logo

OKI、LED(発光ダイオード)新生産拠点の稼動を開始

Tokyo, Apr 14, 2010 - (JCN Newswire) - OKIグループのプリンタ事業会社OKIデータとLED事業会社OKIデジタルイメージングは、このたびノンインパクトプリンタ印字ヘッド用LEDの生産およびLED応用分野の事業強化を目的に、従来の約4倍の生産能力を持つLED生産拠点を群馬県高崎市に設け、2010年4月より稼動を開始しました。

Tokyo, Apr 14, 2010 - (JCN Newswire) - OKIグループのプリンタ事業会社OKIデータ(社長:杉本晴重、本社:東京都港区)とLED事業会社OKIデジタルイメージング(社長:菊地曠、本社:群馬県高崎市、以下ODI)は、このたびノンインパクトプリンタ(注1)印字ヘッド用LED(発光ダイオード)の生産およびLED応用分野の事業強化を目的に、従来の約4倍の生産能力を持つLED生産拠点を群馬県高崎市に設け、2010年4月より稼動を開始しました。ノンインパクトプリンタ事業の強化を図るとともに、LED技術を応用した新事業領域の開拓に向けて積極的に取組んでいきます。


現在、OKIデータのプリンタ事業は、LED印字ヘッドによる小型・高速・高精細などの優位性を活かしたノンインパクトプリンタを中心に、グローバルに事業展開しています。ここで使われるLED印字ヘッドには、ODIの研究開発から生まれ、世界で初めて実用レベルでの量産化に成功した「エピフィルム・ボンディング(以下 EFB)技術」が使われています。このEFB技術は、薄膜化した異種材料を素材間の分子間力結合により接合するもので、今後、ノンインパクトプリンタの印字ヘッドの他、様々なビジネス分野への応用が期待されます。


新生産拠点は、従来の工場に比べてクリーン度が高く、面積も約2倍のクリーンルームを確保しており、LED印字ヘッドの生産能力を現在の4倍に引上げる予定です。本生産規模の拡大により、ノンインパクトプリンタの販売台数を2012年度までに約2倍に拡大する計画です。また今後も継続的に開発投資ができるスペースを確保したことにより、EFB技術の幅広いビジネス領域への応用に本格的に取組んでいきます。具体的には、超小型LEDディスプレイなど、今後、成長が期待できるビジネス領域の開拓に向けて開発を加速させます。


■用語解説
注1:ノンインパクトプリンタ
インクリボンを印字ピンで打撃して用紙に印字する(インパクトプリンタ)方式以外の方法で 印刷を行うプリンタの総称。


【新生産拠点の概要】
住所: 群馬県高崎市西横手町1-1
規模: 建屋9,043m2(内クリーンルーム面積2,760m2)、土地3,521m2


概要: 沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク


お問合せ先:

本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI広報部 田中
電話:03-5403-1247

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。