logo

女性クリエイターによる女性ならではの視点を活かした大人気恋愛アドベンチャー ついに感動のラストエピソード! EZweb公式サイト「Living Games」にて 『明日キミに…Act3 - tomorrow with you -』を配信!!

株式会社ワーカービー(東京都千代田区、代表取締役:加藤祐司)は、EZweb公式サイト「Living Games」(リビングゲームズ)にて、4月22日より『明日キミに…Act3 - tomorrow with you -』を配信開始しました。

■概要
女性クリエイターによる女性ならでは、の視点を活かした恋愛アドベンチャー・シリーズ最終章。本作品の舞台はクリスマス!学園では冬の一大イベント「聖夜祭」の準備真っ最中。大好きな彼と一緒にがんばってイベントを成功させ、夜のパーティに誘ってもらいましょう!

今回は前作に登場した柳瀬剛が帰ってくるだけでなく、さらに新キャラも追加されて、攻略キャラクターが6名に!季節は秋から冬へと……シリーズ最大のボリュームでお届けします。

美麗なイベントCGも盛りだくさん、もちろん攻略特典として待受け画像を今回も用意。
―聖なる夜、あなたは誰と過ごしますか?

(c)Elements
(c)Worker Bee Inc.

■「明日キミに…」シリーズ特長
1) シリーズ展開
本作品は、「明日キミに…」シリーズの第四作目にあたります。
全てが合わさってひとつの大きな物語となり、一連の物語を通してプレイすることで、一年間を通した学園生活を楽しむ事が出来る構成となりますが、それぞれが独立したストーリーと目的を持つため、単独のゲームとしても楽しめます。
正統派恋愛アドベンチャーとして、ライトユーザーやローティーンでも楽しめる健全で楽しい世界を描きます。

2) みきさと氏による完全オリジナルグラフィック
全てが本作品のために描き下ろされた、完全オリジナルグラフィック。
デザインには幻想水滸伝のキャラデザインなどで知られる、みきさと氏を起用し、ファンのみならず、誰にでも受け入れやすい魅力ある世界を提供します。

3) 女性クリエイター起用による女性ならでは、の視点
口説くことがメイン目的となる男性向けの恋愛アドベンチャーとは異なり、異性側からのアプローチやリアクションを楽しむ点を重視し、自分を投影出来るように主人公をあまり描かないなど、女性クリエイターによる女性ならでは、の視点が豊富に盛り込まれています。

4) 前作と同じくやりこみ要素も充実
攻略に従って追加されていくイベントCGギャラリー、そのギャラリーを全てコンプリートすると貰える完全書下ろしの攻略特典待受や、男子との好感度によるパラメータの増減など、ゲーム面でも充実。
プレイを盛り上げるやりこみ要素もボリューム満点の内容となっております。

■主な仕様
○対応機種
CDMA 1X WINシリーズ以降(一部機種を除く)
○料金
315円(税込)/ダウンロード
○アクセス方法
au one > カテゴリ検索 > ゲーム > 総合 > Living Games

※「EZweb」はKDDI株式会社の商標または登録商標です。
※その他の会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ワーカービー 担当:小川
Tel/Fax: 03-3237-0233 e-mail: info@livinggames.jp
〒102-0074 東京都千代田区九段南 4-6-10 近清堂ビル 5F
リンク
――――――――――――――

このプレスリリースの付帯情報

明日キミに…Act3 - tomorrow with you -

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

■「Living Games」および「WORLDゲーム城」概要
リンク(PC, ケータイ共通)
NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイルの国内各キャリア向けにサービスを行なっております。
国内に限らず海外で大ヒットを記録し高評価を得ているゲーム、もしくはゲーム性の高いコンテンツを収集し、当社のノウハウを加え、日本で配信しています。また、高品質なFlashコンテンツを無料で提供するLiving FLASHでは、配信中のアプリをモチーフとしたものや、サッカー関連やシーズン毎の待受FLASH等、充実した内容となっています。

■株式会社ワーカービー概要 リンク
株式会社ワーカービーは、モバイル端末の開発を行っていたチームが中心となり、2003年11月に設立しました。ゲームなどのコンテンツ開発にとどまらず、海外コンテンツの国内配信移植および配信サポート、また楽天証券様の「iSPEED」、カラージップ様の「ColorCode Reader」といったビジネス向け携帯アプリの開発を積極的に展開しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。