logo

Octasic社、TXP1000高密度ビデオ・トランスコーディング・カードの即時発売を発表

Montreal, May 5, 2010 - (JCN Newswire) - メディア処理および無線ソリューションの大手イノベータのOctasic Inc.は、現在の市場で最低の消費電力と最高のチャネル密度を提供するTXP1000高密度ビデオ・トランスコーディング・カードの即時発売を、本日発表しました。

Montreal, May 5, 2010 - (JCN Newswire) - メディア処理および無線ソリューションの大手イノベータのOctasic Inc.は、現在の市場で最低の消費電力と最高のチャネル密度を提供するTXP1000高密度ビデオ・トランスコーディング・カードの即時発売を、本日発表しました。PCI Express (PCIe)フォームファクタで提供されるTXP1000カードにより、ネットワーク・サービス・プロバイダおよびインターネット機器メーカーは、もっとも効率的で最高のチャネル密度のビデオ・トランスコーディング・システムを迅速に開発・展開できます。


モバイルビデオの需要は増大していますので、リアルタイム・ビデオ・トランスコーディングには、オープンなインターネットおよびモバイル・ネットワークのさまざまな装置タイプ、ビデオ形式、ダイナミックなバンド幅条件のサポートが要求されます。特に消費電力やコスト効率に関して、ビデオトランスコーディングのコンピューティング需要対応関連のシステム設計課題に取り組むため、Octasic社は、PCIeカードなどの完全ソリューションや、包括的オーディオ/ビデオ・メディア処理およびトランスコーディング・ソフトウェア・スタックとホストAPIを提供しています。一枚のTXP1000カードで、単一のPCIカードの電力バジェット内に十分収まる消費電力量を保ちつつ、335チャネルのビデオトランスコーディングを容易に提供できます。


「ビデオ電話、ビデオストリーミング、IVVR (Interactive Voice and Video Response)、マルチメディアメッセージング、TV anywhere、モバイル会議などのモバイル・ビデオ・サービスの成長により、電気通信会社、OEM、インターネット機器プロバイダは、メディア処理の通常アプローチの再考に迫られています。」と、Octasic社事業開発部長のJohn Fryは述べました。「電力、コスト、拡張性に重大な制限のある標準的なx86サーバー・ベース・ソリューションと比べ、Octasic社のTXP1000ベース・システムは、ビデオ・トランスコーディング・システム資本コストを半分にカットし、消費電力を8分の1に減らしながら、ラックスペース1つ当たり5倍のチャネルを提供するなどの、定量的メリットを提供しています。Octasic社は、低電力DSP技術、ビデオ分野の専門知識、長年培った通信技術など、この成長市場のニーズ対応で成功するために、うってつけの特色を備えている点で、独自性のある企業と言えます。


「Octasic社のTXP1000製品により、Aylus Networks社は、ネットワーク展開を最大規模にまで拡張する際に、ビデオおよび音声トランスコーディングの負荷を減らすことができました。」と、Aylus Networks社製品管理担当副社長のWilliam Kwan氏は述べました。「これにより、Aylus社は、メディア最適化やモバイル・サービス・イネーブルメントなどの高価値サービス提供のための、追加の処理能力を手に入れました。」


TXP1000カードは、Octasic社の受賞歴のあるVocallo MGW製品をベースに作られていますので、現場の使用実績を通じて強化されてきた各種通信技術をそのまま活用しています。メディア処理ソフトウェアスタックには、次の機能があります。QCIFからHDまでの解像度のH.264、MPEG-4およびH.263 CODECのサポート。動的ビットレートおよび品質調整。フレームレートおよび解像度スケーリング。先進パケットロス補償。テレビ会議、グラフィクスオーバーレーおよびビデオ収益化のためのストリーム挿入用の、柔軟なビデオ・ミキシング・エンジン。音声CODECと音声品質拡張機能の幅広いポートフォリオに裏打ちされたTXP1000カードは、ビデオ関連通信システム構築の包括的なツールキットを提供しています。


「リアルタイムビデオ通信システムの幅広い需要に対応する製品の設計に、標準的DSP技術を使用した場合、簡単にはいきません。」と、Octasic社エンジニアリング担当副社長のAlain Legaultは、述べています。「他の多くのソリューションは、固定的で柔軟性のないハードウェア機能に依存しています。Octasic社では、プログラム可能性を犠牲にせずに、最小の消費電力と最大のパフォーマンスのビデオトランスコーディング・エンジンの作成に必要な、技術を開発しました。すべてのアルゴリズムは、完全にソフトウェア内だけで実行されますので、将来に対応し、保守も容易です。Vocallo MGW技術をTXP1000フォームファクタにバンドルすることで、さらに幅広いお客様が、このような根本的な優位性を活用できるようになりました。」


TXP1000カードは、Octasic社から即時販売されます。詳しくは リンク をご覧ください。


Vocallo MGWは、2008年の発売以来Octasic社から販売が続けられており、2007年にEN-Genius社の「最優秀イノベーティブDSP製品賞」を、2008年にInternet Telephony社の「年間最優秀製品賞」を受賞しています。Vocallo MGWについての詳しい情報は、 リンク をご覧ください。


Octasic社について
Octasic社は、収束型キャリア、大企業、エンドポイント通信機器市場向けに、メディアおよびワイヤレスモデム処理シリコンとソフトウェアソリューションを提供しているグローバル企業です。同社の最高品質VoIPおよびマルチスタンダード無線基地局DSPソリューションは、独自のOpusクロックレスDSPアーキテクチャをベースにしています。Octasic社は、密度と消費電力の点で他社の追随を許さない性能を提供することにより、次世代機器メーカーでの大幅なシステムコスト削減を可能にします。1998年に設立されたOctasic社は、株式非公開会社で、本社はカナダのモントリオールにあります。


お問い合わせ先:
Natalie Mountain
マーケティング・コミュニケーション担当者
Tel: +1-514-282-8863
Email: natalie.mountain@octasic.com


PRお問い合わせ先:
Joyce RadnorまたはBree Clidence
SVM Public Relations
Tel: +1-617-787-5192または+1-760-754-7025
Email: joyce.radnor@svmpr.comまたはbree.clidence@svmpr.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事