logo

キャリアのビジネスモデルを変えつつある通信管理サービス

米国の市場調査会社ピラミッドリサーチ社がネットワークアウトソーシング市場を調査した「通信管理サービス市場調査:ネットワークアウトソーシングの新たな段階 - Telecom Managed Services
Network Outsourcing Enters Its Third Phase」を出版

ネットワークオペレータは、マネージドサービスやアウトソーシングに方向転換しつつある。それは単に運営コストの削減のためだけではなく、より効果的に競争を戦うためのビジネスモデルとしてであり、この傾向はますます進むだろうと、米国調査会社ピラミッドリサーチ社の調査レポート「通信管理サービス市場調査:ネットワークアウトソーシングの新たな段階 ー Telecom Managed Services:Network Outsourcing Enters Its Third Phase」は報告している。


この調査レポートは、通信管理サービス市場を調査し、特に世界のオペレータがどのように技術サプライヤからアウトソーシングや管理サービスを活用して、事業を変化させようとしているかに注目している。41ページのこの調査レポートは、先進国や発展途上の国々の通信事業者のネットワークアウトソーシングの影響を分析し、Alcatel-Lucent、Ericsson、Nokia Siemens Networksの3大技術サプライヤの提供する通信管理サービスを分析している。


通信管理サービス分野は、オペレータが、業界の変化にいかに対応し、新たなビジネスチャンスをつかむためには、自社をどのような位置におくべきかという方向への、発展の第三段階に入りつつある。「ソーシャルネットワーキングや、ネットワーク共有やOTT(over-the-top)アプリケーションの登場などの、アウトソーシングの第三段階の牽引要因は、オペレータを完全に飛ばすこともできる」とピラミッドリサーチ社のアナリストBramson-Boudreau氏は語る。


通信管理サービスの広範な採用は、今後10年間の通信市場を大きく変えるだろう。より多くのキャリアが、信頼できるパートナーに、より高い比率でネットワーク運営を任せれば、通信会社のビジネスモデルは単なるサービス提供というものではなくなるだろう。「ネットワーク機能全般を管理していた従来のオペレータは、顧客サービスに対して独占的なスタイルをとり、新しいサービスの提供は遅かったが、今後はその形はとれないだろう」とBramson-Boudreau氏は語る。


この調査レポートは、主要な調査と定性分析によって、固定通信とモバイル通信の統合と、変化する市場における通信産業について記載している。


【調査レポート】
通信管理サービス市場調査:ネットワークアウトソーシングの新たな段階
Telecom Managed Services
Network Outsourcing Enters Its Third Phase
リンク

◆米国市場調査会社 ピラミッドリサーチ社について
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事