logo

アイシロン、2010 年第 1 四半期の決算を発表

2010年 5 月10 日 - アイシロン・システムズ(Isilon Systems, Inc. 本社: 米国ワシントン州シアトル、社長兼 CEO: スジョー・パテル(Sujal Patel)は、2010 年第 1 四半期の決算報告を行いました。2010 年第 1 四半期の売上高は 39.3 百万ドルとなりました。2009 年第 4 四半期の売上高は 37.5 百万ドルで、前期比 5% 増を記録しました。2009 年第 1 四半期の売上高は 26.9 百万ドルで、前年同期比では 46% の増加です。
アイシロン・システムズの社長兼 CEO スジョー・パテル(Sujal Patel)は次のように述べています。「アイシロンが 2010 年の第 1 四半期も継続的な成長を果たしたことを嬉しく思っています。売上高は EMEA およびアジアで増加しており、チャネル ビジネスが堅調に成長し、新規および既存のお客様からの信頼向上も果たしました。堅調な事業運営と利益の増加により業界内での地位は強化され、エンタープライズ顧客のデータ管理に関する IT ニーズに応えるという、長期的な目標をさらに追及することができます。
2010 年第 1 四半期の決算内容は以下のとおりです。
・ 2010 年第 1 四半期の売上総利益率は 62.0% となりました。2009 年第 4 四半期は 57.6%、2009 年第 1 四半期は 40.3% でした。2009 年第 1 四半期の売上総利益率は、在庫の評価減 3.8 百万ドルにより 14 % 減少していました。
・ 2010 年第 1 四半期の純利益は 1.1 百万ドルとなりました。1 株当たりの純利益*注1は 0.02 ドルです。2009 年第 4 四半期の純利益は 0.1 百万ドル、1 株当たりの純利益は 0.00 ドルでした。2009 年第 1 四半期は純損失で 10.4 百万ドル、1 株当たりの純損失は 0.16 ドルでした。2010 年第 1 四半期の非GAAP(米国会計基準に準拠しない見積財務基準)による純利益は 2.9 百万ドルとなりました。1 株当たりの純利益は 0.04 ドルです。2009 年第 4 四半期の非 GAAP 純利益は 1.6 百万ドル、1 株当たりの純利益は 0.02 ドルでした。2009 年第 1 四半期は非 GAAP 純損失で 8.9 百万ドル、1 株当たりの純損失は 0.14 ドルでした。2009 年第 1 四半期の GAAP および 非 GAAP 純損失には、3.8 百万ドル(1 株当たりの純損失 0.06 ドル)が含まれ、これは在庫の評価減に関連するものです。
・ 2010 年第 1 四半期の営業活動によるキャッシュ フローは 9.9 百万ドルとなりました。2009 年第 4 四半期のキャッシュ フローは 2.5 百万ドルで、2009 年第 1 四半期はマイナス 0.6 百万ドルでした。
・ ソフトウェアの要素および複数の製品・サービスが提供される収益取引に関連して、最近制定された 2 つの会計基準、ASU 2009-13 および ASU 2009-14 を採用しています(2010 年 1 月 1 日以降非遡及的に適用)。これらの基準の採用によってわずかなマイナスの影響があります。売上高と純利益が約 0.2 百万ドル減少し、同額が貸借対照表上は繰延収益となります。

