logo

HOME'Sマーケットレポート【流通:首都圏】(2010年3月度)

HOME'Sマーケットレポート【流通:首都圏】(2010年3月度)

・戸建版    ≪埼玉県のみ築10年未満と築10年以上ともに供給増に≫
・土地版    ≪12月から続いた問合せ物件の指数上昇傾向が反転≫
・マンション版 ≪1月2月と続いた首都圏のマンション供給増に一服感≫



本日「HOME'Sマーケットレポート」2010年3月度版を発行いたしました。

以下、今回の主要トピックスをご紹介いたします。


       リンク



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【流通:首都圏 戸建版】
 ≪埼玉県のみ築10年未満と築10年以上ともに供給増に≫

■物件供給量
 ・首都圏全体で築10年未満が減少に転じる。築10年以上は+0.7ポイントと
  緩やかな供給増。
 ・減少が目立った築10年未満は、埼玉県越谷エリアの▲7.4ポイント、
  千葉県柏エリアの▲4.2ポイント、千葉県千葉・成田エリアの▲5.6ポイント。
 ・対前年比では、築10年未満が▲32.3ポイントと大幅な減少を継続。
 ・築10年以上は築10年未満と異なり、一昨年同月の供給量を超えるトレンド
  となっている。
 (Excel版、あるいは2009年3月度版を参照ください)

■平均坪単価
 ・首都圏の築10年未満は平均面積が前月より減少しているにも関わらず、
  平均坪単価は、+0.4ポイントと増加。
 ・特に千葉県の築10年以上は市川・船橋エリアが牽引し、平均面積が
  ▲7.3ポイントであるのに対し、平均坪単価が+21.3ポイントと大幅上昇。

■問合せ物件平均価格
 ・築10年以上が、2月の対前月比▲10.0ポイントから+4.5ポイントへ大きく増加。

■問合せ駅ランキング
 ・築10年未満は、1位「朝霞台」、2位「朝霞」、3位「ひばりヶ丘」
 ・築10年以上は、1位「石神井公園」、2位「祖師ヶ谷大蔵」3位「五香」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【流通:首都圏 土地版】
 ≪12月から続いた問合せ物件の指数上昇傾向が反転≫

■物件供給量
 ・埼玉県の供給量が+1.2ポイントになったほかは、首都圏全体で供給量が
  下げ止まらず。
 ・特に下げ幅が大きかったのは、東京都城北エリアで▲11.4ポイント、
  城東エリアで▲5.7ポ イント、城西エリアで▲7.6ポイント、
  神奈川県湘南エリアで▲8.7ポイント。
 ・対前年比で▲14.3ポイントと、先月の対前年比▲12.0ポイントから
  マイナス幅を拡大。

■平均坪単価
 ・埼玉県の+0.4ポイント、東京都城西エリアの+4.9ポイントをのぞき、
  ほぼ全てのエリアで漸減。

■問い合わせ物件
 ・12月から続いた上昇傾向が反転、平均坪単価▲2.6ポイント、平均価格
  ▲5.2ポイント、平均面積▲4.9ポイントとそろって下落。
 ・対前年比では継続してマイナス基調。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【流通:首都圏 マンション版】
 ≪1月2月と続いた首都圏のマンション供給増に一服感≫

■物件供給量
 ・1月、2月と続いた供給増に一服感。東京都都心エリアの築10年以上が
  +9.0ポイント、東京都城南エリアの築10年以上で+3.4ポイントのほかは、
  多くのエリアで減少へ。
 ・神奈川県川崎エリアの築10年以上は▲10.8ポイント。千葉県柏エリアの
  築10年未満は▲17.0ポイントと大幅減少。

■平均坪単価
 ・神奈川県の築10年未満などをのぞき、首都圏全体で上昇に転じる。
 ・東京都が顕著で、築10年未満で+0.5ポイント、築10年以上で+1.2ポイント。

 ■問合せ物件
 ・対前年比で、築10年未満の問合せ物件の低下傾向、築10年以上の増加傾向は、
  先月同様に推移。

■問合せ駅ランキング
 ・築10年未満は、1位「広尾」、2位「茗荷谷」、3位「西船橋」
 ・築10年以上は、1位「荻窪」、2位「船橋」、3位「桜新町」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この他にも
【賃貸:首都圏】を発行しております。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

詳しくは、下記URLよりダウンロードの上、ご参照ください。
リンク

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ネクスト 管理本部
コーポレートコミュニケーショングループ 皆川、鈴木、桑波田
TEL:03-6204-4067 FAX:03-6204-3963 E-MAIL:press@next-group.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事