logo

ネットPRサービス「ValuePress!」、広報支援プラットフォーム「PR CENTER」を開発。ユーザーのニーズに合わせて機能を自由にカスタマイズ可能。PR会社や外部メディアとの連携機能も。

報道関係者 各位
プレスリリース

                
2010年4月20日
                                   株式会社バリュープレス
                                   代表 大木 佑輔
===========================================================================================
ネットPRサービス「ValuePress!」、広報支援プラットフォーム「PR CENTER」を開発。
ユーザーのニーズに合わせて機能を自由にカスタマイズ可能。PR会社や外部メディアとの連携機能も。
===========================================================================================
株式会社バリュープレス(代表取締役社長 大木 佑輔 /所在地 東京都目黒区)は、
「ネット時代のPRパートナー」として、ネットPRサービス「ValuePress!」を中心とした
広報支援サービスを展開しています。

この度、株式会社バリュープレスでは、同サービスで培ったノウハウをシステム化し、企業向け
広報支援プラットフォーム「PR CENTER」を開発致しました。

■「PR CENTER」
リンク

■「PR CENTER」基本コンセプト
現在、プレスリリース配信をはじめとするPR活動は、大企業だけでなく中小企業、ベンチャー企業でも
一般的なものとなりつつあります。またネットの発達によるメディア構造の変化や、ブログ・SNS・Twitter
といったパーソナルメディアへの対応など、企業のPR活動を取り巻く環境は大きく変動しており、PRの素材
や対象となるユーザー層などに応じてより柔軟な対応が求められる時代となっています。

しかし、広報に十分なリソースを避ける企業はそれほど多くなく、また既に広報部を抱えている企業で
あっても、こうした新しい動きに対応するまでには時間がかかってしまい、貴重な機会をロスしてしまう
ケースが少なくありません。

今回、株式会社バリュープレスが開発した「PR CENTER」は、自社で積み重ねてきた広報・PRの
ノウハウをシステム化すると同時に、PRの素材や目的、ユーザー、対象メディアなどに応じて自由に
機能をカスタマイズすることができる広報支援プラットフォームです。

リリースの作成・配信やメディア管理といった基本的な機能はもちろん、アクセス数やメディアの閲覧履歴、
掲載情報の確認といった効果測定、メディアやユーザーからの問合せ管理など、広報活動を円滑に行うため
に必要な機能を全て揃えています。

また、従来の広報活動では、広報担当者が社内で広報案件に関する情報を取りまとめ、リリースを作成し、
配信作業を行うといったプロセスで進められる形が主でしたが、この「PR CENTER」では、
広報担当者以外にも、マーケティング担当者や各プロジェクトの責任者など広報に関わる社内のステーク
ホルダー全てにシステムを開放し、それぞれが独自にリリース案件を準備し、実行できるようになっています。

これにより、広報担当者は、情報の収集から作成、配信、フォローといった全ての広報プロセスを自身で
行うのではなく、各ステークホルダーから上がってくる案件の管理のみを行い、自身は広報戦略の立案や
メディアリレーションの構築といったより高度な作業に注力することが可能となります。広報を担当する
スタッフの労力も軽減できるため、専任の広報担当者を置くことができない企業であっても円滑な
広報・PR活動が可能となります。

更に、メディアの反応だけでなく、メディアの先にいるユーザーの動向までを把握することで、
サービスの開発段階からユーザーのダイレクトな反応をフィードバックでき、ミスマッチを事前に防ぐ
ことも可能となります。

■「PR CENTER」主な機能
【リリース作成・配信】
フォーマットに必要事項を入力していくだけで、簡単にプレスリリースの作成が行えます。
リリースの下書き保存や配信の予約も可能です。リリース毎に配信先メディアを変更する
こともでき、各メディア毎に予め指定された方法(メール・FAX・郵送)で配信が行われます。

【リリース管理】
登録されたリリースは、配信される前に広報担当者が内容を確認し、承認を行わない限り
配信されることはありません。このことにより、内容に誤りがあるなど問題のあるリリース
を配信してしまうといったトラブルを事前に防止することができます。

【効果測定】
配信後のリリースに関しては、アクセス数、アクセス数推移、リンクカウンター、メディア
閲覧履歴、掲載済媒体、掲載場所といった情報が自動的に蓄積され、具体的な効果を確認
することが可能です。

【問合せ管理】
配信されるリリースには全て問合せフォーマットが実装されており、メディア側の記者や
一般ユーザーがそこから取材依頼や問合せを行えるようになっています。それらの内容や
連絡先の情報は全て一括で管理されまたそれぞれのリリース担当者に自動的に通知され
ます。

【メディア管理】
リリースを配信するメディアの担当者や部署、連絡先といった基本情報をシステム内で
一括して管理することができます。追加・変更も簡単に行えます。登録されたメディアは
種類・属性・地域など目的に応じてグループ分けすることができ、実際にリリースを配信
する際はこのグループを選択するだけで、直接担当者にリリースを送付することができます。

【ユーザー管理】
「PR CENTER」を利用するユーザーの追加・修正も自由に行えます。社内のステーク
ホルダーを登録することで、広報担当者の負担を軽減でき、また広報活動そのものに対する
社内理解を深めることもできます。

【プレスルーム】
配信したプレスリリースや、製品・サービスに関する資料・データを一覧できるプレスルームを
システムに併設。メディアの記者やユーザーが必要な資料や情報を自由に取得することが
できます。

また、こうした基本的な機能以外にも、お客様の要望に応じて、既に提携しているニュース
メディア運営企業から得たアクセスデータ、ユーザーデータなどをベースにしたトレンド分析
機能や、Twitterをはじめとするパーソナルメディアの情報管理機能、バリュープレス以外の
PR会社が提供する支援サービスもシステムに取り入れることが可能で、企業のニーズに応じて
最適な広報システムの構築・提供を行うことができます。

「PR CENTER」の導入価格は月額20万円から。実装する機能によって価格が変わります。
サーバーなど基本的なシステム環境は全てバリュープレス側が用意致します。

株式会社バリュープレスでは、この「PR CENTER」を通じ、企業側がターゲットとなる
ユーザーに対して十分にリーチ出来るようコンテンツを考え、それが形になる手助けが出来ればと
考えております。

■お申し込み、サービスに関するお問い合わせ
メール、お電話にてお申し込み、お問い合わせください。
E-Mail:support@valuepress.co.jp
TEL:03-5941-8700


【会社概要】
  ■会社名 :株式会社バリュープレス
  ■代表者 :代表取締役社長 大木 佑輔
  ■資本金 :28,600,000円
  ■設 立 :平成16年(2004年) 3月3日
  ■所在地 :〒153-0051 東京都目黒区上目黒4-28-3 バリュープレスビル2F
  ■TEL   :03-5941-8701 (代表)
  ■FAX   :03-5724-6655
  ■URL   :リンク
  ■Email  :info@valuepress.co.jp
  ■事業内容:ネットPR、広報支援、ブランディング業務

【本件に関するお問い合わせ】
  ■担当者 :平木
  ■TEL   :03-5941-8701 
  ■Email  :hiraki@valuepress.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事