当資料は、2010年4月23日に米国で発表されたニュース・リリースの抄訳です。
本件に関するプレスリリース全文:
リンク

1 1株あたりの純利益、純損出は、ここに提示した全期間において希薄化した株価で提示されています。


Use of Non-GAAP Financial Measures
To supplement our consolidated financial statements prepared in accordance with GAAP, this press release includes non-GAAP gross margin, non-GAAP income (loss) from operations, non-GAAP net income (loss), and non-GAAP income (loss) per share. Isilon provides non-GAAP information to enhance investors' overall understanding of the company's current financial performance and the company's prospects for the future and to aid in comparing current operating results with those of past periods. The company believes the non-GAAP measures provide useful information to management and investors by excluding certain items that may not be indicative of Isilon's core operating results and business outlook.
Non-GAAP gross margin, non-GAAP income (loss) from operations, non-GAAP net income (loss), and non-GAAP income (loss) per share exclude charges related to stock-based compensation expenses. Isilon excludes stock-based compensation expenses from its non-GAAP measures primarily because they are non-cash expenses that Isilon does not believe reflect core operating results. Stock-based compensation expense is dependent on a number of factors over which management has limited control and is not a factor management utilizes in operating the business.
These non-GAAP measures are not calculated in accordance with GAAP and should be considered supplemental to, and not a substitute for, measures prepared in accordance with GAAP and may be different from non-GAAP measures used by other companies. In addition, these non-GAAP measures are not based on any comprehensive set of accounting rules or principles. Isilon believes that non-GAAP measures have inherent limitations in that they do not reflect all of the amounts associated with Isilon's results of operations as determined in accordance with GAAP and that these measures should only be used to evaluate Isilon's results of operations in conjunction with the corresponding GAAP measures. We compensate for these limitations by analyzing current and future results on a GAAP basis as well as a non-GAAP basis, prominently disclosing GAAP results and providing reconciliations from GAAP results to non-GAAP measures. We expect to continue to incur expenses similar to the non-GAAP adjustments described above and the exclusion or inclusion of these items from our non-GAAP financial measures should not be construed as an inference that these costs are unusual or infrequent.
A table following the financial statements provides a reconciliation of the most directly comparable GAAP measures to the non-GAAP measures used by management.

Safe Harbor for Forward Looking Statements
This press release contains forward-looking statements within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995 concerning our business performance and our ability to broaden our markets and offer products that align with the needs of enterprise storage buyers. These statements are not guarantees of future performance, but are based on management's expectations as of the date of this press release and assumptions that are inherently subject to uncertainties, risks and changes in circumstances that are difficult to predict. Forward-looking statements involve risks, uncertainties, and assumptions. If the risks or uncertainties ever materialize, or the assumptions prove incorrect, our actual results may differ materially from those expressed or implied by our forward-looking statements. There can be no assurances that forward-looking statements will be achieved. Important factors that could cause actual results to differ materially from those indicated in forward-looking statements include the following: risks associated with anticipated growth in file-based content; competitive factors, including changes in the competitive environment, pricing pressures, sales cycle time and increased competition; our ability to build and expand our direct sales operations and reseller distribution channels; our ability to build sales backlogs and improve sales linearity; general economic and industry conditions, including expenditure trends for storage-related products; new product introductions and our ability to develop and deliver innovative products; our ability to provide high-quality service and support offerings; our reliance on a limited number of suppliers and our ability to forecast demand for our products and potential shortages or price fluctuations in our supply chain; risks associated with international operations; and macro-economic conditions. These and other important risk factors and assumptions are detailed in documents filed with the Securities and Exchange Commission, including our Annual Report on Form 10-K for 2009, filed on February 5, 2010, and other periodic reports filed with the Securities and Exchange Commission, and could cause actual results to vary from expectations. The Company makes no commitment to revise or update any forward-looking statements in order to reflect subsequent events or circumstances.
Supporting Tables Including Use of Non-GAAP Financial Measures

【アイシロン・システムズについて】
Isilon Systems (NASDAQ: “ISLN”)は、スケールアウトNASストレージ分野の世界的リーダーとして、お客様のアプリケーションやワークフロー、業務プロセスのパフォーマンス を最大化し、ユニークなビジネスの価値をもたらすクラスタ・ストレージとデータ管理ソリューションを提供しています。スケーラビリティの高さと容易な管理 性を備え、コスト効率のよいIsilon IQ は、企業が大容量かつ急激に増大するファイルベースのデータを管理することを可能にします。詳しい情報は リンク もしくはリンク をご参照ください。

Isilon 、Isilon Systems 、Isilon IQは、米国 ISILON Systems Inc.の商標または登録商標です。その他、記載された会社および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。
報道関係の方は下記までお問い合わせください。
お問い合わせ先:
アイシロン・システムズ株式会社 マーケティング本部
TEL: 03-5358-7188  FAX: 03-5333-4443  E-mail: marketing-jp@isilon.com
以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。