logo

3PAR がクラウド・セキュリティ・アライアンス(CSA)に加盟 ストレージ・ベンダー初のメンバー企業に

(4月26日米国本社発 日本語抄訳)
ユーティリティ・ストレージのグローバル・プロバイダーである米国3PAR(スリーパー)(NYSE: PAR)は、ストレージ・ベンダーとして初めて、クラウド・セキュリティ・アライアンス(CSA)に加盟しました。これまでユーティリティ・ストレージで培ってきた高い専門性とリーダーシップをもとに、クラウド・コンピューティング環境でも安心できる、データ保存と管理に関するベスト・プラクティスやガイダンスの策定を行います。特にディザスタ・リカバリー(災害復旧)、ユーザー、ホスト、アプリケーション・データの確実な分離、および電子証拠開示や企業コンプライアンスのためのデータの「ロックダウン(施錠)」に注力します。

2008年に結成されたCSAは、新しいコンピューティング形態への支援を通じて、クラウド・コンピューティングでのセキュリティを確実にするベストプラクティスの普及促進と、IT業界におけるクラウド・コンピューティングの啓蒙を行っています。3PARは2009年7月に「クラウド・アジャイル・プログラム」を発表し、クラウド・コンピューティング・サービスがもたらす効率性や俊敏性を世に知らせました。同プログラムは、参加者それぞれがメリットを得られる、クラウド・コンピューティングのエコシステム構築を促すものです。CSAへの参加によって、3PARはCSAの活動を支援しつつ、特にクラウド・セキュリティ・スタンダードへのニーズを中心として普及を進めていきます。

CSAの創立メンバーであるJim Reavis氏は次のように述べています。「世界のトップ・サービス・プロバイダーの多くが3PARユーティリティ・ストレージによって自社のクラウド型サービス・ラインを展開する現在、グローバル・サービス・プロバイダー市場において3PARが果たしている役割は、CSAに高い価値をもたらします。また3PARが自社のプログラムを通じて、クラウドにおけるセキュリティ上の課題に、企業やサービス・プロバイダーと共に取り組んできた経験は、当アライアンスが今後クラウド向けセキュリティ・スタンダードやベスト・プラクティスを策定していく上で、貴重なものとなるでしょう」

3PARの社長兼CEOであるDavid Scottは次のように述べています。
「クラウド・コンピューティングの核心部には、俊敏性とセキュリティを求めるニーズがあります。3PARとCSAは、新しいクラウド・コンピューティング・パラダイムにおいてコスト効率を高め、お客様のデータが安全に、確実に保護され続けるよう注力しています。災害復旧向けのソリューションである3PAR Remote
Copyや、ストレージ・レベルでのデータの安全性を確実にするソリューションの3PAR Virtual Domainsを備えた3PARユーティリティ・ストレージは、クラウド環境の安全を確実なものにするために作られたストレージであり、3PARのCSAへの加盟は自然の流れといえます」

【クラウド・セキュリティ・アライアンスについて】
クラウド・セキュリティ・アライアンス(CSA)は非営利の業界団体であり、クラウド・コンピューティングでの安全性を確保するベスト・プラクティスの活用の推進と、他のあらゆるコンピューティング形態を保護すべく、クラウド・コンピューティングの活用に関する啓蒙をミッションとしています。クラウド・セキュリティ・アライアンスは、業界の専門家、企業、団体、その他のステークホルダーによって構成されます。詳しくはクラウド・セキュリティ・アライアンのウェブサイト(www.cloudsecurityalliance.org)をご参照ください。

以上



3PAR(スリーパー)について
3PAR(NYSE: PAR 本社:米国カリフォルニア州フリーモント)は、高度に仮想化された階層型でマルチテナンシー対応のユーティリティ・ストレージの提供を通じて、クラウド・コンピューティング(パブリック/プライベート)を実現するリーディングカンパニーです。3PARの仮想化ストレージ・プラットフォームは、従来型のストレージ・アレイが直面していた限界を克服し、機動性と効率性を兼ね備えたユーティリティ・インフラストラクチャを実現できるよう、一から設計されています。シンプロビジョニングをはじめ数々のストレージ仮想化技術のパイオニアである3PARの製品は、電力消費量を抑えるよう設計により企業のグリーン・コンピューティングの実践を支援し、ストレージTCO(ストレージの総所有コスト)を削減します。3PARの顧客は、「自己管理」、「高効率」、「柔軟な適応力」を特長とする3PARのユーティリティ・ストレージ・システムの導入によって、「ストレージ管理時間の短縮」、「プロビジョニングの簡素化」、 「サーバおよびストレージ使用率の向上」を一挙に実現し、企業規模の拡大やビジネス・ニーズの変化に応じてITインフラストラクチャを最適化できます。

3PAR株式会社(東京都千代田区)は、3PARの日本法人です。
詳細についてはホームページ(www.3PAR.jp)をご参照ください。

用語解説

Copyright:
2010 3PAR Inc. 3PAR, 3PAR ロゴ、Serving Information、InServ、 InForm、 InSpireおよびThin Built In は、いずれも3PAR Inc.の登録商標もしくは商標です。その他の全ての商標と登録商標はそれぞれの所有者に帰属します。

関連情報
http://3PAR.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事