logo

トリップアドバイザーが楽天トラベルとインバウンド予約業務で提携

トリップアドバイザー株式会社 2010年04月22日 12時19分
From PR TIMES

英語圏のトリップアドバイザーユーザー向けに楽天トラベル「英語サイト」の予約情報を提供



世界最大級の旅行クチコミサイト「TripAdvisor」の日本法人であるトリップアドバイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山本考伸)は、日本最大級の総合旅行サイト「楽天トラベル」を運営する、楽天トラベル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡武公士)と、訪日外国人旅行客の国内宿泊施設の予約業務で提携しました。これにより、トリップアドバイザーの19ある海外サイトから日本国内の宿泊施設の口コミページにアクセスした訪日旅行計画者に対して、同社の英語サイトの予約ページがリンクされ、英語で空き室や料金の確認、予約を行うことが可能となりました。

今回の提携は、楽天トラベルの英語サイトに登録されている宿泊施設のうち、特に外国人に人気の高い約1000軒の日本の宿泊施設が対象で、英語圏からTripAdvisorにアクセスしたユーザー(IPアドレスから判別)に対してこれらの施設の予約情報が提供されます。トリップアドバイザーは、世界20カ国でサイトを運営しており、月間のユニークユーザー数は2500万人と、旅行口コミサイトとしては世界最大のアクセスを持ち、特にアメリカ、イギリス、オーストラリアなどの英語圏の国々では圧倒的なシェアを有しています。一方、楽天トラベルの英語サイトでは、登録している国内の宿泊施設が、割引などの特典を含めた多様な宿泊プランを日本語で作成すると、簡単な操作で自動翻訳できる独自システムなどを提供しております。両社の提携は、外国人の訪日観光のニーズと、日本の宿泊施設のサービスを結びつける上で、大きな力となると考えられます。また海外の訪日旅行計画者にとっても、トリップアドバイザーにすでに多数投稿されている日本の宿泊施設に対する英語の口コミをチェックした後で、楽天トラベルの提供する国内宿泊施設の豊富なプランを選ぶことが可能となります。

トリップアドバイザー代表取締役の山本考伸は「今回の提携により、訪日旅行を検討している外国人ユーザーに対してより多くの情報と選択肢を提供できるようになりました。これが結果的に訪日旅行の満足度向上に繋がり、将来的により多くの人が日本を訪れてくれることを期待しています」と述べています。

トリップアドバイザーとは:
2000年2月創設、本社はマサチューセッツ州ニュートン。月間ユニークユーザー数2500万人、会員数1000万人を誇る世界最大のオンライン旅行コミュニティ。2008年10月より日本語によるサービス(リンク)を本格的にスタート。現在、世界20カ国でサイトを展開し、「楽しい旅のプランニングをお手伝い」をミッションに、約3000万件のクチコミや旅行情報を掲載しています。


(注)インバウンドとは、海外から日本を訪れる観光客(訪日観光)のことをいいます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。