logo

リンクシェア・ジャパンとPOOLIKAが協業

リンクシェアネットワーク内の不正掲載画像パトロールを開始

アフィリエイト・ネットワークを提供しているリンクシェア・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役共同社長:小宮山晋太郎、取締役共同社長:津田圭吾、以下リンクシェア・ジャパン)と、画像検索ソリューションを提供する株式会社POOLIKA(プーリカ、大阪市中央区、代表取締役:高木 一彰、以下POOLIKA)は、リンクシェアネットワーク内の不正掲載画像の監視業務について協業し、本日から画像検索によるコンテンツ監視を強化します。

リンクシェア・ジャパンは、本年2月にサイト内のテキスト検索によるコンテンツ監視システムを導入し、不適切コンテンツの排除や不正行為防止の監視強化を行ってきました。一方、画像の監視については、特殊な検索技術が必要となるため、従来通りの目視によるパトロールのみを行っていました。サイト内の掲載画像はアフィリエイトサイトの承認基準の中でも大きな比重を占めているうえに、手動でのチェックでは監視者により承認基準に差が出やすい点がありました。

今回、協業するPOOLIKAの「画像検索技術」はアフィリエイトサイトの承認基準に合わせて、画像の解析を行うことで、効率的な画像監視を可能とします。また、画像の中の文字情報も認識し検索できる点が優れており、不正掲載画像の防止も効率的に行うことが可能となり、目視での最終確認と併せて、承認基準の質の向上と効率化に繋がります。

POOLIKAは、今回、画像検索システムをアフィリエイトネットワークでのコンテンツ監視に応用する試みを始めることにより、技術の利用範囲の拡大を狙います。

不適切なコンテンツを、画像情報と文字情報の両方から監視することで、精度の高い監視が実現したことで、より健全で快適なネットワーク環境を、一般消費者、アフィリエイト・パートナー、ECサイトに提供致します。

 
【リンクシェア・ジャパン株式会社について】
URL:リンク

2001年4月、三井物産株式会社が米国LinkShare Corporation(本社:米国ニューヨーク)から日本における独占販売権を得てサービス開始。2005年1月に、三井物産株式会社と米国LinkShare Corporationの2社による共同出資にて会社設立、三井物産より事業を引き継ぎ、EC関連広告主を中心にアフィリエイトサービスを展開してきた。
2010年5月1日に株式会社トラフィックゲートと合併し、TGアフィリエイト、楽天アフィリエイトサービス事業を継承。
新生リンクシェア・ジャパン株式会社のアフィリエイトネットワークを通じた流通総額は約4,000億円※1に上るため、今回の合併により流通額ベースでは業界No.1アフィリイエトサービスプロバイダー(ASP)となる。

※1リンクシェア・TGアフィリエイト・楽天アフィリエイトの3サービスを合計した流通総額で、2009年の年間流通金額の合計。


【株式会社POOLIKAについて】
URL:リンク

パナソニック株式会社が新事業創造、起業家意識の高揚を目的とし、2001年4月にスタートした社内ベンチャー制度「パナソニック・スピンアップ・ファンド(略称:PSUF)」により、2009年1月7日に設立。この制度で設立された28社目となる。デジタル画像(静止画および動画)の画像検索エンジンの開発とそのエンジンを使ったソリューション提供を事業としている。ECサイト、画像共有サイト、広告制作・映像編集会社、マーケティング調査会社など大量に画像を保有する企業ユーザーに対し、画像に関する新しいソリューション・サービスを提供している。最近では、インターネットの拡大とそれに伴う「安心・安全」への要望の高まりを受け、ウェブサイト内の画像・動画コンテンツの監視システムの開発や監視を支援するサービスを提供している。

「映像・画像監視ソリューション」
リンク

*本プレスリリースは、株式会社POOLIKA、リンクシェア・ジャパン株式会社、の各社から一斉に配信されたため、お手元に重複して届く可能性があります。あしからずご了承ください。


■報道関係者お問合せ先
リンクシェア・ジャパン広報代理 エンカツ社 宇於崎(うおざき) 
TEL:03-5776-2566/FAX:03-5776-2567 
メール:press@enkatsu.jp  
POOLIKA 広報 大野 TEL:03-3562-4050/FAX:03-5159-6839
メール:info@poolika.net

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事