logo

箕面市立の小・中学校全校で学校防犯システムが稼働します

箕面市では、すべての小・中学校において、子どもの安全を確保しご家庭へ安心を届けるため、学校防犯システムの運用をスタートします。
採用するシステムは、(株)NTT西日本-中国の学校防犯システム「ツイタもん」で、6月以降、準備の整った学校から順次稼働します。
「ツイタもん」は、子どもがICタグを持つことで、学校が登下校情報を把握するとともに、防犯カメラで子どもの登下校を見守るシステムです。
また、ご希望の家庭に子どもの登下校時刻をメールでお知らせするサービス(有償)も開始します。

 【導入の背景】
昨年度、(株式会社)NTT西日本-中国が無償で提供する「ツイタもん」の導入に合わせ、総務省の交付金32,000千円を活用し、市財政負担なしで、電気錠や防犯カメラの設置、フェンスのかさ上げなどを実施し、さらに学校の防犯対策を進めました。
【システムの概要】
◆校門付近に設置されたICタグリーダーが
子どもの携帯するICタグ(無償で貸与、 縦57ミリメートル,横40ミリメートル,厚さ6ミリメートル)を感知し、
学校の職員室に設置されたパソコンで登下校情報を最長7日間保存します。

◆合わせて、防犯カメラが子どもの登下校状況を見守り、映像データを最長7日間保存します。

*もしもの時に、登下校時刻の記録と映像をさかのぼって確認し、初動対応に役立てることができます。
【メール配信サービス】
◆ご希望の家庭には、子どもの登下校時刻をメールで配信する有償サービスも提供します。(420円/月。保護者が(株)NTT西日本-中国と契約)

*子どもの登下校情報がリアルタイムで届き、安心です。
問い合わせ先
教育推進部 学校管理課
TEL 072-724-6760(直通)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事