logo

ウルグアイのPluna航空、Bombardier CRJ900 NextGenジェット旅客機3機を発注

Toronto, Ontario, Apr 16, 2010 - (JCN Newswire) - Bombardier Aerospace社は本日、Pluna Lineas Aereas Uruguayas S.A.が、3機のNextGen CRJ900リージョナルジェットを追加正式発注を行い、追加6機のCRJ900 NextGen航空機のオプションを選んだことを発表しました。

Toronto, Ontario, Apr 16, 2010 - (JCN Newswire) - Bombardier Aerospace社は本日、Pluna Lineas Aereas Uruguayas S.A.が、3機のNextGen CRJ900リージョナルジェットを追加正式発注を行い、追加6機のCRJ900 NextGen航空機のオプションを選んだことを発表しました。ウルグアイのモンテビデオに本拠を置くPluna航空の機材には、2007年7月9日に発表された当初発注分のCRJ900 NextGenジェット旅客機7機も含まれ、すでに納機済みです。

CRJ900 NextGen航空機の定価をベースに試算すると、本日の正式発注の金額は約1.20億米ドルになります。全6機のオプションが実行された場合、契約金額は約3.70億米ドルに増加します。

Pluna航空は1936年に設立されたウルグアイのフラッグ・キャリアで、アルゼンチン・チリ・ブラジル・パラグアイの各都市に運航しています。

「Bombardier社のCRJ900 NextGen旅客機により、当社は、旅客サービスをアップグレードし、新市場を開発することができます。」と、Pluna航空最高経営責任者のMatias Campianiは述べました。「この航空機により、経済的な運航コスト、快適な乗り心地、実績ある高い信頼性を提供しつつ、便数をさらに増やすことができます。新たに3機を増やすことで、路線網の拡大を続けることが可能になります。」

「今回の追加発注は、Pluna航空が弊社のCRJ900 NextGen航空機をご信頼くださっている証であり、南米におけるBombardier社のプレゼンスを拡大するものです。」と、と、Bombardier Commercial Aircraft社社長Gary R. Scottは述べました。「世界クラスのCRJリージョナル・ジェットにより、弊社は、南米地域におけるPluna航空のニーズに対応し、凌駕し続けてまいります。」

2010年1月31日現在、Bombardier社が受けているCRJ900およびCRJ900 NextGen航空機の正式発注数は248機で、そのうち230機が納機されています。CRJ Series機の合計受注数は1,695機で、そのうち1,587が納機されています。

Bombardier社について

同社は革新的な輸送ソリューション分野で世界をリードするメーカーであり、そのソリューションはリージョナル航空機やビジネスジェットから、鉄道輸送設備やシステムおよびサービスにわたっています。Bombardier社はカナダに本社を置くグローバル企業です。2010年1月31日締めの会計年度総収益は194億米ドルで、その株式はトロント証券取引所で取引されています(BBD)。Bombardier社は、Dow Jones Sustainability WorldおよびNorth Americaインデックスの、インデックス構成銘柄として上場しています。ニュースおよび情報は www.bombardier.com にあります。

編集者向け注記
Pluna航空のCRJ900 NextGen航空機の画像は、次のサイトのプレスリリースセクションにあります: www.aero.bombardier.com
Bombardier、CRJ、CRJ900、NextGenは、Bombardier社とその子会社の登録商標です。

お問い合わせ先:
Bombardier Aerospace社
John Arnone
Tel: +1-416-375-3030

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。