logo

神戸電子専門学校が世界一のコンテンツ・ハブを目指す「アジアコンテンツフェスティバル」を支援 ~業界屈指の講師陣の派遣や高校生クリエイター参加イベントを提供~

学校法人コンピュータ総合学園 神戸電子専門学校 2010年04月20日 15時31分
From PR TIMES

報道関係各位
学校法人 コンピュータ総合学園 神戸電子専門学校
2010年4月吉日



-----------------------------------------------------------------------------------
神戸電子専門学校が世界一のコンテンツ・ハブを目指す「アジアコンテンツフェスティバル」を支援
~業界屈指の講師陣の派遣や高校生クリエイター参加イベントを提供~
-----------------------------------------------------------------------------------

神戸電子専門学校(学校法人コンピュータ総合学園/所在地:神戸市中央区)は、
2010年4月30日から、5月2日までのGW中の3日間にわたって神戸市で行われる、
「アジアコンテンツフェスティバル」に会場や、クリエイター講師陣のリソースを提供する。
また、連動企画として地元「キャラクター」を集めた「ゆるキャラ(R)フェスティバル」も開催する。

■アジアコンテンツフェスティバル in 神戸とは

デザイン、造型、デジタル表現などのコンテンツ製作に携わる人、全てにおいて、
「神戸が世界のコンテンツ・ハブとしての機能を持つ事」をアピールする旨を目的とし、開催される。
初回となる今年は、イベントの主軸を「将来コンテンツ製作を志す若手クリエイター」メインとし、
各種セミナーやイベントを行う。
また、高校生参加型のコンテスト「ヤングクリエイターズアワード 2010」を行う(結果発表は秋)。


取材対象日となる、初日のプレス発表会に続いては、
古賀学(映像作家)、feebee(イラストレーター)、TOKYOGUNS(イラストレーター)ら、
著名クリエイターが参加する「クリエイターズ・トークセッション」、
はばタン(兵庫県)、ワケトン(神戸市)、コーベアー(神戸ファッションウィーク)など
ご当地のゆるキャラたちが集合する「神戸ゆるキャラ(R)フェスティバル」。
近隣各国からのパネラーを招いた「アジアコンテンツシンポジウム」。
高校生を対象としたコンテスト「ヤングクリエイターズアワード 2010」の募集要項の発表も行われる予定。


■アジアコンテンツフェスティバルin神戸

会期
2010年4月30日(金)5月1日(土)5月2日(日)

主催
「アジアコンテンツフェスティバル実行委員会」

後援
神戸市 アニメーション神戸実行委員会 株式会社サンテレビジョン 株式会社ラジオ関西
日中文化教育経済関西交流協会

協力
富士通テン株式会社

実行委員会
福岡壯治(神戸電子専門学校校長)
田中まこ(神戸フィルムオフィス代表/フィルムコミッショナー)
西元 威 (神戸市企画調整局情報化推進部主幹)
ひでつう/ノリシロックス (クリエイティブディレクター)
森下悦伸(株式会社ラジオ関西常務・編成制作局長)
那須惠太朗(株式会社サンテレビション 編成局 編成業務部 副参事)
源田定之(神戸電子専門学校デジタルコンテンツ部長)


【開催スケジュール】

4/30「アジアコンテンツフェスティバル in 神戸」開催プレス発表 13:00
「アジアコンテンツシンポジウム」
出演/中国、台湾からパネラーを招いてのシンポジウム
「クリエイターズ・トークセッション」
出演/古賀学、feebee、TOKYOGUNS
「ヤングクリエイターズアワード 2010」募集要項発表
「神戸ゆるキャラ(R)フェスティバル」期間中終日
出演/はばタン(兵庫県)、ワケトン(神戸市)、コーベアー(神戸ファッションウィーク)
「クリエイターズフェスティバルオープニングパーティー」21:00
出演/RAM RIDER ほか(会場/troopCafe)
5/1「クリエイターズ・トークセミナー」10:20
出演/ JUNBOw(はばタン)山崎秀昭(ワケトン)古賀学、feebee、TOKYOGUNS
RAM RIDER
5/2「クリエイターズ・トークセミナー」14:00
出演/さくまあきら(ゲームクリエイター)、岩崎和夫 (青春ラジメニア)


■取材対象日イベント開催概要

タイトル:「アジアコンテンツフェスティバル in 神戸」
日 程:2010年4月30 日(土)
時 間:13:00~ (プレス発表)
会 場:神戸電子専門学校(神戸市中央区北野町1-1-8)
北野館エントランスステージほか

スケジュール
12:00~ 取材メディア受付開始
13:00~ ステージイベント開始
・記者会見
・アジアコンテンツシンポジウム
・クリエイターズトークセッション
・ヤングクリエイターズアワード募集要項発表
14:30 終了


■「神戸電子専門学校」とは

1958 年の創立以来、神戸の地より 50 年以上にわたって産業界に専門職業人を輩出。
校名に冠した電子から連想される電子、IT 系の分野に留まらず、ゲームソフト、
グラフィックデザイン、アニメ、サウンドなど幅広い領域での「クリエイター」
育成も充実。「人間力」と「品位」を有する専門職業人の育成を理念とし、仕事
をする上での根幹となる内面の教育にも注力している。
また、Twitter や Web プロモーションなどにも精力的に参加している。

「アジアコンテンツフェスティバル Webサイト」
リンク
「神戸電子専門学校公式 Web サイト」
リンク
「神戸電子専門学校 Twitter」
リンク

■本件に関するお問い合わせ先■
「神戸電子専門学校 企画部広報課 PR 担当」
TEL:078-242-0288 FAX:078-265-5266
pr@kobedenshi.ac.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事