logo

RVA Holding AB:投資先企業のGreenvironment社がフランクフルト証券取引所に上場

Stockholm, Sweden, May 4, 2010 - (JCN Newswire) - 5月4日現在、ベルリンに事業本部を置くクリーンテクノロジー企業、Greenvironment社は、フランクフルト証券取引所の公開株式市場に上場しました。今回の上場は、現在の持ち株会社であるフィンランドのGreenvironment Oyが、今回上場されたGreenvironment plc(ISIN GB00B5754J93 / シンボルGIV)に合併されたことで実現しました。

Stockholm, Sweden, May 4, 2010 - (JCN Newswire) - 5月4日現在、ベルリンに事業本部を置くクリーンテクノロジー企業、Greenvironment社は、フランクフルト証券取引所の公開株式市場に上場しました。今回の上場は、現在の持ち株会社であるフィンランドのGreenvironment Oyが、今回上場されたGreenvironment plc(ISIN GB00B5754J93 / シンボルGIV)に合併されたことで実現しました。


Greenvironment plcの最大株主は、Cheyne Renewable Energy Fund L.P.(46.8%)です。スウェーデンのストックホルムに本拠を置くRVA Holding ABは、ノルウェー子会社のRVA Holding ASを通じて、Greenvironment社の株式24.2%を取得しました。


ドイツの大手証券取引銀行のひとつであるICF Kursmakler AGは、電子取引プラットフォームXetra®の同社指名スポンサーとして活動します。ICF社はまた、フランクフルト証券取引所におけるGreenvironment社の上場区分を、公開市場からEntry Standardに移動する支援も行います。詳しい情報は、ICF社ウェブサイト( リンク )からご覧いただけます。


Greenvironment社は、バイオガスおよび天然ガス用自律的コジェネレーション(熱電併給)プラントの、建設・操業技術を専門とする分散式エネルギー・サービス・プロバイダです。同社では、低排ガス・マイクロタービン・システムの世界最大手メーカー、Capstone Turbine Corporation社(NASDAQ: CPST)が提供するマイクロタービンを収容するための標準化された拡張可能なプラントを提供しています。Greenvironment社は、ドイツ・スカンジナビア・ポーランド・ルーマニアでのCapstone社マイクロタービンの特定の機器に対する独占流通権を有しており、現在ヨーロッパのマイクロタービンの59%以上を運用しています。


「今回の上場により、Greenvironment社は株式市場を利用できるようになり、Greenvironment社をクリーンテクノロジー業界の大手企業として確立するために、全経営陣が注いでいる努力が価値として結実されます。」と、RVA Holding ABのCEO、Rutger von Ahlefeldは述べました。分散型熱電併給に向けた流れが大きくなっていることや、競合技術と比較したマイクロタービンの特別な利点などから、弊社の投資先企業には大きな成長見込みがあります。」


マイクロタービン・コジェネレーション・プラントは、整備要件が少なく、信頼性と可用性(95%以上)が高いというメリットがあります。小規模で、排ガス量、騒音、振動が少ないため、他の熱電併給ソリューションでは不可能な用途にも使うことができます。プラントの効率が高いため、CO2が大幅に削減されますので、マイクロタービンは国内および国際的なエネルギー目標への対応で、大きく貢献することができます。たとえば、65 kwのマイクロタービンは、15年の操業期間で約2,800 tのCO2を削減できます。これは、自動車50台分の排ガス量に当たります。


ドイツおよび欧州連合のエネルギー政策は、再生可能エネルギーの増大と、全般的なエネルギー効率拡大を、明確に目標としています。エネルギー効率を促進するカギは、発電時の排熱を再利用することです。そのため、ドイツは公式目標として、発電全体における熱電併給のシェアを25%まで増大することを掲げています。Greenvironment社は、ドイツ国内の公共事業との合弁企業の「建設・所有・操業」ビジネスモデルを通じ、このような状況を収益に結びつけることを目的としています。


こういった施策の例として、Dezentral Energien Schmalkalden GmbHとライプツィヒ市の合弁企業があり、他の協業も交渉中です。同社では、熱電併給プラント技術およびノウハウ、合弁企業に対する分散操業や整備サービス、国内合弁企業の最低30%のシェアから得られる経済的価値の恩恵などを提供しています。


Greenvironment社の市場で、次に成長の著しい地域は、東ヨーロッパです。同社は、ポーランド・ルーマニア・チェコ共和国で、東ヨーロッパでの最初の活動を開始しました。西ヨーロッパでも、競争力のあるソリューションに必要な政策・金融面のサポートとインフラ投資を、欧州連合から受けているため、分散型発電の機会は明確なものとなっています。東ヨーロッパでもGreenvironment社は、リスク最小化とプロジェクト展開短期化のため、強力な現地パートナー企業との合弁企業ビジネスモデルを採用しています。Greenvironment社のドイツ事業部は、すべての事業において中心的な技術および操業事業者でありつづけるでしょう。


詳しい情報は、同社ウェブサイト( リンク )からご覧いただけます。


さらに詳しい情報は、下記にご連絡ください。


Karsten Busche
代表取締役


public eye CONSULTING BUSCHE
Meeraner Str.15 D
12681 Berlin
Germany


電話: +49 30 430 589 22
FAX: +49 30 700 143 35 56
電子メール:kb@publiceye-consulting.com
ウェブサイト:www.publiceye-consulting.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事