logo

 インフォマティカ、データ主導型のエンタープライズ環境を実現する            新しいサポート サービスを発表

 - 重要なデータ統合プロセスをプロアクティブにモニタリングする                  画期的な新機能 -

米国カリフォルニア州レッドウッドシティ発 - 2010年4月27日 - データ
インテグレーションソリューションにおける独立系リーディングプロバイダー
Informatica Corporation(本社: 米国カリフォルニア州レッドウッドシティ、
NASDAQ: INFA、以下「インフォマティカ」)は本日、Informatica Global
Customer Support (インフォマティカ・グローバル・カスタマ・サポート)
プログラムの一部として、プロアクティブなサポート機能を含む新しい
カスタマサポート サービスを発表しました。

インフォマティカは、ますます難しさと多様性が増している今日のデータ
統合プロジェクト タイプに沿った最適なサポートを提供するため、カスタマ
サポート スイートのオプションを拡充しました。既存のプログラムとともに
提供されるこれらの新しいサービスによって、ユーザーはこれまで以上に
迅速にソリューションの価値を引き出しながらTCO(総所有コスト)を削減
し、プロジェクトを継続的に成功できるようになります。

ナイキ社のICC(インテグレーション コンピテンシ センター)ディレクタ、
スティーヴ・デニス(Steve Dennis)氏は次のように述べています。「当社
のデータ統合プロジェクトの立ち上げを成功へと導く上で、インフォマティカ
社のグローバル・カスタマ・サポートは非常に重要な役割を果たしました。
長年にわたり革新的でタイムリーなサービスとサポートを通じて常に高い
価値を提供してきたインフォマティカ社は、当社を含む幅広い顧客にとって、
信頼できるアドバイザとしての役割を果たしています」

多層型のサポート構造
インフォマティカのカスタマサポートは、プロジェクトのあらゆる要件へ
応えられるようにカスタマイズされた3つのティア(層)で構成されてい
ます。
・標準サポート- バッチ式のデータ統合など、データ レイテンシ
(待ち時間)の影響が少ない単一のプロジェクト環境をサポート
します。
・エンタープライズ サポート- より多様で高度な要件が求められる
分析データ、リアルタイムデータ、オペレーショナル データなどの統合
環境をサポートします。
・ミッション クリティカルサポート - リアルタイム機能を含め、複数の
ビジネス統合プロジェクトをサポートします。

エンタープライズ サポートとミッション クリティカル サポートのティアには、
現在増えてきている複雑で低いレイテンシのマルチプロジェクト環境向け
にカスタマイズされた新しいサポート サービスが組み込まれています。
これらは、バージョン サポートの延長、継続対応SLA(サービスレベル
契約)、簡約化されたオンライン エスカレーション、新しい革新的な
Informatica Support Consoleの無償eラーニングといった幅広い
サービスを提供するものであり、新たなレベルのプロアクティブな
サポート サービスを実現します。

リサーチ大手IDC社のソフトウェア プライシング、ライセンシング、
デリバリ担当プログラム ディレクタ、エイミー・コナリー(Amy Konary)氏
は次のように述べています。「顧客がITプロジェクトから高い価値を得る
と同時にコスト削減を実現できるように顧客と連携していく上で、一流の
グローバルカスタマサポート チームとサポート サービスを提供することは、
ベンダーにとって本当の意味の差別化要因となります。本日、インフォ
マティカ社はサポートに対する世界中の顧客のニーズの高まりに応える
サービスを実現したことで、業界に大きな一歩を刻みました。 今までと
変わらないレベルの投資で幅広いタイプのデータ統合プロジェクトへの
ソリューションを企業に提供する同社のカスタマサポート オプションの
スイートは、今日の厳しい経済環境を背景に広く受け入れられています」

Informatica Support Consoleの統合された単一のインタラクティブな
インターフェイスでは、顧客のInformatica Platform環境をリモートから
能動的にモニタリングし、管理できます。また、エージェント不要で
プラットフォームに依存しないアーキテクチャによって、次のことが可能
になります。
・問題をリアルタイムに検出し、ダウンタイムのリスクを軽減
・高度にカスタマイズされた先進の診断ツールを実行
・アクティブ アラートを設定
・サービス リクエストの発信と「ライブ」のオンライン ヘルプの起動
・データ統合環境全体の定期的な健康診断とパフォーマンス チェック

カスタマサポートが顧客満足度の重要な要素となっているIT業界に
おいて、Informatica Global Customer Support (インフォマティカ・
グローバル・カスタマ・サポート)は「Best Use of Technology in Customer
Service」の2009 Stevie AwardおよびService & Support Professionals
Associationの「Rated Outstanding」認定をはじめとする数々の賞に加え、
独立系リサーチ企業TNS社が実施した2009年度のデータ統合ソリュー
ション顧客満足度調査において、4年連続で顧客ロイヤルティのトップの
座に輝いています。

インフォマティカのグローバル カスタマサポート担当SVP(シニア バイス
プレジデント)、アンサ・セカラン(Ansa Sekharan)は次のように述べてい
ます。「サポートに対するお客様の投資が全般的に冷え込んでいる今
だからこそ、当社にとって最も重要な部分であるサポート サービスが、
その真価を発揮しています。お客様の成功に対する確固とした取組みの
一環として先頃リリースした「Informatica 9」プラットフォーム*1によって、
当社は着実にサポート環境を進化させています。本日発表した、業務
効率の向上新たな機能を通じ、お客様は今日の複雑なデータ管理に
伴う様々な課題を迅速に解消できるようになるでしょう」
*1 「Informatica 9」の日本でのリリースは、今秋を予定しています。

インフォマティカ社について
Informatica Corporation (NASDAQ: INFA) はデータ インテグレーション
ソフトウェアおよびサービスにおける世界No.1独立系プロバイダーの1社です。
Informatica Platformの包括的で、統合された、オープンな、そしてITコスト
低減に向けた経済的なアプローチにより、企業は既存の情報資産から最大限
の価値を引き出すことが可能になります。現在、インフォマティカのソリューション
は世界4,000社を超える企業において、企業内やクラウド等の企業外に保有する
既存情報資産へのアクセスや統合の実現に活用されています。インフォマティカ
に関する詳細はインフォマティカ・ジャパン株式会社(代表 03-5229-7211)まで
お問い合わせいただくか、弊社 Web サイトリンク
ご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事