルコンバージェンス産業


■本プレスリリースについてのお問い合わせ

株式会社ROA Group レポート・マーケティングチーム 担当:木村
TEL: 03-3356-0874 Email: report@researchonasia.com

このプレスリリースの付帯情報

韓国版スマートグリッド政策の期待効果(2012~2030年)

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。