logo

不動産投資の楽待「取引事例を分析し購入戦略を立てる(戦略編その2)」をリリース。大人気コラム 「事例から学ぶ!不景気な時代の収益不動産の購入戦略と戦術」第5回

株式会社ファーストロジック 2010年04月07日 17時11分
From PR TIMES

不動産ポータルサイト運営の株式会社ファーストロジック(本社:浜松町、社長:坂口 直大)は、
株式会社日本資産総研コンサルタントの大野 晃弘氏の「事例から学ぶ!不景気な時代の収益不動産の購入戦略と戦術」
シリーズの第5回「取引事例を分析し購入戦略を立てる(戦略編その2)」を公開いたしました事をご報告いたします




不動産投資をする前に、どのような戦略をもって実行していけばよいのか、またどのような問題を抱えているかを
軸に大野氏が紹介いたします。

■本文から引用
 「戦略」をたてる際には、前回の【戦略その1】でお話しした「結論から考える」の他に、「しない事を決める」
 ことも重要です。

 不動産投資に重要な「ヒト・カネ・時間・情報」と言った“経営資源”は、限られています。
 特にサラリーマン投資家の方は、日中は勤務先の仕事がありますので「時間」がありません。
 投資効果を最大限に上げるためには、それらの“経営資源”を集中することが大事です。
 「する事」と「しない事」を明確にして、効率化を図ってください。

 例えば、インターネットには非常に多くの物件情報が掲載されていますが、
 「自分の検討範囲外の物件情報は見ない!」という強い意志を持つことも必要です。
 その点から考えると、投資家様の購入希望条件を設定することで、逆に不動産会社が提案してくる
 「楽待」は時代に即した画期的なシステムと言えます。


続きはこちら↓↓

■大野 晃弘 事例から学ぶ!不景気な時代の収益不動産の購入戦略と戦術
リンク
《不動産投資の楽待:リンク


■コラム:事例から学ぶ!不景気な時代の収益不動産の購入戦略と戦術
楽待に加盟している不動産会社、株式会社日本資産総研コンサルタント
(旧:株式会社船井財産コンサルタンツ京葉)の大野氏が、収益不動産売買・
不動産コンサルティングの第一線で培った知識と経験をもとに、現場の声を生でお届けするコラム。
混迷の不動産市況をズバリ読み解きます!

■楽待とは?
"楽"に"待"っていれば、物件情報が届く逆オークションサイトです。
会員はあらかじめ欲しい物件の条件(ニーズ)を登録します。
ニーズを見た不動産会社がニーズにあった物件を提案してくれるのを待つだけ、
数ある物件を自分で探す手間を省くことが出来る画期的なサイトです。

《楽待:リンク



---------------------------------------------------------------------------

<会社概要>

社名:株式会社ファーストロジック

代表取締役:坂口直大

所在地:〒105-0013 東京都港区浜松町2-6-2 藤和浜松町ビル8階

資本金:1億4,500万円(資本準備金 6,500万円を含む)

設立:平成17年8月23日

従業員数:30名(パート・アルバイトを含む)

事業内容:■収益物件の逆オークションサイト - 不動産投資の楽待(らくまち)

     ■新築・中古マンション リンク・一戸建て - 住宅の楽待(らくまち)

---------------------------------------------------------------------------

<本件に関する問合せ先>
株式会社ファーストロジック マーケティング部
TEL : 03-5404-4355  FAX : 03-5404-4356
URL : リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。