logo

携帯型機器向けに新しいG級ステレオ・ヘッドホン・アンプを発表(P2490D)

STマイクロエレクトロニクス 2010年04月06日 10時02分
From PR TIMES

低消費電力による長いバッテリ寿命で音楽再生時間を延長し、
アナログ・オーディオ性能を向上




モバイル機器用半導体ソリューションの主要サプライヤであるSTマイクロエレクト
ロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、前世代品と比較して大幅な効率化を実現した
ステレオ・ヘッドホン・アンプを発表しました。同製品を使用することで、ユーザ
は、バッテリの充電をより長時間行わずに高品質サウンドを楽しむことができます。

TS4621は、従来のアナログ・アンプが持つ高いオーディオ性能を実現し、多くの
オーディオ信号レベルに対してより低い電源電圧で動作することで消費電力を低減
します。2個の電源に接続されている場合、ピーク・レベルのオーディオ出力が
要求されるわずかな時間のみ、高電圧の電源電圧を使用します。同製品は、G級と
呼ばれるこの原理を利用した初の携帯型機器用ヘッドホン・アンプです。

TS4621は、-60dBから+4dBのデジタル・ボリューム制御が可能な業界標準I2Cインタ
フェースや、ポップ / クリック・ノイズを低減するON/OFFスイッチ回路等の機能
を備えており、システム設計を簡素化します。また同製品は、超小型チップ・
スケール・パッケージ(1.65 x 1.65mm)に実装されるため、ヘッドホン・
コネクタの近辺に配置することにより、オーディオ性能を最適化します。

携帯電話、マルチメディア・プレーヤ、MP3プレーヤ、ゲーム機器、GPS機器等を
対象としたSTのオーディオ用ICポートフォリオに加わったTS4621は、AB級オーディ
オ・アンプである従来のTS4601に比べて、静止電流が4分の1です。こうした消費電
力の低減は、バッテリ駆動機器等のエネルギー消費の影響を受けやすいアプリケー
ションにおいて重要です。またTS4621は、オーディオ性能に関する主要パラメータ
においても優れており、快適なリスニング体験をエンド・ユーザに提供します。

TS4621の主な特徴

・THD+N:0.006%(1kHz時)
・PSRR:100dB(217Hz時、GSM信号に対する高ノイズ耐性)
・SNR: 100dB(ゲイン0dB時)
・静止電流:0.6mA/チャネル
・アクティブ電流: 2.1mA/チャネル(オーディオ出力100μW時)

現在、TS4621はサンプル出荷中で、量産は2010年4月に開始する予定です。単価は、
1,000個以上購入時に0.95ドルです。

また、本プレスリリースは以下のURLでもご覧いただけます。
リンク

STマイクロエレクトロニクスについて
STマイクロエレクトロニクスは、多種多様な電子機器向けに革新的な半導体
ソリューションを提供する世界的な総合半導体メーカーです。STは、高度な技術力
と設計ノウハウ、そして幅広いIP(Intellectual Property)ポートフォリオ、
戦略的パートナーシップ、大規模な製造力を駆使することにより、マルチメディア・
コンバージェンスとパワー・アプリケーションにおいて他社の追随を許さない
リーダーとなることを目指しています。2009年の売上は85.1億ドルでした。
さらに詳しい情報はSTのホームページをご覧ください。
ST日本法人:リンク
STグループ(英語):リンク

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
APMグループ
TEL:03-5783-8250 FAX:03-5783-8216

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事