logo

南雲治嘉氏による公開セミナー「人の心を動かす配色術」、好評につき【オンライン参加者】追加募集

-------------------------------------------------------------------
            デジタルハリウッド

 「+DESIGNING」で連載コラム『色の力』を執筆、南雲治嘉氏が語る!
       人の心を動かす配色術」公開セミナー開催!

         日時:2010年4月14日(水)19:00~
      <好評につき【オンライン参加者】追加募集>
-------------------------------------------------------------------






 IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール[デジタルハリウッド](運営会社:デジタ
ルハリウッド株式会社、本校/本社:東京都千代田区、代表取締役社長:古賀鉄也、学校長:杉
山知之)では、デジタルハリウッドの教員でもあり、NPO日本カラーイメージ協会理事長を務め
られている南雲治嘉氏による公開セミナー「人の心を動かす配色術」を、2010年4月14 日(水)、
デジタルハリウッド東京本校にて開催します。
 セミナー告知開始後、すぐに定員に達した為受付は終了しましたが、より多くの方々に参加い
ただきたく、今回特別に【デジハリ・オンラインスクール】のシステムを活用し、会場での様子
をリアルタイムでオンライン配信することとなりました。
 パソコンとインターネットに接続できる環境があれば、国内はもとより世界中どこからでもリ
アルタイムで参加いただけます。
 遠方で会場参加が難しい方も、満席で予約できなかった方も、この機会をお見逃しなく!
このセミナーは、南雲治嘉氏がデザイン専門誌「+DESIGNING」で連載中のコラム『色の力』と
連動した内容になっており、当日は、色のもつ“本質的な力”や、具体的な配色術、そして「配
色よってどのように人の心を動かすか」の基本を解説します。
 例えば、「赤はアドレナリンの分泌を促し、人を情熱的にさせる」「緑は人のストレスを解消
させるホルモンの分泌を促す」といったように、それぞれの色は本質的な“力”を持っており、
すべてに科学的根拠があります。こうした色の力を戦略的に活用することで、人の心理に働きか
ける効果的な配色を行うことができ、誰にでも高度な配色が可能になります。
 今回のセミナー内容は、制作現場で活用できる実践的な知識だけでなく、「好きな人に気持ち
を伝える時」「人に決断をさせたい時」など、日常生活や人との交際といったあらゆるシーンで
使えるエッセンスが満載です。今すぐ仕事に活かしたい現役デザイナーの方はもちろん、これか
らデザインや配色を勉強したい方、色彩に興味のある方など、どなたも楽しんでいただけるセミ
ナーとなっております。
 今回追加募集します【オンライン参加者】は定員が50名となっておりますので、ご興味ある方
は是非お早めにお申し込みいただくことをオススメいたします。


【セミナー 概要】 
リンク

日時:2010年4月14日(水)19:00~20:30
場所:デジタルハリウッド東京本校1Fセミナールーム
   「JR/御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口」・「丸ノ内線/御茶ノ水駅」・
   「千代田線/新御茶ノ水駅」から徒歩2分。
費用:無料・要予約
定員:100名 
   ※会場参加は定員に達した為、受付は終了いたしました。

【オンライン参加 概要】
費用:無料・要予約
定員:50名
参加方法:下記URLよりお申し込みいただき、ご自宅のPCよりご参加ください。
     リンク
     ※デジタルハリウッド在校生・卒業生の方は、オンライン受講は対象外とさせていただきます


【講師紹介】
・南雲治嘉(なぐも・はるよし) 氏
デジタルハリウッド大学 教授
デジタルハリウッド大学大学院 教授(先端色彩研究室室長)
デジタルハリウッド(専門スクール) 講師
NPO 日本カラーイメージ協会理事長
グラフィックデザイナー・アートディレクター

1944 年東京都生まれ。金沢美術工芸大学産業美術学科卒業。
1968 年よりフリーグラフィックデザイナー。色彩の研究に着手。
1990 年株式会社ハルメージを設立。
1999 年デジタルハリウッド講師。
2005 年デジタルハリウッド大学教授に就任。デジタルハリウッド大学先端色彩研究室室長。
東京都専門学校映像フェスティバル委員長。公共の色彩を考える会審査委員。
大学での担当は、デザイン概論、発想論、色彩論、グラフィックゼミなど。
デザイナーとして仕事をするかたわら、ベーシックデザインと色彩に関する研究を進める。
常用デザインと色彩生理学を提唱している。
著書は多岐にわたるが、『視覚表現』『常用デザイン』『チラシデザイン』『色彩戦略』
『カラーイメージチャート』『色彩デザイン』『和風カラーチャート』
(以上グラフィック社)
『100の悩みに100 のデザイン』(光文社) 。
2008年6月に発行した『色の新しい捉え方』(光文社)は、色彩の新しい時代の到来を解説
する書として注目を集めている。
また、2008 年8月に「日本カラーイメージ協会」を設立、「デジタル色彩検定」を立ち上げ
同年11月に第1回検定を実施するなど、色彩に関して精力的に研究・活動。日本各地での色彩
関連の講演、デジタルハリウッド主催の各種セミナー、企業研修会などを行っている。


【デジハリ・オンラインスクール 紹介】リンク
「デジハリ・オンラインスクール」は、母体である専門スクール「デジタルハリウッド」で
培ってきた実績あるカリキュラム、さらにはデジタルハリウッドの創設以来の理念である「産
学協同」のコンセプトに基づく企業とのコネクションを積極的に活かしたカリキュラムを学習
することが可能なeラーニングスクール。IT・デジタルコンテンツ産業で仕事をするために必要
なスキルを習得するカリキュラムを、スクールに通うことなく自宅のパソコンとインターネッ
トで受講が可能。双方向でのやり取りが可能なインターネットによるリアルタイム授業提供の
仕組みを最大限に活かし、ITスキルやデジタルコンテンツ制作スキルを身に付けたいと思って
いても、近くにスクールがなく、学ぶことができなかった全国の方々に新しい学びの場を提供
している。




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。