logo

かつてない究極の3D体験!新次元エンターテイメントノート「G51Jx 3D」を発表

 ASUSTeK Computer Inc.(略称ASUS)は、
4月14日(水)、Republic of Gamers(略称R.O.G.)シリーズとして、
3D機能「NVIDIA(R) 3D Vision(TM)」に対応した
新次元のエンターテイメントノートパソコン「G51Jx 3D」
(ジー・ゴジュウイチ・ジェイエックス・スリーディー)を
日本向けに発売することを発表しました。


2010年4月24日(土)より販売を開始する予定です。


 「G51Jx 3D」は、話題の3D機能「NVIDIA(R) 3D Vision(TM)」に対応した、
ノートパソコンとしては日本で初めて、
アクティブシャッター式の3Dメガネを採用したエンターテイメントノートパソコ ンです。
フル解像度で表示できるアクティブシャッター式の3Dメガネに加えて、
120Hz駆動の15.6型ワイドの大画面ディスプレイと高性能なグラフィックス機能
「NVIDIA(R) GeForce(R) GTS 360M」で、かつてない究極の3D体験ができます。

下記にエヌビディア・ジャパンより頂きました「NVIDIA(R) 3D Vision(TM)」に対応した、
「G51Jx 3D」発表に際してのコメントを記します。


NVIDIAは、ASUS様による、「NVIDIA(R) 3D Vision(TM)」対応ノートパソコン
「G51Jx 3D」の発表を心より歓迎いたします。
完全立体視を実現した「NVIDIA(R) 3D Vision(TM)」で今まで体験したことのない
迫力ある3Dゲーム体験、3Dムービー、3Dフォトを家庭でお楽しみいただけます。
この度、ASUS様 との強力なパートナーシップにより製品化された「G51Jx 3D」を起点として、
高画質で迫力のある3Dコンテンツを多くの方に気軽に体験いただけることを大変嬉しく思います。

エヌビディア・ジャパン
スティーブ・ファーニー・ハウ
日本代表 兼 米国本社ヴァイスプレジデント


■かつてない究極の3D体験へ

 「G51Jx 3D」は、かつてない究極の3D体験ができる「NVIDIA(R) 3D Vision(TM)」に対応したノートパソコンです。
アクティブシャッター式の3Dメガネは、左右のレンズ内のシャッターを高速開閉し、
視差のある別々の映像を映し出すことで、明瞭な3Dステレオ映像を表示します。
従来の偏光式3Dメガネは、左右の眼に入る映像を分離するため、
半分の解像度しか表示できませんでしたが、
アクティブシャッター式では1,366×768のフル解像度で表示でき、
視野角も広いため、ディスプレイ正面以外でも3D認識が可能です。
さらに3Dゲームをプレイする際、
最適な3Dポジションを得るために奥行きもホイールで調整※できます。
3DメガネはUSB経由で簡単に充電でき、1 回の充電で最長約40時間連続使用できます。
また、15.6型ワイドの大画面ディスプレイも従来の2倍、120Hz駆動に対応しており、
なめらかな動作の3D映像を体験できます。
※本機能は3D対応ゲームコンテンツのみに対応しています。

■Core(TM) i7プロセッサー+Power4Gear Hybridで動作クロック数を最大2.9GHz

 CPUには、作業環境に応じて性能を自動的にコントロールする
インテル(R) ターボ・ブースト・テクノロジーを搭載したクワッドコアの
「インテル(R) Core(TM) i7-720QM プロセッサー」(1.6GHz)を採用しています。
さらに、ASUS独自の「Power4Gear Hybrid」テクノロジーを組み合わせることで、
最大2.9GHzまで動作クロック数を引き上げることが可能です。
「G51Jx 3D」は、ノートパソコンとは思えない圧倒的なパフォーマンスを提供します。

■高性能グラフィックス機能で超リアルなゲームエフェクトを創出

 グラフィックス機能として1,249 MHzで動作する96個のCUDAコアをもつ
「NVIDIA(R) GeForce(R) GTS 360M」を搭載し、
1GBのGDDR5ビデオメモリを採用することで、パワフルで滑らかな描画処理が可能になりました。
さらにGPUに内蔵の NVIDIA(R) PhysX(TM) テクノロジーにより、
粉塵や瓦礫が飛び散る爆発シーン、なめらかに風にはためく旗、
自然に流れる水など、超リアルかつダイナミックなゲームエフェクトを創出します。

■3Dで新たな興奮を

 「NVIDIA(R) 3D Vision(TM)」は、特別なパッチやアップデートを必要とせず、
既存の400以上のゲームタイトル(Direct X9以上)を3Dに変換します※。
さらに、ゲームだけでなく、3Dビデオカメラや3Dデジタルカメラで撮影された動画や写真も、
標準搭載の再生プレイヤーで3D体験が可能です。
※NVIDIA(R) 3D Vision(TM)対応ゲームの詳細については、NVIDIA(R)のWebページ
リンク)をご参照ください。

■Blu-rayコンボドライブでいつでもフルHDコンテンツを

 「G51Jx 3D」は、Blu-rayディスクの再生機能を備えたBlu-rayコンボドライブを搭載しました。
市販のBlu-rayタイトルやBD-Rなどに記録されたフルHDコンテンツのみならず、
今後多くのタイトルが期待されているBlu-ray 3D※も楽しめます。
※Blu-ray 3Dタイトルを再生する場合は別途、専用再生ソフトを購入する必要があります。

■その場にいる臨場感。リアルな3Dサラウンドサウンド

 米国の名門オーディオメーカーAltec Lansing Technologies社製のスピーカーを採用し、
ゲームサウンド技術で定評のある「EAX 4.0 ADVANCED HD」、
さらに通常のステレオコンテンツを7.1chのバーチャルサラウンドサウンドとして再生する「CMSS-3D」を搭載しています。
トンネルが目の前に迫ってくる際の音の変化、壁や床の反響音など、
よりリアルにかつ立体的に感じるサウンド環境を提供します。

■イルミネーションキーボードや拡張性の高いインターフェース

 「G51Jx 3D」は、白色LEDバックライトのフルサイズのイルミネーションキーボードを採用し、
暗闇での操作に威力を発揮します。
キーピッチが広く、キーの間隔をあけたアイソレーションタイプのため、
長時間の操作でも疲れにくく、高い操作性を実現しました。
さらに、Blu-rayタイトルをリビングの大画面テレビに表示できるHDMI出力端子や、
高速転送が可能なeSATA端子などの拡張性の高いインターフェースも備えています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。