logo

ワードとエクセルの日本代表が決定『Microsoft(R) Office 世界学生大会2010』

2010年8月に決勝戦の地アメリカへ。世界各国の学生たちと世界チャンピオンのタイトルを競う!



250万人が受験しているマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験を実施・運営する株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ(東京都千代田区代表取締役:出張勝也)が『Microsoft Office 世界学生大会2010』の日本大会を開催し、激戦の末、日本代表が決定しました。

<日本代表> ※敬称略

【ワード部門】
岡山中学校・岡山高等学校 1年/奈佐 航己
学校法人柳商学園 柳川高等学校 3年/藤吉 志帆

【エクセル部門】
日本女子大学 3年/中尾 円香
専門学校メトロコンピュータカレッジ 2年/岩里 潤慈
早稲田大学 1年/佐志原 美潮 (湘南白百合学園高等学校卒業)

大会の結果は公式サイトをご覧ください。
リンク

日本代表は、8月8日~8月10日(現地時間)にアメリカ(ユタ州)で開催される決勝戦で、世界各国から選出された代表者たちと大会専用のワードまたはエクセルの試験を受験し点数を競います。見事1位となると世界チャンピオンとなります。

<表彰式>
表彰式を下記の通り開催します。取材・撮影の時間も予定しておりますので末尾の弊社担当までお問い合わせください。
日時:2010年6月21日(月)14時より開始
場所:東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内3丁目5番1号)
地図 リンク
主催:株式会社オデッセイ コミュニケーションズ
協賛:マイクロソフト株式会社、富士通エフ・オー・エム株式会社、株式会社日経BP、株式会社ユーキャン、株式会社翔泳社

■ Microsoft Office 世界学生大会2010とは
本大会は、試験の配信元である米国Certiport社と株式会社 オデッセイ コミュニケーションズが主催する大会で、今回で8回目を迎えます。昨年は世界53ヶ国から延べ8万人が参加し、日本からは延べ1万人の学生が参加しました。アメリカで開催される決勝戦へ日本代表を派遣するにあたって日本大会を開催しました。

<選考方法>
1次選考
マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験のワードもしくはエクセルに合格し、公式サイトに申し込みいただいた方の中から、大学・短期大学部門、専門学校部門、高等学校・高等専門学校・高等専修学校部門ごとに、得点順に上位20名を選出。

2次選考
各部門の金賞、銀賞、銅賞の学生は2次選考の課題(小論文)と成績証明書を提出。1次選考の試験結果と合わせ、総合的に判断した結果、ワードとエクセルの日本代表を決定。

【参考】世界学生大会とはリンク
昨年度は毎日新聞など多くのメディアにも取り上げられました。
リンク

■ マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験とは
累計受験者数が250万人を突破した人気の資格です。企業で使われているワード、エクセル、パワーポイントなどを使いこなすスキルは、業界や職種を問わず“仕事に役立つ実務能力”として様々な企業で求められています。採用いただいた企業においては、「事務処理が速く、正確になった」、「より説得力のある資料が作成できるようになった」と資格取得の効果を実感していただいております。一方、履歴書に書ける資格として、学生や再就職を目指す方の取得も増えています。
※Office 2007に対応した試験はMCASと呼んでいます。

学生の合格の声:リンク

また、授業や課外講座で活用する教育機関もあります。
教育機関での活用事例:リンク

詳細は公式サイトをご覧下さい。リンク

■ 本件に関するお問い合せ
株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ 「世界学生大会」担当:山崎・佐藤
TEL. 03-5293-1885(平日9時~18時)
Eメール competition@odyssey-com.co.jp
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル
リンク

※ MOS:マイクロソフト オフィス スペシャリスト(Microsoft Office Specialist) MCAS:マイクロソフト認定 アプリケーション スペシャリスト(Microsoft Certified Application Specialist)
※ Microsoftは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。