logo

Cable & Wireless Communications PLCに対するDigicel社訴訟についてのロンドン高等法院の決定に対する声明

Kingston, Jamaica, Apr 19, 2010 - (JCN Newswire) - カリブ海のいくつかの市場へのDigicel社の参入を妨害・遅延する目的で、Cable & Wireless Communications PLCおよび関連会社が実施したとされる不法行為について、DigicelがCable & Wireless Communications PLCおよび関連会社に対して行った訴訟に関し、ロンドン高等法院が下した決定に、弊社は深い失望を感じております。この決定に引き続いて、Digicel社は現在、法的選択肢を考慮中です。

Kingston, Jamaica, Apr 19, 2010 - (JCN Newswire) - カリブ海のいくつかの市場へのDigicel社の参入を妨害・遅延する目的で、Cable & Wireless Communications PLCおよび関連会社が実施したとされる不法行為について、DigicelがCable & Wireless Communications PLCおよび関連会社に対して行った訴訟に関し、ロンドン高等法院が下した決定に、弊社は深い失望を感じております。この決定に引き続いて、Digicel社は現在、法的選択肢を考慮中です。


この訴訟は、2002年から2006年の間に、セントルシア、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、グレナダ、バルバドス、英領ケイマン諸島、トリニダードトバゴ、タークス・カイコス諸島で実施したDigicel社の携帯電話ネットワーク展開活動を妨害したCable & Wireless Communications PLCの行動への異議申し立てのために、2007年にDigicel社により起こしたものです。


Morgan判事は、TSTT (Cable & Wireless Communications PLCの所有する電気通信会社のトリニダードトバゴ支社)の上級管理職と請負業者のノーテル社が次のようなことを行ったと言及しました。


「誠実な行動に反する」活動により、1996年の不正競争防止法に定義された違反事項を2点犯し、トリニダードの法を破りました。


審判で、故意に不正または誤解を招きやすい証拠を提出しました。


それとは別に、タークス・カイコス諸島で、Cable & Wireless West Indies社を設立しましたが、これはDigicel社との契約違反です。


この訴訟に関する法律のいくつかの点で、Morgan判事がDigicel社に不利な判決を下しましたが、この結果はカリブ海管轄地域に施行された規制の枠組みを弱めることにつながるでしょう。その上、判事自身がこの法律に「不備がある」と述べました。


お客様の利益のための競合を行っている点で他に追随を許さないDigicel社は、Cable & Wireless Communications PLCの責任が追及されるべきだと考えています。そのため、Digicel社は、特に、TSTTとノーテル社が共謀して不正で誤解を招きやすい文書を作成し、TATTに提供したことを判事が発見したという点について、トリニダードでTSTTに対して罰則措置が取られるべきか決定するため、この件に関して徹底した審理を実施することを、トリニダードトバゴ電気通信局(TATT)に、要求する予定です。


はっきりしている点は、この訴訟の結果がDigicel社の全世界での事業や顧客層に何ら影響を与えないことです。Digicel社は、カリブ海地域における大手携帯電話会社であることを誇りに感じ、最高の価値と最高のサービスと最高のネットワークのモバイル通信を、世界32か国の市場の1070万人のお客様に提供していきます。


DIGICEL GROUPについて
Digicel社には8年間の営業の歴史があり、カリブ海と中米市場に910万人のお客様がいます。競争力の高い料金、他社の追随を許さないサービスエリアの広さ、優れたお客様サポート、製品とサービスの種類の多さ、最新技術の携帯電話機などで有名です。革新的な無線サービスと地域支援の提供によって、Digicel社は、カリブ海の大手ブランドになり、最先端の無線通信を地域に展開してきました。同社はまた、1600万人の加入者を擁するパナマとホンジュラスの中米市場に、最近参入しました。


Digicel社はバーミューダで会社を設立し、現在は世界各国の32の市場で営業しています。カリブ海および中米市場は、アングィラ、アンティグア・バーブーダ、アルーバ、バルバドス、バーミューダ、ボネール、英領バージン諸島、ケイマン諸島、キュラソー、ドミニカ、エルサルバドル、仏領ギアナ、グレナダ、グアドループ、ガイアナ、ハイチ、ホンジュラス、ジャマイカ、マルティニーク、パナマ、セントクリストファー・ネーヴィス、セントルシア、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、スリナム、トリニダード・トバゴ、タークス・カイコス諸島からなっています。カリブ地域の企業であるDigicel社では、サン・マルタン島とサン・バルテルミー島もサービスエリアに含んでいます。


Digicel社全体では、32の市場で1,070万人の加入者を擁しています。


Digicel社は、クリケット西インド諸島代表やこの地域のスペシャルオリンピックス・チームなど、カリブ海および中米のスポーツチームの主要スポンサーです。Digicel社はまた、CONCACAF Gold Cupのカリブ海および中米予選大会であるDigicel Caribbean ChampionshipsおよびCopa de Naciones Digicelのタイトル・スポンサーです。太平洋地域でDigicel社は、Digicel Fiji 7s、Digicel Tonga Ikale Tahi 7sおよび15s、Digicel Vanuatu 7sおよび15sなど、いくつかの国のラグビー代表チームのスポンサーになっています。Digicel社はまた、Vanuatu Cricketチームも後援しています。


Digicel社について詳しくは、 www.digicelgroup.com をご覧ください。


お問合せ先:
Antonia Graham
Digicel
Tel: +1 876 564 1708
Email: antonia.graham@digicelgroup.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事