logo

儲かる医院の特徴は、「患者満足度志向」「熱心に広告、または一切広告なし」「市場変化にポジティブ」…院長200人調査で浮き彫り

日本最大級の病院検索サイト、医薬品検索サイト、医療情報サイトを運営する総合医療メディア会社の株式会社QLife(キューライフ/本社:東京都世田谷区、代表取締役:山内善行)は、医療機関の院長200人にアンケートを行い、収益性と経営方針との関係を探った。その結果、儲かっている医院には「患者満足度志向」「熱心に広告、または一切広告なし」「市場変化にポジティブ」が多いことがわかった。



●患者満足度志向が「強い」医院は7割が儲かるが、「弱い」医院は9割が収益不調。
患者のわがままやモンスターぶりにスタッフは疲弊し、「患者満足度赤字」もあり得ると言われるが、結果は満足度志向に軍配。

●「広告を一切しない」「患者を集めようと意識しない」医院が、4割にのぼる。
物販・飲食業の常識とは違う特徴が浮き彫りに。

●「熱心に広告する」医院の7割が、収益「好調」。しかし「広告を一切しない」医院の方が、「少し広告する」医院よりも、儲かっている。
中途半端な広告取り組みなら、一切やらない方がマシ、という結果。

●「昨今の患者の意識変化」をポジティブに捉える院長は、8割が儲かっている。
逆に「どちらでもない」「悪いこと」と積極的でない院長は、6割が「不調」に苦しんでいる。市場の変化をポジティブ発想で捉える方が、経営も上手くいく。

●「昨今の患者の意識変化」として、ポジ視点の院長は「質問増」「情報収集」「医師選び」を挙げる。逆に、ネガ視点の院長は「受診控え」「コスト意識」「身勝手」「権利・自己主張」「サービス要求増」を挙げる。院長が「最近の患者」を何と評するかで、医院の経営状態が、ある程度推測できそうだ。

詳細は・・・
▼以下の詳細レポートをダウンロードしてください。
リンク
▼医療者の方は、関連アドバイスもある以下の記事をご覧ください。
リンク (医療者専用サイト=「院長.JP」内)

────────────────────────────────────────
<株式会社QLifeの会社概要>
会社名 :株式会社QLife(キューライフ)
所在地 :〒154-0004 東京都世田谷区太子堂2-7-2 リングリングビルA棟6F
代表者 :代表取締役 山内善行
設立日 :2006年(平成18年)11月17日
事業内容:健康・医療分野の広告メディア事業ならびにマーケティング事業
企業理念:生活者と医療機関の距離を縮める
サイト理念:感動をシェアしよう!
URL : リンク
────────────────────────────────────────
本件に関するお問い合わせ先:
株式会社QLife  広報担当
TEL : 03-5433-3161 / E-mail : info@qlife.co.jp
────────────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事