logo

Trustwave社、中国語および日本語のManaged Security Portalを開設

Chicago, Apr 21, 2010 - (JCN Newswire) - 情報セキュリティおよびコンプライアンス・ソリューションの大手プロバイダ、Trustwave社は、全顧客のコンプライアンスとセキュリティ・ソリューションをひとつのダッシュボードに統合し、環境内に展開された技術を管理する際の、コストの削減と複雑性の解消を図る新しい多言語ポータルを開設しました。

Chicago, Apr 21, 2010 - (JCN Newswire) - 情報セキュリティおよびコンプライアンス・ソリューションの大手プロバイダ、Trustwave社は、全顧客のコンプライアンスとセキュリティ・ソリューションをひとつのダッシュボードに統合し、環境内に展開された技術を管理する際の、コストの削減と複雑性の解消を図る新しい多言語ポータルを開設しました。


「新しいMSSポータルで収集された重要データを細かく分析することで、容易かつタイムリーに、変化を続けるステークホルダーに重要なレポートを提供することができます。」と、米国・カナダ・ヨーロッパでホテル、リゾート、その他のフランチャイズ地所を所有・運営している大手企業、Highgate Hotels社のMIS部長のTeri Behrens氏は述べました。「新しいインターフェースは、ブラウザからデスクトップアプリケーションとして提供されますので、オリエンテーションや使い方については、ほとんどトレーニングなしに滞りなく行うことができます。これは、弊社のセキュリティ保護のために実装されたすべての技術を、管理することができる強力なツールです。」


Trustwave社のManaged Security Portalは、コンプライアンス、マネージドセキュリティ、および製品サポートなどのTrustwave社サービスをすべて統合し、お客様のセキュリティへの取り組み状況を統一したビューで提供します。これらのサービスから送られたデータは、ポータルに統合され、お客様のセキュリティへの取り組み状況についてのスナップショットが提供されます。検索およびレポート作成は、お客様のインフラ全体に実装されたこれらすべての技術からの情報について、行うことができます。


ポータルのマルチテナンシー機能により、お客様は役割に応じたアクセス管理ができますので、企業内で管理責任の分担を行うことが可能になります。新しいポータルではまた、お客様に強力なデータ分析機能を提供する革新的で視覚的なイベントエクスプローラを提供しています。お客様は、日付、重要度、データ源、イベントタイプ、コンプライアンス要件などにより検索を分類して、さまざまなサービスからのイベントデータを直観的にフィルタリングすることができます。フィルタリングを行った後で、お客様は、生のイベント基本データを表示したり、お好みのフォーマットにエクスポートすることができます。


お客様にはまた、クエリを保管して、後で再実行する機能も提供されています。月一回または監査の要求に応じてレポートを作成する必要のあるお客様は、いくらでも必要なだけの検索を保管することができ、後で、同じ社内の複数ユーザーと共有することができます。


新しいManaged Security Portalでは、Trustwave社のSecurity Operations Center (SOC)により、お客様はサポート要求の表示・作成・管理ができます。このダッシュボードは、SOCで使用するチケットシステムと直結しており、お客様の要求をリアルタイムで表示することができます。


Trustwave社の幅広いグローバル顧客ベースに対応するため、Managed Security Portalは現在、英語・スペイン語・ポルトガル語・中国語・日本語でご利用可能です。


「お客様のセキュリティへの取り組み状況をモニタリングする作業は、従来労力のかかるものでしたが、弊社は、企業におけるそのような作業の管理のあり方を変革しています。」と、Trustwave社会長兼CEOのRobert J. McCullenは述べました。「複数管理インターフェースを単一のプラットフォームに統合することにより、データセキュリティとコンプライアンスに対するお客様のアプローチを統一します。」


メディアお問い合わせ先:
Michelle Genser
Trustwave
Email: mgenser@trustwave.com
Tel: +1 312 873 7288

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事