logo

NHKのHDフッテージをソート・エクイティ・モーションがライセンス販売開始―日本の公共放送局と世界最大の映像ライブラリーが販売提携

Denver, CO, Apr 14, 2010 - (JCN Newswire) - 日本放送協会(NHK)の関連団体としてNHK映像素材の海外販売を行う財団法人NHKインターナショナルと、映像コンテンツのデジタル化、デリバリー、及び資産化ビジネスで世界をリードするソート・エクイティ・モーションは、本日、 www.thoughtequity.com ならびにソート・エクイティ・モーションの国際セールスネットワークを通じ広く海外へ向けて、NHKの番組・ニュース映像コンテンツのライセンスを開始すると発表しました。

Denver, CO, Apr 14, 2010 - (JCN Newswire) - 日本放送協会(NHK)の関連団体としてNHK映像素材の海外販売を行う財団法人NHKインターナショナルと、映像コンテンツのデジタル化、デリバリー、及び資産化ビジネスで世界をリードするソート・エクイティ・モーションは、本日、 www.thoughtequity.com ならびにソート・エクイティ・モーションの国際セールスネットワークを通じ広く海外へ向けて、NHKの番組・ニュース映像コンテンツのライセンスを開始すると発表しました。


「ハイビジョンならびにスーパーハイビジョンの生みの親であり、世界的リーダーであるNHKとの提携は大変名誉なことです。」と、ソート・エクイティ・モーションCEO兼ファウンダーのケビン・シャフは述べます。「世界31カ国に75名の特派員を持つ、アジアを代表する放送局であるNHK、その類まれな幅広いジャンルの映像がHD品質でアーカイブされているというのは驚きです。NHKは1964年にハイビジョン技術の開発をスタートし、世界で初めてHD番組制作を行った放送局です。1982年以降今日まで、撮り直すことのできない貴重なフッテージをはじめとする各種HD素材を持つNHKライブラリーは、今日のデジタルコンテンツプロデューサーにとって、大変高い価値のある資産と言えます。」


今回ソート・エクイティ・モーションを通じて販売が開始されるNHKコレクションは、NHKが制作するニュース、スポーツ、文化、自然環境、テクノロジー、世界遺産、その他世界中の幅広いトピックを扱った番組からのプレミア映像が含まれています。さらにHTB(北海道テレビ放送)制作のHTBコレクションの販売も開始します。


日本放送協会の溝口明秀理事は「ソート・エクイティ・モーションの最先端技術及びライセンスビジネスでのノウハウを採用することにより、当社のハイビジョン映像ライブラリーがより多くのお客様に向かって開かれ、新たな展開が生まれることに大きな期待を寄せています。世界中の映像制作関係者はソート・エクイティ・モーションの先進的なツールを利用して、NHKのHDフッテージを様々な言語で素早く検索し、プレビューやマスターファイルをオンラインで、しかも多様なフォーマットでダウンロードすることができます。」と語っています。


2003年のスタート以来世界の映像ライセンス市場の成長を牽引し続けるソート・エクイティ・モーションは、2007年に東京での営業を開始しました。


「ソート・エクイティ・モーションはアジア市場において年率100%以上の成長を遂げています。」と、ソート・エクイティ・モーション アジア太平洋地域担当ジェネラル・マネージャーの今村マイカは述べます。「本市場におけるフッテージ・ライセンス・ビジネス・リーダーである当社ライブラリーにこの度NHKのコンテンツが加わることで、アジア太平洋地域における当社のプレゼンスが一層高まることと期待しています。アジアは世界で最も重要な成長市場であり、我々は今後ともこの地域におけるビジネスの拡大に努めて参ります。」


ソート・エクイティ・モーションについて

2003年に設立されたソート・エクイティ・モーションは、高品質映像コンテンツのデジタル化、デリバリー、及び資産化ビジネスにおいての世界的リーディング企業です。同社の他に類を見ないライブラリー映像は、映画、テレビ、インターネット、デジタルサイネージ、その他さまざまな最先端モバイルアプリケーションで日々活用されています。同社のメディアパートナーは、BBCモーションギャラリー、NBCニュース、パラマウント・ピクチャーズ、MGMスタジオ、HBOアーカイブス、ニューヨーク・タイムズ、ナショナル・ジオグラフィック、ソニー・ピクチャーズ、NCAA(R)など多岐に渡ります。また、同社のコンテンツ・サービス顧客もまた、世界をリードする広告代理店、エンターテイメント製作者、出版社など様々です。デンバー本社に加え、ワイオミング州ララミーにデータセンターを、またセロサンゼルス、ニューヨーク、シカゴ、東 京、シドニー、トロント、ロンドン、パリ、ムンバイにセールスオフィスを置いています。映像ライセンスに関するお問合せは、otoiawase@thoughtequity.comまたは03-5776-4871まで。


NHKインターナショナルについて

NHKインターナショナルは、NHKの持つHD(High Definition;高精細)ニュースクリップおよび豊富なアーカイブフッテージの海外向け販売を行う日本放送協会の関連団体です。
NHKアーカイブが持つ3,300,000に上るニュース素材には、1940年~1951年の貴重な歴史映像、日本ニュース(フィルム21万フィート分)から、日本国内は勿論、世界各国の最新のニュースが含まれています。ほかにテレビ番組55万本も保管されており、その多くがHDです。
NHKでは日々800本のHDニュース項目を取材しています。1990年代の後期より、HDニュース取材を開始しました。NHKインターナショナルでは、この連日更新されるNHKニュース・コレクションをHDで提供しています。
NHKインターナショナルは30年の業務経験から、お客様のご要望に素早く応じ、ご満足いただけるサービスをモットーとしています。


メディアのお問い合わせ先:
ソート・エクイティ・モーション
日本担当: 高橋 幸枝
stakahashi@thoughtequity.com

北米担当: Abby Lurie
alurie@thoughtequity.com


財団法人NHKインターナショナル
担当: 高木 涼子
archives@nhkint.or.jp


ソート・エクイティ・モーションとNHKコレクションに関しては、以下をご参照ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。