logo

高品質モバイル音声

ワイドバンド、高品質オーディオ接続

すでに9億人以上のVoIPユーザが、広帯域の音声処理によるスカイプなどのインターネット通話アプリケーションをクリアなオーディオ品質で利用しており、携帯電話事業者は、広帯域コーデックを利用するサービスをアップグレードせざるを得ない状況にある。フランステレコム/オレンジ(France Telecom/Orange)は、すでに欧州でAMR-WBコーデックを使用する音声サービスをスタートしており、今後、その他のオペレータも他の地域でこれに倣うだろうと予測されている。技術的な障壁で採用が遅れる地域もあるものの、モバイル高品質音声技術は主要な地域でまもなく急速に普及し、2015年にはモバイルユーザ数は4億以上となるだろう。
この調査レポートは、広帯域音声処理の市場促進要因とエンドユーザの需要を探り、モバイル高品質音声とVoIPソリューションの相互運用性などの技術上の障害や問題も分析している。インフラのアップグレード、コーデック、マイクロフォン、スピーカ、端末の信号処理、音声認識などの、様々な領域で求められる技術向上の詳細を取り上げている。モバイルVOIPアプリケーションや、ケーブル事業者や有線事業者のワイドバンド音声技術の採用のインパクト、特にモバイル高品質音声のARPUの影響と5年間の市場概観予測も記載している。


【調査レポート】
高品質モバイル音声:ワイドバンド、高品質オーディオ接続
Mobile HD Voice
Wideband, High-quality Audio Connections
リンク

◆米国市場調査会社 ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事