logo

アイスランド火山噴火被害関連スパムが急増~G Data

アイスランド火山の噴火被害を悪用したスパムメール(英文)が急増しています。ご注意ください。

G Dataは、アイスランド火山の噴火によって「混乱が続く」「フライトが中断」「スポーツが中止」(英文)といった件名を付したスパムメールが次々と送信されていることを発見しました。本文は件名とは無関係な精力剤の広告画像が添付され、怪しいリンク先に飛ばされてしまいます。くれぐれもご注意ください。

G Data Software株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:Jag 山本)は 、昨日の深夜(=日本時間)よりアイスランド火山(エイヤフィヤトラヨークトル)の噴火被害を悪用したスパムメールが急増していることを発見しました。

 G Dataセキュリティラボ(ドイツ)では、昨夜午後4時頃(=日本時間2010年4月20日午後11時頃)より、アイスランド火山の噴火によって「混乱が続く」「フライトが中断」「スポーツが中止」といった件名を付したスパムメールが、次々と送信されていることを発見しました。

 実際の件名は、以下のような文面です。

 Fears volcano chaos will continue abjoint
 Fears volcano chaos will continue actionless
 Fears volcano chaos will continue adnexed
 Fears volcano chaos will continue advert
 Iceland volcano disrupts flights absentee
 Iceland volcano disrupts flights accumulable
 Iceland volcano disrupts flights adore
 Iceland volcano disrupts flights adventurist
 Sport left grounded by volcano ablegates
 Sport left grounded by volcano acedias
 Sport left grounded by volcano aerolith
 Sport left grounded by volcano aerophysics
 Volcano ash affects air travel acroesthesia

ラボでは、サイバー犯罪者たち(もしくはその模倣者たち)が、さらに類似した攻撃を行う可能性があると予測しています。今のところ、もっとも頻繁に送られてくる代表的なスパムのパターンである、精力剤関連の広告画像と実際の購入ページへのリンクが貼られている内容が主ですが、もっと巧妙に、噴火や被害に関するニュースや動画へのリンクと偽ってウイルス感染させるケースも発生する可能性もあります。これから1週間くらいのあいだは、特に海外旅行を予定している方は、警戒されることをお勧めします。

メール画像、リンク先画像、リリースPDFは、下記URLにあります。ご利用ください。
リンク

ジーデータソフトウェアについて
G Data Softwareは、1985年に創業したドイツのセキュリティソフト会社です。EUを中心に、個人向け・法人向け製品を展開しています。日本法人は2007年に設立しました。最大の特徴は、ダブルエンジンによる世界最高位のウイルス検出率です。また、新種や未知ウイルスへの防御、フィッシング対策、迷惑メールへの外国語フィルターなど、インターネットやメール環境を安全・快適にする機能を豊富に搭載しています。

*本リリースに記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。

【本リリースに関する問合せ先】 
G Data Software株式会社 
101-0042 東京都千代田区神田東松下町48 ヤマダビル8F
窓口: 瀧本往人 
E-mail: gdata_japan_info@gdatasoftware.com 
URL: リンク

このプレスリリースの付帯情報

本文に付されている画像例

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事