logo

子供泣き出し感知iPhoneアプリケーション「アラートバード」の配信を開始

株式会社ビースリー・ユナイテッド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木宏幸)は、子供泣き出し感知iPhoneアプリケーション「アラートバード」の配信を開始しました。



アラートバードは「寝ているお子様が起きて泣き出した瞬間」にフォーカスしたユニークなアプリケーションです。

iPhoneのマイク入力機能を使い、基準以上の音が一定時間感知された時(お子様が泣き出した時)に予め設定したメールアドレス宛(お母さんのケータイなど)に通知メールを送ります。


アラートバードには3つのモードがあります。

■モード1・・・Logモード
設定したレベルを超える音量を感知するとメールで通知します。
アプリの動作開始から終了までの間に感知した音の波形をグラフで確認する事が可能です。
→日常生活において、お子様がお昼寝をしているあいだ家事をする時などに便利なモードです。


■モード2・・・Melodyモード
設定したレベルを超える音量を感知するとメールで通知します。
また、メール通知と同時に本体のiTunesライブラリから選択した曲を自動で再生する事が可能です。
→お子様が目を覚まして泣いてしまった時に、駆けつけるまでの間、お気に入りの曲をかけて気を紛らわせるモードです。


■モード3・・・Mailモード
入力される音は関係なく、Mailボタンを押す事で設定したメールアドレスに通知メールを送ります。

メールの送信のタイミング及び回数は詳細に設定する事も可能です。


「アラートバード」の販売価格は350円で4月25日からApp Storeを通じて購入可能です。



同社はiPhoneの人気アプリ「つみネコ」を開発販売していますが、予てからユーザーの中に小さなお子様がいるご家庭が多いことに着目しており、今回の「アラートバード」はそのターゲットのニーズに応えた内容となっています。


今後同社では、iPhoneのセンサー機能を使った感知系アプリケーションを「アラートバードシリーズ」として他2種類企画しています。



■アラートバード
リンク

■iTunes Store
iTunes Store>App Store>ライフスタイル>Alert Bird
リンク

■株式会社ビースリー・ユナイテッド
リンク

■つみネコ
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。