logo

検索サービスNAVER、「映画ファインダー」「人物ファインダー」をリニューアル

検索サービスNAVER、「映画ファインダー」「人物ファインダー」をリニューアル
人物データベース10万件、映画データベース3万件が統合検索に連動



インターネット検索サービス「NAVER(ネイバー)」( リンク )を運営するネイバージャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:森川亮、以下ネイバージャパン)は、本日、検索支援ツール「スマートファインダー」において、「人物ファインダー」( リンクファインダー )と「映画ファインダー」( リンクファインダー )のリニューアルを行いましたので、お知らせいたします。

「スマートファインダー」は、映画、人物、ゲーム、自動車など特定のテーマについて、気になる条件(例:人物の場合は職業・出身・性別・生まれ等)を選択するだけで、検索キーワードが思い浮かばなくても検索結果を得ることができる検索支援ツールです。「映画ファインダー」は約3万件、「人物ファインダー」は約10万件のデータベースを持ち、検索条件に応じて最適な情報を提供します。

従来の検索サービスは一般的に、「映画」「タレント」「ゲーム」「車」などの一般名詞が検索される頻度が高い一方、それ以上の検索結果を得るためには、ユーザーが追加で「映画 上映中」「タレント 女性」などキーワードを入力しなくてはならず、必ずしも利便性が高いとは言えないのが実情でした。

このような状況のなか、NAVERでは、これまで独立したサービスとして存在していた「スマートファインダー」を、NAVERの基本検索機能である「統合検索」と連携させることにより、普段の検索行動の中で、検索結果の絞り込みを簡単に行うことができるようになりました。

具体的には、「映画」もしくは「人物・有名人」に関する一般的な検索キーワード(例:「映画」、「芸人」等)を「統合検索」上で入力すると、1.NAVERが保有するデータベースより検索結果の一覧が表示、さらに2.右カラムにスマートファインダーが起動することにより、その場で検索結果の絞込み(※)を行うことができます。

※絞込み条件
【映画】 上映状況、ジャンル、製作国、製作年
【人物】 職業、性別、生まれ(年代)、星座、血液型

この結果、検索キーワードが思いつかない・目的が曖昧なときでも、最適な検索結果を得やすくなります。

なお、本リニューアルは、3月30日に公開いたしました、NAVER統合検索リニューアルおよびトピック検索開始に伴うもので、NAVERサービス全体として“社会やインターネット上で今、話題になっている情報(=ユーザーが今、探し求めている情報)”の提供を強化する一環として行うものになります。

NAVERは、今後もユーザーの声に応えながら、より高い品質のサービスを提供していくことで、ユーザーの検索行動を、より便利で楽しいものにしていきます。

     ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・   ・

■NAVERについて
NAVERはネイバージャパン株式会社が運営する検索サービスです。「探しあう検索」をコンセプトに2009年7月 1日よりオープンβサービスを開始。ユーザー参加型検索「NAVERまとめ」、マイクロブログサービス「pick」など多彩なサービスを展開しています。詳細は リンク をご覧ください。

※本報道資料はネイバージャパン企業サイト( リンク )でも確認できます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。