logo

実績No.1ネットワーク・セキュリティ・ツール「LanScope Cat」の最新製品、マイクロソフトの最新の統合開発環境「Microsoft Visual Studio(R) 2010」で開発!

 実績No.1ネットワーク・セキュリティ・ツール「LanScope Cat」が最新に!
 新製品「LanScope Cat7」全てMicrosoft(R) Silverlight(TM) 4で作成!
 マイクロソフトの最新の統合開発環境「Microsoft Visual Studio(R) 2010」で開発

 エムオーテックス株式会社(本社:大阪市、代表取締役:高木哲男、以下MOTEX)はこの度、ネットワークセキュリティ統合管理ツール「LanScope Cat」の次期バージョン「Cat7」の開発において、業界に先駆けてマイクロソフト社の最新統合開発環境「Microsoft Visual Studio(R) 2010」で開発することを決定しました。「Visual Studio 2010」の高度な開発フレームワークを最大限活用することで、より多くの機能強化と品質向上を実現し、お客様満足度の更なる向上を目指します。尚、この開発計画は本日マイクロソフト社が主催する「Visual Studio 2010 Ready Day」で発表します。


 「LanScope Cat」は1990年に発売開始した日本で最も長い歴史を持つネットワーク・セキュリティ・ツールです。市場では5年連続トップシェアの実績をもち、2010年4月時点で全国5,155社の企業様にご導入いただいています。多くのユーザ様から、現状把握から分析、問題発見までできる機能性、そして要望を年間100件以上機能化・実装するCS追及の姿勢に高い評価をいただいています。
 次期バージョン「LanScope Cat7」はさらにユーザ様にご満足いただけるよう、機能・インターフェース・操作性すべてが全く新しい製品として開発を進めており、世界中の優れたIT技術を積極的に取り入れています。「Microsoft Silverlight(TM) 3」は「Cat6」長期レポート機能開発においてすでに開発実績がありますが、「Cat7」ではマイクロソフト社の協力の下、全画面に「Silverlight 4」で作成することとなりました。更にこの度、資産管理ツールベンダー業界に先駆けて最新統合開発環境「Visual Studio 2010」の導入が決定しました。
 「Visual Studio 2010」のアプリケーションライフサイクルマネジメントを取り入れることで、新機能開発・要望対応のスピード150%アップ、併せて品質の向上を見込んでいます。加えて万一のトラブル発生時も迅速に原因を特定し、開発時だけでなく偶発的な問題を即時対応できるようになり、製品・サポートサービス両面からユーザ様満足度の更なる向上を実現します。


■MOTEXの市場戦略動向
 2010年1月にリリースした「Cat6」最新バージョンではIT資産管理機能を始め、ネットワーク管理者様の要望に応えた計23機能を大幅に強化しました。特に業界初「完全イメージ方式」によるファイル配布機能では、インストール操作を録画、再生するようにファイルの簡単配布・インストールが可能です。またUSBメモリをシリアル単位で管理し、使用を制限・禁止しできるUSBシリアル管理機能を搭載しました。
 2010年4月7日には、IT部門の人材不足問題を解決するため、インテル(R) vPro(TM) テクノロジー最新リモコン機能への対応計画を表明。Cat6にハードウェア・リモート管理を標準搭載することでヘルプデスク業務の大幅な効率化を実現します。
 今後も常に市場をリードする企業として、ユーザ様サポート体制のさらなる充実を図るとともにパートナー企業との連携を強化し、実際の運用に適したITトータル管理ソリューションを開発・提供し続けることで、世の中のネットワークセキュリティに貢献していきます。


■「LanScope Cat6」機能一覧
◆標準パッケージ
 資産管理、操作プロセス管理、アプリケーション稼働管理、プリント・ログ、ファイル配布、Webコンソール
◆オプションパッケージ
 サーバ監視、アプリケーションID監査、リモートコントロール、不正PC検知、Webアクセス監視、デバイス制御


■主要販売代理店(順不同)
NECフィールディング株式会社/NTTデータ・セキュリティ株式会社/株式会社大塚商会/ソフトバンクBB株式会社/ダイワボウ情報システム株式会社/東芝情報機器株式会社/株式会社富士通ビジネスシステム/株式会社ネットワールド/株式会社ラック/株式会社リコー/株式会社アイ・アイ・エム

Visual Studio、Silverlightは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。


<本件に関する問い合わせ>
エムオーテックス株式会社 営業推進部 Web・IT推進課
住所 :〒532-0011 大阪市淀川区西中島5-12-12 エムオーテックス新大阪ビル
TEL:06-6308-8982 / FAX:06-6308-8977
E-mail :press@motex.co.jp / MOTEXサイト:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事